マーガレット・オブ・スコットランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット・オブ・スコットランド

マーガレット・オブ・スコットランドMargaret of Scotland, 1045年頃 - 1093年11月16日)は、スコットランドマルカム3世の2番目の王妃。イングランドサクソン人エドマンド2世の息子エドワード・アシリングの娘。エドガー・アシリングの姉。マーガレット・オブ・ウェセックス(Margaret of Wessex)とも。カトリック教会聖公会聖人とされる。

ノルマンディー公ギヨーム(ウィリアム1世)によるイングランド征服(ノルマン・コンクエスト)から母アガサや弟エドガーらと逃亡の途中で船が遭難し、スコットランド東海岸に打ち上げられた。彼らはスコットランドの宮廷に迎えられ、マーガレットは最初の王妃イーンガボーグを亡くしていたマルカム3世の新たな王妃となった。

サクソン好みのマルカム3世は、サクソン人王の血を引くマーガレットとともに、封建制度を押し進めた。また、宮廷の習慣をサクソン方式に改め、教会の行事や典礼をそれまでのケルト式からローマ式に改革した。マーガレットはその功績から、後に列聖された。

マルカム3世とマーガレットの間には、相次いでスコットランド王となったエドマンド(王位についていたか疑問視される)、エドガーアレグザンダー1世デイヴィッド1世、イングランド王ヘンリー1世の王妃となったイーディス(マティルダ)ら6男2女が生まれた。