エドワード・コーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・コーク

サー・エドワード・コーク(Sir Edward Coke, 1552年2月1日 - 1634年9月3日)は、イングランド法律家政治家。中世ゲルマン法に由来するコモン・ローの法思想を理論化し、近代の法思想として継承させることに成功し、「法の支配」という憲法原理を確立した。英国法の発展に大きく貢献した法律家の一人。植民地の起業家でもあった。姓はクックとも発音ならびに表記される[1]

生涯[編集]

国王・宗教裁判所・エクイティ裁判所海事裁判所に対してコモン・ローの優位を主張し、それらの権力をコモン・ローによって制限することを主張し続けたとされ、中でも、1606年国王の禁止令状事件が有名である。国王ジェームズ1世王権神授説をもって国王主権を主張したのに対して、コークが「王権も法の下にある。法の技法は法律家でないとわからないので、王の判断が法律家の判断に優先することはない。」と主張したところ、気分を害したジェイムス1世が「王である余が法の下にあるとの発言は反逆罪にあたる。」と詰問したのに対し、コークは、「国王といえども神と法の下にある」というヘンリー・ブラクトンの法諺を引用して諫めたとされる[2]

ただし、コークは、国王・王室を篤く崇敬する国王大権の支持者で、反国王・反王室のイデオロギーの持ち主ではない。この事件で、コークは、ノルマン征服以後裁判権に介入しようとした王は歴代の王の中に一人もいないと明確に誤った主張をして王を説得しようとしているが、それにもかかわらず政治的には大きな成果を上げたものと評価されている[3][4]

さらに、「権利の請願」を起草する際、貴族院庶民院の草案に「国王の主権者権力」(Sovereign power)という文字を入れるよう要求したが、コークらは、それを拒否した。コークの主導の下、国庫歳入を保留することにより、1628年庶民院はイングランド王チャールズ1世に、コークの『権利の請願』を奏上し承諾を得た。

影響[編集]

コークは、マグナ・カルタコモン・ローを明文化したものの1つと解釈し、コモン・ローの確認・再生であるとした。このようなマグナ・カルタの解釈を通じて、「法の支配」という憲法原理が確立された。こうして、中世のイギリス憲法は、過去の遺物として断絶されず、近代のイギリス憲法と連続することになった。その後、マグナ・カルタが近代において、大きな影響力を持つようになった。

また、マグナ・カルタを、貴族を保護するためだけではなく、全ての臣民を等しく保護するために用いられると解釈した。それは実質的に大憲章を、議会や王から全ての臣民を守る保証人だと定めたことになる。よく知られるとおり、彼はこう主張した。『大憲章は、その上に王を持たない存在である。』

1610年のコークによる医師ボナム事件の判決は、コモン・ローに反する法律(制定法)は無効であると判示したとされ、「アメリカ建国の父」であるアレクサンダー・ハミルトン違憲立法審査を考案する契機となったとされている。[5]

カルヴァン事件では、スコットランド王ジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世になった後のスコットランド臣民はスコットランドだけでなくイングランドにも土地を所有できる、とした。この事件は、北アメリカに入植したイングランドの入植者がイングランド人としての権利を有するという考えを支持する重大なものとなった。

コークの著書の写しは1620年メイフラワー号に乗って北アメリカに渡り、イギリス植民地のすべての法律家がコークの本、特に『判例集』『イギリス法提要』に学んだ。ジョン・アダムズパトリック・ヘンリーは、1770年代の母国への反逆行為を支持するかどうかを、コークの著作から議論した。

デルタ・カイ兄弟団はエドワード・コークを精神的創設者と考えている。

権利の請願が、権利の章典アメリカ合衆国憲法修正条項のさきがけとなった。


判決[編集]

略年譜[編集]


著作[編集]

  • Reports (1600-15, 1656-59); 『判例集』全13巻
  • Institutes of the Laws of England (1628-44); 『イギリス法提要』全4巻

リトルトン註釈とは、『イギリス法提要』の第1巻

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Merriam-Webster Online
  2. ^ 以上は上掲『英米判例百選(3版)』89頁
  3. ^ 以上は上掲『英米判例百選(3版)』89頁
  4. ^ 死後出版された“Prohibitions del Roi”は、上記のジェームズ1世とコークの議論を詳細に記したもので、法律は『人造の理性』に基づいており、決定は王ではなく法律家に任せるべきことを、しぶる王に納得させた(一時的にではあったが)ところが記されているが、この事件の存在自体を疑う向きもある(『英米判例百選(3版)』89頁)
  5. ^ もっとも、田中英夫は、以上のような見方は法律の文言に強い拘束力を認める近代的立法観を前提にしており、コークが前提としていた中世的立法観からすれば単に法律の解釈上の指針を述べたものすぎないとしている(『英米判例百選(3版)』90頁)

関連人物[編集]

外部リンク[編集]