シモン・ボリバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シモン・ボリバル
Simón Bolívar
Bolivar Arturo Michelena.jpg

Flag of the Gran Colombia.svg コロンビア共和国
初代大統領
任期 1819年12月17日1830年5月4日
副大統領 フランシスコ・デ・パウラ・サンタンデール

出生 1783年7月24日
Flag of Spain (1785-1873 and 1875-1931).svg ベネズエラ総督領スペイン語版 カラカス
死去 1830年12月17日(満47歳没)
コロンビアの旗 コロンビア サンタ・マルタ
政党 無所属
配偶者 マリア

シモン・ボリバルシモン・ホセ・アントニオ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ボリバル・イ・パラシオス[1]Simón José Antonio de la Santísima Trinidad Bolívar y Palacios1783年7月24日 - 1830年12月17日)は、南米大陸のアンデス5ヵ国をスペインから独立に導き、統一したコロンビア共和国を打ちたてようとした革命家軍人政治家思想家である。日本語ではシモン・ボリーバルと表記されることも多い。

ベネズエラカラカスにアメリカ大陸屈指の名家の男子として生まれたが、早いうちに妻を亡くしたことが直接、間接のきっかけとなってボリバルはその後の生涯をラテンアメリカの解放と統一に捧げた。このため、ラテンアメリカでは「解放者」 (El Libertador) とも呼ばれる。多くの武将を配下にして使いこなし、特にアントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍との親交は有名である。

経歴[編集]

幼少期[編集]

ボリバルは1783年、現在のベネズエラカラカスクリオーリョの名家に生まれた。ボリバル家は、16世紀にビスカヤからベネズエラに移住したバスク人の家系である。幼くして両親を亡くした[2]が、アメリカ大陸有数の資産家ボリバル家の男子としてさまざまな家庭教師を付けられた。このときの教師の1人シモン・ロドリゲスの考えがボリバルに大きな影響を与えている[3]。さらに教育を受けるため、16歳のとき1799年にスペインで任官していたおじを頼ってヨーロッパに渡った。修学のためヨーロッパを旅行している。南米の自然学者だったドイツ人のアレクサンダー・フォン・フンボルトに南米独立にかける思いを語って一笑に付されるなどの屈辱的な経験もあったが、遊学中にスペインでマリア (Maria Teresa Rodríguez del Toro y Alaysa) と知り合うと、1802年に現地で結婚し、妻を連れてベネスエラに帰国した。しかし翌1803年熱帯の気候に耐えられなかったマリアは黄熱病でその生涯を閉じ、以降ボリバルは深い喪失感を抱いて生涯再婚することはなかった。1804年に傷心のままヨーロッパに戻り、しばらくはナポレオンに仕えたが、このころの、南アメリカでのスペインからの独立の機運を機に、祖国ベネズエラの独立を志すようになったといわれている。

ベネズエラ独立運動[編集]

シモン・ボリバル肖像
シモン・ボリバルの肖像

1806年にベネズエラ出身の元スペイン軍軍人だったフランシスコ・デ・ミランダ将軍がベネズエラ解放のための戦争を始めると、ボリバルはこれに興味を抱き、1807年にベネズエラに帰国した。南アメリカは1400万人の人口を擁し、ヨーロッパ人と現地人の混血が進んでいた[4]。 その後1808年にナポレオンがスペインに侵入して兄のジョゼフ・ボナパルトをスペイン王ホセ1世として擁立した際、ボリバルは反王政派(愛国連盟)に加わった。1810年4月19日、カラカスは植民地の自治を実行するための議会を設置。ボリバルはイギリスに革命の支持を取り付けるために派遣された。イギリスでの活動目的は、スペイン植民地独立運動の説明と万が一の場合の武器などの支援を受けられるように働きかけることであった。資産以外に何の後ろ盾もなかったボリバルのイングランド説得は不成功に終わったが、ボリバルはイギリスの政治制度から多くを学び、後年世界で最も優れた政治体制は君主制を除いてイギリスのものだと語っている。

ボリバルは1811年にベネズエラに帰国、3月に開かれた制憲会議で演説を行った。1811年7月に、制憲会議がベネズエラの独立を宣言。ボリバルはベネズエラ国軍に入隊した。ボリバルはプエルト・カベロの要塞の守備をしていたが、将校の裏切りにより要塞がスペイン軍の手に渡ってしまった。さらに同年起こったカラカス大地震による被害は大きく、1812年7月、カラカスは再びスペイン軍に占領されてしまう。これを重く見た政権のリーダーであったミランダ将軍はスペインと休戦(事実上の降伏)したが、ボリバルは徹底抗戦を誓って裏切り者のミランダをスペイン軍に引き渡し、ヌエバ・グラナダ連合州英語版1810年 - 1816年)が支配していた現コロンビアのカリブ海沿岸の都市カルタヘナに向った。1812年12月のことであった。

カルタヘナ宣言[編集]

ヌエバ・グラナダのカルタヘナで、スペインへの徹底抗戦を誓うカルタヘナ宣言を発表。これに共感したヌエバ・グラナダの市民はボリバルをベネズエラ解放遠征軍司令官に任命。サンタフェ・デ・ボゴタを中心とするクンディナマルカ共和国スペイン語版英語版1810年 - 1815年)の指導者アントニオ・ナリーニョスペイン語版英語版の支援を得て1813年、彼はベネズエラ進攻を指揮して5月23日にメリダに入り、El Libertador(解放者)と呼ばれた。8月6日にカラカスを奪回し、ベネスエラ第ニ共和国英語版1813年 - 1814年)の成立を宣言した。

兵力劣勢な共和派が成功したのは、軽快な機動力と優れた戦術によるものであった。だが、カラカスに入りこむと、ボリバルの足は縛られた。強力な王党派軍はたいして減っておらず、白人クリオーリョへの反感を利用して地方のメスティーソインディオなどの民衆から兵を集め、カラカスを締め上げた。カラカス市民は共和派支持を鮮明にしており、その頃荒れ狂っていた王党派の虐殺から逃れてきた難民でカラカスの人口は膨れ上がった。そのような情勢で軽々しく市を放棄すると、味方の市民が殺される恐れがあった。1814年に共和派の軍は防衛戦で消耗したあげく、分かれて脱出した。ボリバルが市民を引きつれて東に脱出すると、スペイン軍は再びカラカスを占領した。さらにその頃ヌエバ・グラナダではボゴタが陥落し、クンディナマルカ共和国が崩壊していた。

ボリバルは カルタヘナへと戻ると、ヌエバ・グラナダ連合州の軍を率いてボゴタを攻略した。さらにサンタ・マルタのスペイン軍を包囲するが、根拠地だったカルタヘナで起きた王党派の蜂起に敗れたため、1815年にイギリス領ジャマイカへと亡命した。

ジャマイカ書簡[編集]

ジャマイカに逃れたボリバルは、南アメリカ諸国[5]をイギリスの立憲君主制のような政治システムで自由を勝ち取る構想を元に、ジャマイカ書簡と呼ばれる著作を執筆した。この書簡を使ってイギリスの援助を求めたが、イギリスはこれを黙殺した。

1815年にボリバルはハイチに渡り、ハイチ南部を支配していたアレクサンドル・ペティオン大統領に軍事的援助を求めた。 解放戦争終了後、黒人奴隷を解放することを条件にペション大統領はこれを認め、物心共に援助を与えた。

ボヤカの戦い[編集]

1816年にハイチの援助を得てボリバルはベネズエラに上陸し再びスペインとの戦闘を開始した。ここで奴隷制を廃止し、その解放した奴隷たちを自軍の兵士に組み込み一進一退の戦いを続けたが、ジャネーロ英語版Llanero)を説得し、アンゴストゥーラを攻略したところで劣勢になり、再びハイチに亡命した。1817年夏に再びベネズエラに上陸し、アンゴストゥーラ(現在のシウダ・ボリバル)を攻略すると、今度はアンゴストゥーラをベネスエラ第三共和国スペイン語版1817年 - 1819年)の臨時首都と宣言した。さらにジャネーロの頭目だったカウディージョアントニオ・パエス英語版の協力を取り付けることに成功し、イギリスは独立勢力を公然と援助することはなかったが、この頃イギリス・スペイン関係は冷却化していたためイギリス人やスコットランド人やアイルランド人の義勇兵が軍に加わってきた。

ベネズエラでの作戦中、1816年ボゴタが陥落し、ヌエバ・グラナダの独立勢力は完全に崩壊した。1819年、ボリバルは守りの堅いカラカスをやり過ごしてヌエバ・グラナダにとってかえす作戦を立案した。部隊を二手に分け、一隊を平野部(ジャノ)に進撃させ、ボリバル率いる本隊はアンデス山脈を越えてヌエバ・グラナダへ進撃するというものであった。ボリバル率いる本隊は、風雨と寒気にさらされて多数の死者を出したが、スペイン軍の裏を見事に衝いて、同年8月7日、ボヤカの戦い (Boyacá) で勝利し、8月10日ボゴタに再入城した。

大コロンビア[編集]

1819年12月、ボリバルはアンゴストゥーラ議会スペイン語版英語版でヌエバ・グラナダ共和国の大統領と軍指揮官になった。ボリバルは議会にヌエバ・グラナダとベネズエラを合併した新しい国家の創設を要請した。直ちに現在のベネズエラ・コロンビア・パナマエクアドルを合わせた地域がコロンビア共和国(後世呼ばれる大コロンビア)として宣言された。しかし、ベネズエラとキトグアヤキルは依然としてスペインの支配下であった。

1820年にボリバル軍とスペインの間で6ヵ月の休戦条約が結ばれるが、休戦期間終了後間もなく、ボリバルとスペイン軍の間で戦闘が起こる。 ベネズエラに侵攻したボリバルは1821年6月のカラボボの戦い (1821年)英語版で勝利し、故郷カラカスを奪還する。ボリバルは、大コロンビアの憲法起草のためのククタ議会スペイン語版英語版に招集され、初代コロンビア共和国の大統領として指名を受けた。そして国内が一応固まる様子をみせると、内政はそれまで副官を務めていたヌエバ・グラナダ人の副大統領フランシスコ・デ・パウラ・サンタンデール以下に任せて、ボリバルは王党派の牙城ペルー方面の解放に向かった。

1822年、ボリバルはエクアドル方面の攻略を本格化させる。ボリバルの率いる部隊が山間部からエクアドルに侵入し、ボリバルの部下であったベネズエラ人のアントニオ・ホセ・デ・スクレが太平洋側からエクアドルに進んだ。スクレの部隊は 1822年5月24日にピチンチャの戦い英語版で勝利を収め、翌日にはキトに入城を果たした。ボリバルもキトに合流し、ここにエクアドルの解放を果たした。また、ここでボリバルの「永遠の愛人」マヌエラ・サエンスと出会うことになった。

グアヤキルに並び立つ、二人の解放者とラテン・アメリカの解放と統一の記念碑

アルゼンチンホセ・デ・サン・マルティン将軍は、チリの独立指導者ベルナルド・オイヒンスや、スコットランドの元英王立海軍軍人トマス・コクランらの力を借りて、アルゼンチンのメンドーサからアンデス山脈越え英語版を持ってチリを解放し、そこから海路ペルーまで進み、初代ペルー護国官となって南から解放戦争を進めていた。しかし、スペイン軍とペルー副王のラセルナは抵抗を続けてサン・マルティンを翻弄し、ペルー第一共和国の崩壊が迫っていた。

グアヤキル会談[編集]

サン・マルティンは大コロンビア軍に支援を求めようとした。ボリバルはこの思わぬもう一人の解放者に出くわしたことを喜び、解放されたグアヤキルで1822年7月26日にグアヤキル会談スペイン語版英語版を行った。会談の内容は資料が残っておらず詳細は不明であるが、グアヤキル地方の帰属問題とペルーのスペインからの独立の仕方であったといわれている。ボリバルが共和制を望んだのとは対照的に、サン・マルティンはヨーロッパから王を導入して立憲君主制を導入することを望んでいたが、ナポレオンの戴冠によりフランス革命が大失敗したと考えていたボリバルにとって、これは到底受け入れることのできない条件だった。結局、ボリバル軍に加わりたいというサン・マルティンの申し出もボリバルが断ると、サン・マルティンはアルゼンチンに帰国してしまった。

ペルー解放[編集]

1823年9月に、ボリバル軍はリマに進出し、リマの東山地に陣地を築いていたスペイン軍と対峙した。ピチンチャの戦いで活躍したスクレを総司令官(実質的には参謀長)に据えて、攻略を開始した。ボリバルは病に倒れ戦線を離脱したが、スクレが1824年12月9日、アヤクーチョの戦い英語版で大勝し、ペルー副王のホセ・デ・ラ・セルナ英語版を降伏させた。

アルト・ペルー(高地ペルー)は依然としてスペイン軍に支配されていたが、スクレが1825年4月に解放し、ラテン・アメリカ大陸部での解放戦争はここに終結した。 こうして植民地時代には同一の行政区画だったペルー、アルゼンチンとの連合を望まなかったアルト・ペルー支配層と、ボリバルらの思惑が一致したためアルト・ペルー共和国が誕生した。 1825年8月6日、アルト・ペルー共和国議会は独立におけるボリバルとスクレの功績を讃え、独立に際して国名をボリビア、首都名をスクレ(旧チャルカス)と定めた。

ラテンアメリカ諸国連合[編集]

1826年パナマ議会スペイン語版英語版を開催。

内乱[編集]

1827年、大コロンビアのベネズエラとヌエバ・グラナダの間で内乱が起きると、鎮圧のためボリバルはリマを去った。ボリバルは、あくまで大コロンビア、ラテンアメリカ連合の維持を理想とした。1828年4月に大コロンビア国民会議を招集し、選挙を実施。憲法を停止して、独裁権を手中に収める。しかし、副大統領のサンタンデールによるボリバル暗殺計画や、自身の健康状態の悪化などにより事態は流動的になり始めた。

1829年、現在のエクアドルにあたる地域の領有を要求したペルー軍がグアヤキルに侵入した(グラン・コロンビア=ペルー戦争英語版)。これはスクレによって撃破されたが、もはやボリバルの権威の低下は誰の目にも明らかだった。さらにボリバル配下の将軍ホセ・マリア・コルドバが反乱を起こす。これもまた鎮圧されたが、1829年の秋には、ベネズエラでアントニオ・パエス英語版が大コロンビアから分離独立を宣言し、1830年に入るとまずベネズエラが正式に完全分離独立を宣言、続いてキトとグアヤキルがエクアドルとして独立した。

最期[編集]

1830年、ボリバルは自身の政治的な役割の終焉を悟り、全ての地位を放棄してヨーロッパへと向かうことを決意する。マグダレーナ川を下っている最中にボリバルの後継者と目され、ボリバルの危機を何度も救ったスクレ陸軍総監が、選出されたエクアドル大統領の任に就く際の移動中に暗殺されたことを聞き、深い喪失感に襲われた。カリブ海の港町サンタ・マルタまで来たところでボリバルは急に腸チフスが悪化し、ヨーロッパ行きを取りやめた。サンタ・マルタのスペイン人の邸宅で療養生活をしていたが、同年12月17日に死去した。ボリバルの死後、1831年ラファエル・ウルダネータ将軍の独裁が崩壊すると、残存部のヌエバ・グラナダ共和国がコロンビア共和国から独立し、ボリバルのラテンアメリカ統合の夢は完全に敗れた。

植民地時代にはアメリカ大陸でも有数の大富豪だったボリバル家も、シモンが革命の理念とハイチ人との約束のために自らの奴隷を解放し、農園や鉱山を売却し、私財のほぼ全てを投じて解放戦争を続けたために死の直前には財産はほとんど何も残っておらず、シモンの死によってボリバル家は完全に没落した。その一方でベネスエラのアントニオ・パエス英語版やエクアドルのフアン・ホセ・フローレス英語版、ペルーのホセ・デ・ラ・マールスペイン語版英語版のように、かつての部下だった将軍達の多くはボリバルを裏切り、解放戦争によって得た権力で私財を蓄え、各国の寡頭支配層を形成した。後世への戒めか、死の間際に「革命の種子を播こうとする者は、大海を耕す破目になる」という言葉を残している。

人物像[編集]

踊りが上手く、非常に情熱的で、理想主義者であったといわれている。また文筆の才能にも優れていた。特に若い頃にモンテスキュールソーの思想に触れ、ナポレオンの戴冠式に出席したことが、後年に大きな影響を与えたといわれる。生涯を共和主義者として過ごし、君主制の導入を断固として拒否したのはナポレオンに失望したからであったようである。

彼の名は、現在でも南アメリカ各地に大きな影響を与えている。すでに述べたが、ボリビアの国名の由来にもなり、ベネズエラにはボリバルの名の付いた都市(シウダ・ボリバル)がある。またカラカス最寄りのマイケティア国際空港はシモン・ボリバルの名を合わせ持つ。多くの街角には解放者ボリバルの銅像が立ち並び、ベネズエラの地図作成の役所は「ベネズエラ地理院シモン・ボリバル」を正式名称とする。カラカスのボリバル広場と、ボゴタのボリバル広場は、それぞれベネズエラとコロンビアの首都の中心広場(プラサ・マジョール)である。「アラブの春」で象徴的な働きをしたカイロのタハリール広場の隣にも「シモン・ボリバル広場」がある。その他各国の州、都市、街区、街路、大学など、ボリバルの名を冠するものは夥しい。ベネズエラの通貨単位はボリバルで、紙幣の肖像画も多くはボリバルのものとなっている。1999年にベネズエラの大統領に就任したウーゴ・チャベスは、ボリバル革命を唱えて国名に「ボリバル」を挿入し、ベネズエラの正式国名は「ベネズエラ・ボリバル共和国」となった。

なおラテンアメリカ文学を代表する作家、ガルシア・マルケスによる歴史小説で、ボリバル最期の日々を描いた『迷宮の将軍[6]がある。  

語録[編集]

  • 「エネルギーのない所に功績は光らない。強さのない所に徳はなく、勇気のない所に栄光はない。」
  • 「最大の背信は、忘恩である。」
  • 「私は人民に選ばれた指導者よりも、指導者を選んだ人民の方に千倍もの信頼を置いている。」
  • 「私は困難を恐れない。大いなる事業への情熱に燃えているからだ。」
  • 「団結せよ!されば我らは無敵となる!」
  • 「私は自由と栄光のために闘ってきた。しかし、個人的栄達のために闘ったことはなかった。」
  • 「私は自由と栄光を求めてきて、両方を手に入れた。だから、もうこれ以上の望みはない。」
  • 「自由と栄光のために働く者は、自由と栄光以外のいかなる報酬も手にすべきではない。」
  • 「政府を形成するのは原則ではなく人間である。」
  • 「私にとって、栄光とはいかによく奉仕するかということであり、命令することにあるのではない。」
  • 「私の剣と私の心は常にコロンビアのものであろう。そして私の最後の息は天にコロンビアの幸福を願うことになろう。」
  • 「危険に直面する勇気、これを克服する知恵、祖国に対する愛と専制政治に対する憎しみである。」
  • 「私にとって、栄光とは(中略)敵を打ち破ることであり、勝利の栄光をすべて私の同胞に与えることにある。」
  • 「すべての者は団結という計り知れない利益のために働くべきだ。」
  • 「アメリカ合衆国は自由の名においてアメリカ大陸を災難だらけにしようとしているように思える。」 - パナマ議会スペイン語版英語版の際に感じた合衆国への不信感により。
  • 「イスパノアメリカには独裁無政府状態しかないのではないだろうか。」 - 終わらない地域主義と内戦を思って。
  • 「歴史上最大の馬鹿者三人は、イエス・キリストドン・キホーテと私だ。」
  • 「一体どうやったらこの迷宮から抜け出せるんだ!」- 臨終に際して。
  • 「我々が幸福になることは永遠にないだろう。」 - 晩年、ラファエル・ウルダネータ将軍に向けて。
  • 「私の最後の願いは祖国の幸福にある。」 - 死の1週間前に残した遺言。
  • 「サンタンデルとの仲をとりなさなかったことが、我々を堕落させた。」 - 死の1ヵ月前に知人に宛てた手紙で、サンタンデル将軍との対立を後悔して。

脚注[編集]

  1. ^ ここに示したのは日本語表記の一例である。スペイン語の日本語表記も参照。
  2. ^ 父親は1786年3歳の時、母親は10歳の時に無くしている。
  3. ^ ルソーの思想を教えられた。
  4. ^ フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 117ページ
  5. ^ ベネズエラ、ヌエバ・グラナダを一つにしてコロンビア共和国を作る。(フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 118ページ)
  6. ^ 「迷宮の将軍」原著は1989年刊、短期間で英訳ほかが、世界各国で訳された。日本版は木村栄一訳で新潮社、1991年/新版2007年

参考文献[編集]

  • シモン・ボリーバル ラテンアメリカ解放者の人と思想 ホセ・ルイス・サルセド=バスタルド 水野一監訳. 春秋社, 1986.7.
  • 神代修『シモン・ボリーバル-ラテンアメリカ独立の父』行路社、2001年(日本人による唯一の伝記)

関連項目[編集]