赤シャツ隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガリバルディ

赤シャツ隊(あかシャツたい、Camicie rosse)は、ガリバルディとその配下の兵からなる私設部隊を指す言葉で、直訳すると「赤いシャツ達」である。

1843年、ガリバルディはアルゼンチンの独裁者ロサスが征服しようとしていたウルグアイ共和国を守るためにモンテヴィデオに500人のイタリア人を義勇軍として集め、その頃からガリバルディと配下の義勇兵達は、赤いシャツを自らの目印として選択していた。 ガリバルディは、自らの会社用の僅かな資産が利用でき、肉屋が良く着ていたシャツであった赤い毛織物を見つけ、それらを彼の軍隊に着せた。 その後、赤いシャツはイタリア王国の誕生において主役となった。

関連項目[編集]