ローマ問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローマ問題(ローマもんだい、:Questione romana, :Roman Question)は、1861年から1929年にかけてのイタリア王国ローマ教皇庁の間におきた政治的な問題。

概要[編集]

1861年、イタリア王国ローマ教皇ピウス9世に対して

ことを求めた。

教皇庁は、カトリック教会が特定の政治権力の影響を受けないことを理由にこれを拒絶。ピウス9世はイタリア政府に関わる者すべてを破門するという強硬な処置をとった。

これによりイタリア王国と教皇庁の関係は断絶し、教皇は自らを「バチカンの囚人」と称した。イタリア王国とローマ教皇庁との関係改善は、1929年のラテラノ条約締結とバチカン市国独立を待たねばならなかった。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「ローマ問題」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア