迷宮の将軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

迷宮の将軍』(めいきゅうのしょうぐん、El general en su laberinto)は、ノーベル文学賞を受賞したラテンアメリカ文学を代表する作家ガブリエル・ガルシア=マルケスが、1989年に発表した歴史小説。短期間で世界各国語に訳された。

日本語版は木村栄一訳で新潮社から1991年に刊行された。新版が2007年に出された。

ラテンアメリカの解放者(リベルタドーレス)だったが、失意にあるシモン・ボリーバルの最後の日々を描いている。