ドン・デリーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドン・デリーロ
Don DeLillo
誕生 1936年11月20日(77歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークブロンクス区
職業 小説家劇作家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間  
ジャンル ポストモダン文学
代表作 『ホワイト・ノイズ』、『マオ2』ほか
主な受賞歴 全米図書賞(1985)
ペン/フォークナー賞(1992)
エルサレム賞(1999)
処女作 『アメリカーナ』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ドン・デリーロ(Don DeLillo, 1936年11月20日 - )は、アメリカニューヨークブロンクス生まれ、ニューヨーク在住の小説家劇作家

略歴[編集]

1971年、メディア業界の実相を描いた『アメリカーナ』を出版してデビュー。当初は斬新な作風を批評家に注目されつつも一般にはあまり知られていなかったが、1985年に『ホワイト・ノイズ』で全米図書賞を受賞して耳目を集めるようになる。1988年ジョン・F・ケネディ暗殺犯オズワルドを主人公にした『リブラ 時の秤』がベストセラーとなり、名実共に現代アメリカを代表する作家となった。『アンダーワールド』は、ある野球のボールを物語のキーとして使いつつ、核兵器ゴミメディアを軸として第二次大戦後の時代と社会の実相を描いた大作。日本での知名度は今ひとつだが現代米国を代表する小説家であり、近年はノーベル文学賞の常連候補として名前が挙がっている。

概要[編集]

デリーロの小説は、現代の社会と人々のありようを鋭い視点と鮮やかなイメージによって(しばしばスケールの大きな作品として)描き出そうとするところに特色がある。そこでは社会に流布され人々の態度や行動を左右する様々な事柄と、いかに社会が変容しバーチャルなものが拡がろうとも逃れようの無い物質的なものとが二重写しに捉えられる。つまり一方ではメディアや政治的陰謀、大衆文化、消費文化といったものとそれらによって社会的に流布されたイメージとが人々に対していかに支配的に振舞い、人々に深い影響を及ぼすかが語られ、他方でゴミや身体、有毒物質などといった、あるいは目を背けられあるいは自覚されずにある社会と人々の物質的・身体的側面が強調される。このような二つの側面が絡み合ったり背反したりしながら互いに関わりあい、現代の社会と人々のありようを規定している様子を、デリーロは巧みな構成によって浮き彫りにしてみせた。またそのような社会の実相において、核戦争や死、災害といったカタストロフ的なものが重要な要素となっていることにも目が向けられ、核戦争の恐怖が人々の生活や振る舞いを左右したりメディアが流す災害の映像に人々が見入ったりする一方で、そのような災厄や死に対して人間がその生と身体において逃れようのないものとして直面させられるという両面性が語られる。これらの事柄をはじめとした現代社会に対する鋭い洞察に支えられた物語を、デリーロは的確な筆致によって、鮮やかなリアリティと高度なイマジネーションとを兼ね備えた小説として作り上げた。

文芸批評家のハロルド・ブルームは現代を代表する米国人小説家としてデリーロとフィリップ・ロスコーマック・マッカーシートマス・ピンチョンの4人を挙げている[1]

作品[編集]

小説[編集]

短編集[編集]

  • 天使エスメラルダ The Angel Esmeralda: Nine Stories (2011) 上岡伸雄・柴田元幸・都甲幸治・高吉一郎訳、新潮社、2013

戯曲[編集]

  • The Engineer of Moonlight (1979)
  • 白い部屋 デイルーム The Day Room (1986)吉田美枝訳 白水社、1991
  • Valparaiso (1999)
  • Love-Lies-Bleeding (2005)
  • The Word for Snow (2007)

映画脚本[編集]

映画化された作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bloom, Harold (2003年9月24日). “Dumbing down American readers”. ボストン・グローブ. 2014年6月30日閲覧。

関連項目[編集]