ブライアン・デネヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・デネヒー
Brian Dennehy
Brian Dennehy
Brian Dennehy 2003
本名 Brian Manion Dennehy
生年月日 1938年7月9日(75歳)
出生地 コネチカット州ブリッジポート
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1977 -
活動内容 舞台、映画、テレビドラマ
配偶者 Judith Scheff (1959-1974)
Jennifer Arnott (1988- )
主な作品
『ランボー』、『F/X 引き裂かれたトリック』、『建築家の腹』、『推定無罪』

ブライアン・デネヒーBrian Dennehy, 1938年7月9日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州出身のアイルランド系アメリカ人俳優映画監督脚本家、映画製作者。本名は、ブライアン・マニオン・デネヒー(Brian Manion Dennehy)。

略歴[編集]

AP通信の通信員の父と看護師の母のもと、コネチカット州ブリッジポートに生まれ、ニューヨーク市ブルックリンで育つ。3人兄弟で、弟が2人いる。うち、末弟はFBI捜査官[1]

高校時代は、アメリカンフットボールに打ち込んでいたが、教師の勧めで学校演劇の「マクベス」に出演したことから演劇に興味を持つようになる[1]。高校卒業後はフットボール奨学生としてコロンビア大学に入学、歴史学を学び、学士号を取得。

1959年、アメリカ合衆国海兵隊に入隊、5年の軍隊生活を送るが実戦経験は無く、米国本土勤務が主で、一番遠い任地は沖縄の米軍基地だった[1]エール大学で演技を学び、バーテンダーや、株式仲買人、セールスマン、トラック運転手などをしながら、オフ・オフ・ブロードウェイの舞台に立つ。プロとしての初舞台はチェーホフの『イワーノフ』だった。

1976年マイク・ニコルズ演出の舞台『ストリーマーズ』に出演。

1977年から、『刑事コジャック』、『M*A*S*H』などのテレビドラマにゲスト出演し、『ミスター・グッドバーを探して』の外科医という小さな役で映画デビュー。以後、テレビドラマへのゲスト出演のほか、単発のテレビ映画では主演も務めるようになり、『タッチ・ダウン』、『ファール・プレイ』、『10』などの映画にも出演、端役ながらそれぞれに違った役柄を次々にこなしてゆく。

1982年、アクション映画『ランボー』に出演、シルヴェスター・スタローンを追う保安官役で強烈な印象を残す。その後も『ネバー・クライ・ウルフ』、『コクーン』、『シルバラード』、『F/X』などに出演、身長188cm、体重100kg超という堂々たる体躯でその存在感を示した。

1987年には、ピーター・グリーナウェイ監督の『建築家の腹』に主演、"デネヒーの演技のショー・ケース"と評され、シカゴ映画祭最優秀主演男優賞を受賞。

舞台でも、1986年シカゴのグッドマン・シアターで『ガリレオ』に主演、他国での公演も行ったピーター・ブルック演出の『桜の園』にロパーヒン役で出演(日本公演には出演しなかった)するなど、1980年代に最も活躍した映画俳優の一人となった。

1990年代に入っても、『ブルーヒート』、『推定無罪』、『F/X2 イリュージョンの逆転』等に出演するが、活躍の場は映画からテレビへと移っていく。1993年からは、シカゴの警察官を主人公にしたHBO制作のクライム・ミステリー『Jack Reed』シリーズで初めて製作総指揮を務め、1994年には同シリーズで監督デビューを飾った。その後も数本の監督・脚本・主演のテレビ映画を製作している。また、同時期から舞台活動を活発化させ、1992年にはユージン・オニールの『氷人来たる』に主演。以後、オニール作品の上演は彼のライフワークとなってゆく。1998年、初演から50周年記念上演となったアーサー・ミラー原作の『セールスマンの死』で主人公ウィリー・ローマンを演じ、シカゴ公演の後、ブロード・ウェイ公演も成功させ、初のトニー賞を手にしたほか、2000年には自らが製作総指揮を務めたテレビ映画版でもウィリー・ローマンを演じ、2005年にはロンドン公演も果たした。

2003年には、ヴァネッサ・レッドグレーブとともに『夜への長い旅路』で2度目のトニー賞を受賞した。その後も、2007年には『Inherit the Wind』(クリストファー・プラマー共演)、『マイ・フェア・レディ』にイライザの父親役で出演。2009年には『楡の木陰の欲望』でイフレイムを演じ、2010年1月には、シカゴのグッドマン・シアターでサミュエル・ベケットの『クラップの最後のテープ』とユージン・オニールの『ヒューイ』という2作品に同時に主演するなど、精力的な舞台活動を続けている。

実在の連続殺人犯ジョン・ウェイン・ゲイシーを演じた『To Catch a Killer』や、トニー賞を受賞した『セールスマンの死』などで6度、エミー賞にノミネートされているが、未だ受賞歴はない。

私生活[編集]

私生活では、1959年に結婚、三女をもうけるが1974年離婚。三人の娘のうち、キャスリーンとエリザベスは女優になり、それぞれ『ブルーヒート』、『Jack Reed: A Search for Justice』で共演している。1988年に映画の撮影中に知り合った衣装デザイナーの女性と再婚[1]、一男一女を養子に迎えている。

エピソード[編集]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年
放映年
邦題
原題
役名 備考
1977 ミスター・グッドバーを探して
Looking for Mr. Goodbar
外科医
タッチダウン
Semi-Tough
T.J. ランバート
キラー・アンツ 蟻/リゾートホテルを襲う人喰い蟻の大群
It Happened at Lakewood Manor
Fire Chief テレビ映画
1978 ダラスの長い日/ケネディ大統領暗殺事件
Ruby and Oswald
George Paulsen テレビ映画
僕は殺していない
A Death in Canaan
バーニー・パーソンズ テレビ映画
フィスト
F.I.S.T.
フランク・ヴァスコ
ファール・プレイ
Foul Play
ファーギー
1979 ジェリコ・マイル/獄中のランナー
The Jericho Mile
ドクターD テレビ映画
新・明日に向って撃て!
Butch and Sundance: The Early Days
O・C・ハンクス
テン
10
ドナルド
1980 ロックパイル・ベトナム
A Roumour of War
ネッド・コールマン テレビ映画
1981 スコーキー/ユダヤとナチの凄絶な戦い
Skokie
アーサー・ブキャナン テレビ映画
1982 スプリット・イメージ/人格分離
Split Image
ケヴィン・ステットソン
ランボー
First Blood
ティーズル保安官
1983 ネバー・クライ・ウルフ
Never Cry Wolf
ロジー
ゴーリキー・パーク
Gorky Park
ウィリアム・カーウィル
1984 マネーハンティングUSA/500万ドルを追いかけろ
Finders Keepers
フリゾッリ
1985 コクーン
Cocoon
ウォルター
シルバラード
Silverado
コッブ
燃えてふたたび
Twice in a Lifetime
ニック
1986 F/X 引き裂かれたトリック
F/X
レオ・マッカーシー
忍びよる恐怖
Acceptable Risks
ドン・シェパード テレビ映画
夜霧のマンハッタン
Legal Eagles
キャヴァナー
1987 建築家の腹
The Belly of an Architect
ストーリィ・クラックライト シカゴ映画祭主演男優賞受賞
殺しのベストセラー
Best Seller
デニス・ミーチャム
ディア・アメリカ 戦場からの手紙
Dear America: Letters Home from Vietnam
- 声の出演
1988 サバンナの宝石
The Lion of Africa
サム・マーシュ テレビ映画
マッド・リベンジャー/復讐の掟
Das Rattennest
ポール テレビ映画
マイルズ・フロム・ホーム
Miles from Home
フランク・ロバーツ・シニア
遥かなるスノー・リバー
The Man from Snowy River II
ハリソン
コクーン2/遥かなる地球
Cocoon: The Return
ウォルター クレジットなし
1989 デイワン/最終兵器の覚醒
Day One
レズリー・グローヴス テレビ映画
インディオ
Indio
ウィテカー
ヒットラーを狙え!/独裁者 運命の7分間
Georg Elser - Einer aus Deutschland
ワグナー
狙われた証言
Perfect Witnwss
ジェームズ・ファルコン テレビ映画
1990 騙し屋
Pride and Extreme Prejudice
ブルーノ テレビ映画
ブルーヒート
The Last of the Finest
フランク・デイリー
推定無罪
Presumed Innocent
レイモンド・ホーガン
1991 F/X2 イリュージョンの逆転
F/X2 The Deadly Art Of Illusion
レオ・マッカーシー
立証責任
The Burden of Proof
ディクソン・ハートネル テレビ映画
エミー賞最優秀助演男優賞ノミネート
1992 ファイティング・キッズ
Gladiator
ジミー・ホーン
To Catch a Killer ジョン・ウェイン・ゲイシー テレビ映画
エミー賞最優秀助演男優賞ノミネート
情報屋/パワープレイ
Teamster Boss: The Jackie Presser Story
ジャッキー テレビ映画
1993 マーダー
Murder in the Heartland
ジョン・マッカーサー テレビ映画
エミー賞最優秀助演男優賞ノミネート
Jack Reed: Badge of Honor ジャック・リード テレビ映画
製作総指揮・出演
1994 Jack Reed: A Search for Justice ジャック・リード テレビ映画
製作総指揮・監督・脚本・出演
1995 クリス・ファーレイはトミーボーイ
Tommy Boy
ビッグ・トム
ヘンリエッタに降る星
The Stars Fell on Henrietta
テレビ映画
Jack Reed: One of Our Own ジャック・リード テレビ映画
製作総指揮・監督・脚本・出演
不倫法廷3
Shadowof a Doubt
チャーリー・スローン テレビ映画
製作総指揮・監督・脚本・出演
エドガー賞テレビシリーズ脚本部門ノミネート
1996 Jack Reed: A Killer Among Us ジャック・リード テレビ映画
製作総指揮・監督・脚本・出演
A Season in Purgatory ジェラルド・ブラッドレー テレビ映画
ゴールデン・サテライト賞最優秀助演男優賞ノミネート
1997 ロミオ+ジュリエット
Romeo + Juliet
テッド・モンタギュー
Jack Reed: Death and Vengeance ジャック・リード テレビ映画
製作総指揮・監督・脚本・出演
ダブル・クロス 〜裏切りの法廷〜
Indefensible: The Truth About Edward Brannigan
エディ・ブラニガン テレビ映画
製作総指揮・監督・出演
1998 ガルフ・ウォー
Thanks of a Grateful Nation
Donald Riegle テレビ映画
ゴールデン・サテライト賞最優秀助演男優賞ノミネート
1999 ネットフォース
Net Force
ローウェル・デヴィッドソン テレビ映画
殺人警官
Sirens
デンビー テレビ映画
ネットジャック
Silicon Towers
トム・ワーナー
2000 Death of a Salesman ウィリー・ロマン テレビ映画
製作総指揮・出演
PGAゴールデン・ローレル賞テレビ製作者賞 受賞
ゴールデングローブ賞主演男優賞 受賞
全米映画俳優組合賞男優賞 (テレビ映画・ミニシリーズ) 受賞
エミー賞最優秀主演男優賞ノミネート
FAIL SAFE 未知への飛行
Fail Safe
ボーガン テレビ映画
2001 レッド・ロック
Warden of Red Rock
Sheriff Selwyn Church テレビ映画
製作総指揮・出演
サマーリーグ
Summer Catch
ジョン
キラー・コマンドー
Three Blind Mice
マシュー・ホープ テレビ映画
製作総指揮・出演
2002 夏休みのレモネード
Stolen Summer
ケリー神父
2003 歪んだエンロン 〜虚栄の崩壊〜
The Crooked E: The Unshredded Truth About Enron
ミスター・ブルー テレビ映画
2004 セレブの種
She Hate Me
ビル・チャーチ
壊滅暴風圏/カテゴリー6
Category 6: Day of Destruction
アンディ・グッドマン テレビ映画
2005 アサルト13 要塞警察
Assault on Precinct 13
ジャスパー・オーシェア
Our Fathers ドミニク・スパグノリア神父 テレビ映画
エミー賞、サテライト賞、最優秀助演男優賞ノミネート
2006 狼の街
10th & Wolf
ホーヴァス
2007 マルコ・ポーロ/東方見聞録
Marco Polo
クビライ テレビ映画
レミーのおいしいレストラン
Ratatouille
ジャンゴ アニメーション:声の出演
2008 ボーダー
Righteous Kill
ヒンギス
2010 憧れのモニカ・ヴェロア
Meet Monica Velour
ポップ・ポップ
スリーデイズ
The Next Three Days
ジョージ・ブレナン
ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
The Big Year
レイモンド・ハリス

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1978 真珠湾
Pearl
オットー・チェイン ミニシリーズ
1981 ダイナスティー
Dynasty
ジャック・ダナム検事
2004 ザ・ホワイトハウス
The West Wing
ラフェ・フラミンガム 1エピソード
2006 4400
The 4400
ミッチ・ボールドウィン 1エピソード
2007 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
Judson Tierney 1エピソード
2008 30 ROCK/サーティー・ロック
30 Rock
ミッキーJ 1エピソード
2010 リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線
Rizzoli & Isles
Kenny Leahy 1エピソード
2012 グッド・ワイフ
The Good Wife
バッキー・スタブラー 2エピソード

舞台[編集]

上演年 邦題
原題
役名 劇場・劇団 備考
1976 ストリーマーズ
Streamers
リンカーン・センター、ニューヨーク
1979 Says I, Says He ピート・ハナフィン Marymount Manhattan Theatre、ニューヨーク
1985 Rat in the Skull Wisdom Bridge Theatre Company、シカゴ
1986 Galileo グッドマン劇場、シカゴ
1988 桜の園
The Cherry Orchard
ロパーヒン Majestic Theatre
1990-1991 氷人来たる
The Iceman Cometh
グッドマン劇場、シカゴ
1992 氷人来たる
The Iceman Cometh
Abbey Theatre、ダブリン
1995 Translations ヒュー Plymouth Theatre、ニューヨーク ブロードウェイ・デビュー作品
1999 セールスマンの死
Death of a Salesman
ウィリー・ローマン Eugene O'Neill Theatre、ニューヨーク トニー賞演劇主演男優賞 受賞
2000 セールスマンの死
Death of a Salesman
ウィリー・ローマン Shubert Theatre、ニューヘヴン
Ahmanson Theatre、ロサンゼルス
2002 夜への長い旅路
Long Day's Journey Into Night
ジェームズ・タイロン グッドマン劇場、シカゴ
2003 夜への長い旅路
Long Day's Journey Into Night
ジェームズ・タイロン Plymouth Theatre、ニューヨーク トニー賞演劇主演男優賞 受賞
The Exonerated Shubert Theatre、ニューヘヴン
2003-2004 Trumbo: Red White and Blacklisted ダルトン・トランボ Westside Theatre、ニューヨーク
2004 ヒューイ
Hughie
グッドマン劇場、シカゴ
2005 Trumbo: Red White and Blacklisted ダルトン・トランボ Huntington Theatre, Boston Centre for the Arts、ボストン
Post Street Theater、サンフランシスコ
セールスマンの死
Death of a Salesman
ウィリー・ローマン Lyric Theatre、ロンドン ローレンス・オリヴィエ賞 ドラマ部門 主演男優賞
2007 Inherit the Wind マシュー・ハリソン・ブラディ Lyceum Theatre、ニューヨーク
マイ・フェア・レディ
My Fair Lady
イライザの父親
2008 ヒューイ
Hughie
Trinity Repertory Company、プロヴィデンス
Conversations in Tusculum Joseph Papp Public Theater/Anspacher Theater、ニューヨーク
終わりよければ全てよし
All's Well That Ends Wel
Stratford Shakespeare Festival、オンタリオ
クラップの最後のテープ
Krapp's Last Tape
2009 楡の木陰の欲望
Desire Under the Elms
イフレイム St. James Theatre、ニューヨーク
2011 十二夜
Twelfth Night
Stratford Shakespeare Festival、オンタリオ
The Homecoming Stratford Shakespeare Festival、オンタリオ
2012 The Exonerated 45 Bleecker、ニューヨーク

参考[編集]

外部リンク[編集]