スリーデイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリーデイズ
The Next Three Days
監督 ポール・ハギス
脚本 ポール・ハギス
製作 マイケル・ノジック
ポール・ハギス
オリヴィエ・デルボス
マルク・ミソニエ
製作総指揮 アニエス・メントル
アンソニー・カタガス
出演者 ラッセル・クロウ
エリザベス・バンクス
リーアム・ニーソン
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ステファーヌ・フロンテーヌ
編集 ジョー・フランシス
製作会社 ライオンズゲート
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ギャガ
公開 Template:Flagic 2010年11月19日
日本の旗 2011年9月23日
上映時間 アメリカ合衆国の旗 122分
世界の旗 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 3000万ドル[1]
興行収入 $62,748,651[1]
テンプレートを表示

スリーデイズ』(原題: The Next Three Days)は、2010年アメリカ映画2008年に公開されたヴァンサン・ランドン主演、フレッド・カヴァイエ監督のフランスの映画すべて彼女のために』のリメイク

ストーリー[編集]

ドン・キホーテ』などを講義する大学教授のジョンは愛する妻子とともに幸せな毎日を過ごしていたが、ある朝警察が突入して妻のララが殺人の容疑で逮捕されてしまう。

3年がたち、ジョンは一人で息子を育てながら、妻の無実を証明するため懸命に奔走していた。裁判でララに不利な証拠が提出され、覆ることなく遂に殺人罪が確定。絶望し、獄中で自殺未遂を起こしたララをみてジョンは決断を下す。「彼女の人生と家族の幸せを取り戻す」それは命を懸けた決断だった。

ジョンは生活の全てを犠牲にし、孤独や恐怖に苛まれながら、脱獄経験者の「日常と違う動きを観察する」という忠告を聞き『パピヨン』のような、綿密な脱獄計画を練り上げていく。偽のパスポート、免許証、社会保障ナンバーなどを手に入れる。

ララの移送までのわずか3日しかない。不動産を売ることにするが、時間がかかり、銀行強盗まで考える。金のために悪人を襲撃。自家用車のプリウスから脱獄計画を嗅ぎつけた警察はジョンの周囲に捜査の手を伸ばす。難攻不落のピッツバーグの刑務所から大学病院への移送が始まる。救急車を襲うが、脱獄に反対するララを説得しながら地下鉄などで逃走。動物園パーティに行っている息子と合流し、車で逃走。ハイチに向かうとゴミ袋で見せかけてベネズエラに向かう。一方で無実の証拠のボタンも失われる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・ブレナン ラッセル・クロウ 山路和弘
ララ・ブレナン エリザベス・バンクス 本田貴子
ルーク・ブレナン タイ・シンプキンス
ニコール オリヴィア・ワイルド 慶長佑香
ジョージ・ブレナン ブライアン・デネヒー 佐々木省三
グレース・ブレナン ヘレン・ケアリー
ナブルシ警部補 レニー・ジェームズ 水野龍司
クイン刑事 ジェイソン・ベギー
コレロ刑事 アイシャ・ハインズ
ハリス巡査部長 アラン・スティール
マイヤー・フィスク弁護士 ダニエル・スターン
ムース RZA
デヴィッド ジョナサン・タッカー
デイモン・ペニントン リーアム・ニーソン 谷口節

製作[編集]

主要な撮影は2009年10月から12月の52日間、ペンシルベニア州ピッツバーグで行われた[2][3][4]

批評[編集]

本作に対する評価は割れている。Rotten Tomatoesは154個のレビューに基づき、本作のトマトメーターを51%、評価の平均を5.9/10、批評家の総意を「ラッセル・クロウとエリザベス・バンクスは最善を尽くしているが、彼らの手堅い演技は『スリーデイズ』の不揃いなペースと訝しいプロットに全く釣り合っていない」としている[5]

ロジャー・イーバートは2.5/4個の星を与え、「『スリーデイズ』は駄目な映画ではない、ただ少し係わった人たちは才能を浪費している」と書いた[6]

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Next Three Days” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年9月13日閲覧。
  2. ^ Fleming, Michael (2009年10月4日). “Liam Neeson filling his 'Days'” (英語). バラエティ. リード・ビジネス・インフォメーション. 2011年5月31日閲覧。
  3. ^ Bauknecht, Sara (2009年10月9日). “Jail plays a role in Russell Crowe movie” (英語). Pittsburgh Post-Gazette. 2011年5月31日閲覧。
  4. ^ Vancheri, Barbara (2009年12月14日). “'The Next Three Days' production days in Pittsburgh come to an end” (英語). Pittsburgh Post-Gazette. 2011年5月31日閲覧。
  5. ^ The Next Three Days (2010)” (英語). Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年5月31日閲覧。
  6. ^ Ebert, Roger (2010年11月17日). “The Next Three Days” (英語). rogerebert.com. シカゴ・サンタイムズ. 2011年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]