ヴィトー・ログラッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィトー・ログラッソ
ヴィトー・ログラッソの画像
プロフィール
リングネーム ヴィトー
ビッグ・ヴィトー
スカル・フォン・クラッシュ
ニックネーム ザ・スカル
身長 188cm
体重 113kg - 125kg
誕生日 1969年6月18日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州
ニューヨークシティブルックリン
トレーナー ジョニー・ロッズ
デビュー 1990年
テンプレートを表示

ヴィトー・ログラッソVito LoGrasso1969年6月18日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーニューヨーク州ニューヨークシティブルックリン出身。

ヴィトーVito)またはビッグ・ヴィトーBig Vito)などのリングネームで知られ、WCWWWEで活動した。イタリア系アメリカ人であり、自身のギミックでもそれを強くアピールしている。

来歴[編集]

ジョニー・ロッズ・レスリングクラブで2年間学んだ後、1990年、NCWでデビュー。当初はスカル・フォン・クラッシュSkull Von Krush)なるネオナチ・ギミックのキャラクターで、1992年10月にNOWに初来日。1998年1月には全日本プロレスにも来日している。その後はインディー団体やECWを経て1999年よりWCWに所属。WCWではジョニー・ザ・ブルと共にイタリア系であることを前面に押し出したユニット、ママルークスThe Mamalukes)を結成していた。

2004年にはTNAに参戦し、2005年にWWEと契約。契約後は下部団体のOVWを経て、同年6月よりダークマッチに登場。8月からスマックダウン所属となり、ナンジオとチームを結成する。両者ともイタリア系であることから、F.B.I.(フル・ブラッデッド・イタリアンズ)の再結成とも位置づけられた。

2006年には、「ヴィトーは実はオカマなのでは」というストーリーが展開されるようになる。パートナーのナンジオは否定していたが、ヴィトーは事実であることをカミングアウトし、ナンジオとタッグを解消。ワンピース(番組中ではドレスと表記)の出で立ちで試合をするようになり、清算マッチでナンジオを撃沈した。2007年5月にWWEを解雇される。

2010年3月にプロレス・エキスポネパール大会に参戦。同じくジョニー・ロッズの弟子であるヒマラヤン・タイガーと一騎打ちを行うが、凶器攻撃により観衆がエキサイトし暴動が発生。決着戦を1週間後に行うも敗れた。

リングネーム[編集]

ログラッソが用いたリングネーム

  • The Skull
  • Skull Von Krush
  • Vito "The Skull" Lograsso
  • Big Vito
  • Vito
  • Big Vito "The Skull"

得意技[編集]

  • コード・オブ・サイレンス(バタフライDDT
  • サドン・インパクト
  • マフィア・キック
  • また、技ではないが相手の顔をスカートにうずめるという行動も取る。

獲得タイトル[編集]

WCW
OVW

外部リンク[編集]