コリエンテス州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリエンテス州
Provincia de Corrientes
州旗 州章
(旗) (紋章)
位置
行政府所在地 コリエンテス
面積 88,199km2
自治体数 25
人口 1,013,443人(2008年)
人口密度 11.37人/平方キロメートル(2008年)
ISO 3166-2:AR AR-W
時間帯 UTC-3
ウェブサイト http://www.corrientes.gov.ar

コリエンテス州Provincia de Corrientes)は、アルゼンチン共和国の州。アルゼンチンの東部メソポタミア地方に位置する。州都コリエンテス。西をサンタフェ州チャコ州、北をパラグアイ、北東をミシオネス州、東をブラジルウルグアイ、南をエントレ・リオス州と接している。

精神的にはブエノスアイレスよりもウルグアイモンテビデオに近く、数度に渡ってアルゼンチン(というよりもブエノスアイレス)から独立しようとしたことがある。また、パラグアイとのつながりも深く、戦争があればどちらに着くかわからないとも言われている。エントレ・リオス州サンタフェ州と併せてリトラル地方をなす。

公用語にはスペイン語のほか、グアラニー語も採用されている。

歴史[編集]

先住民としては主にグアラニー族が住んでいた。州都のコリエンテスはアスンシオンブエノスアイレスの中間地点として、1588年4月3日にフアン・トーレス・ベラ・イ・アラゴンによって建設された。イエズス会が州の北部にイエズス会伝道所を作り、彼らはそこからグアラニー族への布教を拡大した。

スペインからの独立戦争に際してコリエンテス州はホセ・アルティーガス英語版連邦同盟に加わった。連邦同盟に属していたエントレ・リオス州フランシスコ・ラミレス将軍は、統領のアルティガス将軍がポルトガルに敗北し、パラグアイに亡命した後も連邦同盟の将軍としてブエノスアイレスと戦い勝利したので、1820年から一年間、今のコリエンテス州とエントレ・リオス州ミシオネス州を合わせてエントレ・リオス共和国を樹立した。

1830年、コリエンテス州の軍隊がミシオネス州を征服するが、ミシオネス州は1838年にパラグアイの領土になる。

大戦争中の1842年ブエノスアイレス州知事フアン・マヌエル・デ・ロサスの独裁に対し、サンタフェ州と共に独立を宣言した。これにはパラグアイによる支援があったといわれている。両州を併合するためにウルグアイからフルクトゥオソ・リベラの雇ったジュゼッペ・ガリバルディが侵攻してくるが、これは打ち破られた。 1850年にエントレ・リオス州のウルキーサに占領され、三国同盟戦争ではパラグアイ軍の侵攻に遭った。

経済[編集]

タバコマテ茶柑橘類綿花などが栽培される。 他のリトラル地域のようにユーカリを使った林業が盛んである。

地理と気候[編集]

西をパラナ川、東をウルグアイ川に囲まれている。北部は亜熱帯に属し重い雨が降る。南部はパンパ気候である。多くの国立公園や、イエズス会伝道所跡が残る。

芸術・文化[編集]

フォルクローレチャマメの発祥地として有名である。コリエンテス州は、アルゼンチンでは唯一かなりの数の黒人が住んでおり、黒人文化の影響が見て取れる。ラスギド・ドブレはチャマメをよりリズミカルにしたものである。黒人はカンバ(グアラニー語で黒を表す)と呼ばれ、彼ら独自の地域を持っている。

黒人の影響はカルナバルに表れ、アルゼンチン全土でもコリエンテスのカルナバルの祝典は最もカラフルである。

関連項目[編集]

座標: 南緯28度 西経58度 / 南緯28度 西経58度 / -28; -58