フィル・ミケルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィル・ミケルソン
Phil Mickelson Golf pictogram.svg
PhilMickelsonTPC18thTee.jpg
基本情報
生年月日 1970年6月16日(43歳)
出身地 アメリカカリフォルニア州
サンディエゴ
身長 191cm
体重 91kg
利き手 右(左打ち)
経歴 アリゾナ州立大学卒業
プロ転向 1992年
成績
優勝回数 51回
初優勝 ノーザン・テレコム・オープン(1991年)
世界ランク最高位 2位
賞金ランク最高位 2位
テンプレートを表示

フィル・ミケルソンPhil Mickelson, 1970年6月16日 - )は、アメリカカリフォルニア州サンディエゴ出身のプロゴルファーである。

PGAツアー通算42勝(歴代9位)。

人物[編集]

2004年マスターズ・トーナメントメジャー大会初優勝を飾り、以来メジャー大会通算5勝を挙げている。左打ちの選手で、“The Big Lefty”(ビッグ・レフティー)と呼ばれている。世界ランキング自己最高位は2位。日常生活では右利きだが、本人の言葉によれば「幼い頃に父親のスイングを正面から見て覚えた」ため、ゴルフに限っては左打ちとなった。

ミケルソンは非常に早熟な才能を持ち、アリゾナ州立大学在学中から驚異的な成績を挙げていた。大学1年生だった1989年にNCAAゴルフ選手権で当時の史上最少スコアで優勝。1990年に全米アマチュアゴルフ選手権で優勝。1991年にはまだアマチュア選手のうちにPGAツアー大会のノーザン・テレコム・オープンで優勝している。大学卒業後の1992年にプロ転向。翌1993年のビュイック招待選手権でプロ初優勝を飾り、トッププロに躍進する。しかしメジャー大会の優勝争いではあと少しのところで涙を飲む事が多く、長らく“無冠の帝王”と呼ばれた。2003年はミケルソンのプロゴルファー生活でも最悪の年となり、大リーグ野球のデトロイト・タイガースの3Aで投手の入団テストを受けたことさえある。

しかし2004年マスターズ・トーナメントで、彼の努力はついに報われる。最終日の18番ホールでバーディーパットを沈め、9アンダーパー(-9)で初優勝を飾った。大会前年優勝者のマイク・ウェアカナダ)も左打ち選手であったため、マスターズのグリーン・ジャケット授与式では左打ち同士が顔を合わせた。続く全米オープンでも優勝争いに絡んだが、レティーフ・グーセンに惜敗。2005年のマスターズでは10位に終わったが、8月の全米プロゴルフ選手権で初日からトップをキープする完全優勝を果たし、メジャー大会2冠を獲得する。2006年のマスターズではフェード用、ドロー用の2本のドライバーを使い分け、最終日に抜け出し、メジャー大会2連勝を成し遂げた。

2007年度は、開催時期が5月第2週に変更されたプレーヤーズ選手権で初優勝を果たす。2008年度はツアー2勝、2009年度はツアー3勝を挙げた。2010年はマスターズで優勝を飾った。マスターズ通算3勝は2010年時点で歴代4位タイの記録となる。

ミケルソンのゴルフは華麗な技術で人気が高いが、大舞台の勝負所で短いパットを外す場面が目立っていた。

全英オープンを長らく不得意としていたが、2011年に自己最高の2位タイ入賞、2013年には20度目の全英挑戦で、左打ちのプレイヤーとしては50年ぶりに全英オープンを制覇して、三冠目のメジャータイトルを獲得した(メジャー5勝目、ツアー42勝目)。2013年の第142回大会は英国北東部のミュアフィールドで16回目の開催で、ミケルソンはゴルフバッグからドライバーを抜き、ロフト64度のウェッジを入れて、フェアウェイウッド1本(ロフト13度)、ハイブリッド1本(ロフト17度)、アイアン6本(4-9番アイアン)、ウェッジ5本(PW、ロフト52、56、60、64度)、パター1本のクラブセッティングで臨み、最終日7月21日は首位と5打差の9位タイスタートであったが、アウト2バーディ1ボギーの34、イン4バーディの32、計66でラウンドしてスコアを5つ伸ばし、72ホールを唯一人アンダーパーで廻り、通算281打の3アンダーパーで2位に3打差をつけての勝利であった。最終ラウンドの17番ロングホールでは、第1、2打をロフト13度のウッドで2回打って2オンして、2パットでバーディ。

現在、ゴルフクラブはキャロウェイゴルフを使用しているが、1992年から2000年まではヨネックスを使用していた。親日家としても有名で、1992年から1999年カシオワールドオープン1992年1996年2003年サントリーオープンゴルフで来日している。日本での自己最高位は、1993年カシオワールドオープンでの3位。1999年のカシオワールドオープンでは予選落ちとなったが、インタビューではメモを見ながらではあるものの、日本語で答えていた。

アマチュア優勝[編集]

ツアー優勝歴[編集]

PGAツアー[編集]

欧州ツアー[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]