ジェフ・ポーカロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェフ・ポーカロ
Jeff Porcaro
Jeff Porcaro Toto Fahrenheit World Tour 1986.jpg
ジェフ・ポーカロ(1986年11月10日)
基本情報
出生名 Jeffrey Thomas Porcaro
別名 Jeff Porcaro
出生 1954年4月1日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州 ハートフォード
死没 1992年8月5日(満38歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル ロック
AOR
R&B
職業 ミュージシャン
セッション・ミュージシャン
ドラマー
担当楽器 ドラムス
パーカッション
活動期間 1970年代 – 1992年
共同作業者 TOTO
ビージーズ
ソニー・アンド・チェア
ポール・マッカートニー
スティーリー・ダン
ドナルド・フェイゲン
ボニー・レイット
ダイアー・ストレイツ
マーク・ノップラー
デヴィッド・ギルモア
ボズ・スキャッグス
マイケル・ジャクソン
ロジャー・ウォーターズ
ポール・アンカ
エリック・クラプトン
ジョー・ウォルシュ
アース・ウィンド・アンド・ファイアー
バートン・カミングス
ブルース・スプリングスティーン
ヴァン・ヘイレン
その他大勢

ジェフリー・トーマス・ポーカロ(Jeffrey Thomas Porcaro、1954年4月1日 - 1992年8月5日)はアメリカミュージシャンロックバンドTOTOの元ドラマーセッション・ミュージシャンとしても数多くのレコーディングに参加した。同じくTOTOのメンバーのマイク・ポーカロスティーヴ・ポーカロは実弟。

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において47位。

略歴[編集]

コネチカット州ハートフォード出身のイタリア系アメリカ人。父はジャズ・ドラマー、パーカッション奏者として著名なジョー・ポーカロ。7歳から父の教えでドラムを習い、10代の頃からセッション・ミュージシャンとして活動を始める。活動初期にスティーリー・ダンのツアーとレコーディングに参加したのをきっかけに注目を浴び、幅広い演奏スタイルでその実力を認められ、一躍売れっ子ドラマーとなった。数多くのミュージシャンとのセッション参加したため、日本人歌手の作品の幾つかでも、彼の仕事をジャンルを問わず聴くことが出来る。プロとしてのキャリアは20年余りにも拘らず参加作品は200作を超え、スティーヴ・ルカサー曰く「ずっとジェフとやってきたから僕はメトロノームを使って練習する必要がなかった」と言わしめるほどの腕であった。

1978年、共に売れっ子セッション・ミュージシャンとして活躍していたルカサー、デビッド・ペイチ、弟のスティーブらとTOTOを結成。商業的な大成功により、ポーカロはその名声を一層高めた。

TOTOの代表曲「ロザーナ」における「ハーフタイム・シャッフル」と呼ばれるリズムパターンは、ジェフを語る上で1つの代名詞とも呼べる。また、様々なドラマーを研究して自らのプレイに取り込む研究熱心さでも知られている。前述の「ロザーナ」のリズムパターンは「スティーリー・ダンのアルバムでプレイしたバーナード・パーディの『ホーム・アット・ラスト』『バビロン・シスターズ』、レッド・ツェッペリンの『フール・イン・ザ・レイン』でジョン・ボーナムが叩いていたリズムパターンをミックスし、バスドラムのパターンにボ・ディドリーのリズム(いわゆる「ボ・ディドリー・ビート」)を取り入れた」と、ジェフ自身が教則ビデオの中で解説している。

1983年よりパール社とエンドース契約していた。同社のラック・システムは、彼の発案により開発されたものである。

1992年8月5日、自宅の庭で殺虫剤を散布中にアレルギー心臓発作を起こし急死。38歳没。死因については諸説あり、コカイン中毒が原因の動脈硬化症という説もある。

セッション履歴[編集]

日本人アーティストとのセッション[編集]

他多数。

日本人アーティスト参加アルバム[編集]

1975年

  • 『2年目の扉』 (NSP

1978年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

外部リンク[編集]