ジョセフ・マッカーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョセフ・マッカーシー
Joseph Raymond McCarthy
所属政党 共和党
配偶者 ジーン・ケール・マッカーシー

アメリカ合衆国上院議員
任期 1947年1月3日 - 1957年5月2日
テンプレートを表示

“ジョー”ジョセフ・レイモンド・マッカーシーJoseph Raymond "Joe" McCarthy, 1908年11月15日 - 1957年5月2日)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州選出の共和党上院議員(任期:1947年 - 1957年)。

マッカーシーと彼のスタッフは、アメリカ合衆国政府と娯楽産業における共産党員と共産党員と疑われた者への攻撃的非難「マッカーシズム」と呼ばれた行動で知られる。これは1948年頃から1950年代半ばのアメリカで起きた特に激しい反共産主義者運動で、そのときメディア映画産業、政治家軍隊、そしてその他の場で、共産主義者への共感について疑われた人々は、多くの人が攻撃的魔女狩りと見ていたものにさらされた。

以来、マッカーシズムは、政府が認めていない思想や政治的態度を罰しようとする魔女狩りを意味するようになった。

初期の経歴[編集]

マッカーシーはウィスコンシン州のグランド・チュウトで、アイルランド系の家庭(父方の祖父と母がアイルランド出身)に生まれる。実家は農場を経営していた。1930年から1935年までミルウォーキーのマーケット大学で法律を学び、弁護士の資格を取った。シャワノの町の法律事務所で働きながら、1936年民主党員として治安判事になるための運動に乗り出したが、成功しなかった。1939年に巡回裁判官に当選した。

1942年、アメリカ合衆国が第二次世界大戦に参戦した少しのち、兵役免除を受けられる立場にあったのだが、マッカーシーは海兵隊の大尉として軍務に就く。彼は南太平洋の爆撃任務に観測手および後部銃座手として戦闘参加した。この事から「テールガンナー・ジョー」というあだ名がついた。

1944年、まだ軍務に就いていた彼は、ウィスコンシン州の共和党上院議員候補者指名のための予備選挙に立候補したが、現職のアレクサンダー・ワイリーにあっさり敗北した。1945年4月に軍隊を除隊。巡回裁判官の地位を反対なく再選出されたのち、彼は1946年の上院議員選挙のため、より組織的な運動を始め、ウィスコンシン州現役上院議員のロバート・M・ラフォレットジュニアに挑戦した。マッカーシーは州の党組織の支援を受け、そしてかろうじて候補者指名に勝った。彼は簡単に民主党の対立候補に選挙で勝利した。

上院議員[編集]

最初の上院議員の任期中、マッカーシーは注目されなかった。彼は議会での法案投票には保守的だったが、共和党の方針に完全に従ったわけではなかった。しかし彼は大衆とメディアの注意をひくことに長け、たくさんの異なった組織に対し非常に多くの演説を行った。その主題は広範囲にわたっていた。彼の最も注目に値する初期のキャンペーンは住宅法と反砂糖配給制度だった。彼の横顔が全国的に知られるようになったのは1950年2月9日ウェストバージニア州ホイーリング (ウェストバージニア州)の共和党女性クラブでの演説のあとだった。

マッカーシーの演説での言葉は、現在議論の対象となっている。当時きちんと演説内容が記録されておらず、メディアの存在もきわめて少なかったためである。しかしこの時彼がひとつの文書を示し「国務省で働いている著名な共産主義者のリストを持っている」と主張した点で、衆目は一致している。演説のある報告では「私は正規の党員であるかまたは共産党に確かに忠誠であると思われる人物の205人の実例のリストを手に持っている」としている。マッカーシー自身は、57人の既知の共産党員に言及したのであり、205人という数字は国務省に雇われている者のうち、色々な安全上の理由から雇うべきでない者の数であると述べている。述べられた正確な数は、マッカーシー上院議員に対する偽証罪の告発の時に一時問題となった。

アルジャー・ヒス(右端)

単に国家への忠誠心についてだけでなく、酒の飲み過ぎとか無能力とかなど、色々な問題点を持っている職員をリストしている国務省の文書が存在していたのは事実である。しかしマッカーシーの演説は、ヨーロッパにおけるソ連の侵略の可能性と、マッカーシーの演説と同時に進行しているアルジャー・ヒスの裁判に注目している国家にとっては衝撃的だった。マッカーシー自身も演説へのメディアの大きな反応に驚き、そして絶え間なくその後告発、共産党員数の両方をコロコロと修正したが、それは彼のやり方の特徴的な側面だった。

数日後ソルトレイクシティにおいて57人の数字を示し、そして2月20日の上院では81人と主張する、といった具合に。彼はこれら全ての例を議論したマラソンスピーチを行ったが、その根拠は希薄か、存在しないものだった。にも拘わらず、演説の衝撃は大きかった。上院は告発を調査するためタイディングス委員会を招集し、これらは事実無根であることがそのうちに分かった。しかしマッカーシーのような有力な議員に対しては、所詮無力だった。彼は告発を少しだけ変え、そしてそれを上院や報道に対して示すのだった。

反共産主義者十字軍[編集]

1950年から1953年の間マッカーシーは、政府が内部にいる共産主義者を扱うことに失敗しているという非難をし続けたが、一方で彼が一夜でスターダムにのしあがったことは、力ある国民的追随者とかなりの収入を得ることになった。彼の収入は上院の委員団により調査され、その結果、彼のキャンペーンにおける問題ある行動と財政的な不正行為が明らかとなったが、法律的行動に出るための根拠を見つけられなかった。マッカーシーは彼の事務所の調査員であるジーン・ケールと1953年9月29日に結婚した。

1952年における共和党の選挙勝利(大統領選勝利は、20年ぶり)には彼の攻撃が助けとなった。敗北した民主党候補者の内、最低でも一人は、マッカーシーによる非難に原因の一端がある。選挙勝利後、党の指導者は彼の人気の大きさをリベラルな民主党員を攻撃するための武器と認め、彼を上院政府活動委員会常設調査小委員会の委員長に任命した。しかし彼が信頼できないところ、及び言い逃れしようとするところは、決して党により完全には信用されていないことを意味した(特にドワイト・D・アイゼンハワー大統領に)。

彼の委員会は、下院非米活動委員会と上院内部安全小委員会とは異なって、政府機関に焦点を合わせた。それは最初「アメリカの声」の官僚組織への調査を行い、そして国務省の海外情報図書館から親共産主義的文献と考えられるものを強制排除させた。その内マッカーシーは、政府内部における共産主義者の影響への非難を始めた。今や政権は共和党の手にあるにも拘わらず、である。これはアイゼンハワーを怒らせた。彼は今も続いている人気からマッカーシーに公然と反対しようとはしなかったが、しかし今やマッカーシーを危険なルーズ・キャノン(自分勝手で信頼できない人物)と考え、彼を影響力ある位置から引き離すために、舞台の裏で仕事を始めた。

マッカーシーは、ジョンズ・ホプキンズ大学の教授であるオーエン・ラティモアを「合衆国におけるソビエトのNo.1スパイだ」として告発した。

没落[編集]

陸軍との対立[編集]

1953年の秋、マッカーシーの委員会は合衆国陸軍への調査を始めたが、それは不幸な結果となった。委員会は陸軍通信部隊におけるスパイ団を暴露しようとしたが、失敗した。委員会は陸軍の歯科医アーヴィング・ペレスを召喚したが、彼は立証のための質問で20回にわたって権利章典修正第5条(黙秘権)を使った。ペレスは軍隊の人間を共産党に勧誘したことを告発された。確かに知られていることだが、ペレスは「破壊組織」のメンバー員に関する国防省のフォームにおける質問に答えることを拒否し、陸軍軍医総監は1953年初め彼の解雇を勧告した。マッカーシーはペレスがその勧告のあと解雇されずに、そのかわり少佐の地位に昇進したことについて、真剣な関心があることを表明した。

この後者の問題を調査する中で、マッカーシー上院議員はラルフ・W・ツウィカー大将に対する扱いに関して、メディアの敵対的な注意を彼自身に対しもたらすことになった。マッカーシーはツウィカーの理解力を「5歳の子ども」の理解力と比喩し、そしてツウィカーは「大将の制服を着るにふさわしくない」と述べた。1954年初め、陸軍はマッカーシー上院議員と彼の助手で弁護士ロイ・コーンを、もう1人のかつての援助者でコーンの友人のG・ディビッド・シャインに対し好都合な扱いをするよう陸軍に対し圧力をかけたと告発した。マッカーシーは、非難は不誠実によるものであり、前の年のツウィカーへの質問に対する報復であると主張した。

ロイ・コーン[編集]

マッカーシーとコーン

昇進にあたって、マッカーシーは上院調査小委員会のスタッフを本質的に入れ替えたが、普通、前任者を解職することはない。注目すべきはロイ・コーンであった。コーンはウィリアム・レミントン(William Remington:以前の商務省の雇用者で共産党のメンバーに関し偽証で有罪となった)、ジュリアスとエセル・ローゼンバーグへの熱心な告発や、そして合衆国の共産党指導者への裁判で知られていた。なお、1995年に公開されたベノナの写しはレミントンとジュリアス・ローゼンバーグがソ連のために働いていたことを証明したが、後述の通りマッカーシー自身はそのような証拠には触れていなかったとみられる(また、エセル・ローゼンバーグのスパイ行為は証明されていないが、夫のスパイ行為を知っていたことは証明されている)。

マッカーシーが小委員会の会議を主催することになった時、コーンは、何の法律的経験も持たない26歳の検察官だった。そのこともあり、コーンは聴聞を公開の場でやりたがらない傾向があった。これはマッカーシーの「議会秘密会」と「記録しない」会議を首都から遠く離れたところで行い、公開の精査と質問を最小限にするという好みとうまく混ざりあった。コーンは、調査のために「反ユダヤ主義的動機」という非難を避けることを選んだが、調査を追求する自由を与えられていた。

2、3人の注目すべき人物が、マッカーシーが委員会を主催するようになってすぐに委員会を辞めたが、その中にロバート・F・ケネディもいた。彼は委員会の「赤狩り」でも当初は活躍し、マッカーシーとの関係も終生良好だったが、馬の合わないロイ・コーンとは文字通り殴り合いをした。辞職の際、ロバートは「他の委員(の辞職理由)に同調したわけでは無い」と言明している。

これらの辞職によりB・マシューズが執行指揮者に任命された。マシューズはかつていくつかの「共産主義者戦線組織」のメンバーだったが、1930年代の急進主義的グループへの好意を捨てたあと、彼は熱心な反共産主義者となった。マシューズは叙任されたメソジスト牧師であったため「マシューズ博士」と呼ばれていたが、単位をとってはいなかった。マシューズはのちに「我々の教会の赤たち」という文書のなかでプロテスタントの聖職者内の共産主義への共感を書いたために、何人かの上院議員を怒らせ、退職した。しかしマッカーシーは小委員会と誰を雇うかあるいは雇わないかについて、影響力を維持した。この結果、更に何人かの辞職者が生じた。

エドワード・R・マロー[編集]

エドワード・R・マロー
ジョン(左)とロバート・F・ケネディ(中)

マッカーシーへのもっとも有名で、そして没落を後押しすることとなった攻撃は、ジャーナリストのエドワード・R・マローによるCBSテレビのドキュメントシリーズの「今(それを)見よ(See it Now)」における数回の番組であった。1954年に放送された番組内で、マローはミシガン州空軍予備役のマイロ・ラドゥロヴィッチ中尉が、「父親と妹が共産主義者だという内部告発があった」というだけの理由で、ミシガン州空軍からの除隊勧告を受けたことに対して異議を申し立てた。当然のことながらマッカーシーは自分の方針に沿ったこの空軍の決定に対し支持を与えていた。なお、この様な番組を流す動きに対して空軍からCBSテレビに対して圧力があったものの、マローらはこれをはねつけ放送を行った。

またこの放送に続いて、1954年3月9日に放映された「See it Now」の30分間の特別番組「A Report on Senator Joseph McCarthy(ジョセフ・マッカーシー上院議員についてのレポート)」の中で、当時アメリカ中のあらゆるマスコミが、自分自身が赤狩りの標的になることを恐れてマッカーシーに対する批判を控えていた中で、強引かつ違法な手法で自らがターゲットとした個人や組織への攻撃を行うマッカーシーのやり方を鋭く批判した。この回の放送のほとんどはマッカーシー自身の過去の演説のクリップで、このクリップの中でマッカーシーは民主党を「20年間にわたる裏切り」(1933年1953年)と非難し、陸軍大将を含む証人をどなりつけていた。

その後番組内における反論の機会を得たマッカーシーはマローのことを、「ソ連の秘密警察と関係がある団体と関係を持っていた」、「政府からテロ組織と指定された団体の構成員であった」(これらのような事実はない)などと非難したものの、このマローによるこの一連の放送は、陸軍との対立により強まってきていた大衆によるマッカーシーに対する不信を後押しし、反マッカーシー派を勇気づける結果となった。この経緯はのちにジョージ・クルーニーにより映画化されている(「グッドナイト&グッドラック」)。なおラドゥロヴィッチ中尉への除隊勧告は、その後ミシガン州空軍内で調査が行われた結果を受けて撤回された。

上院譴責決議[編集]

マッカーシーはその後も陸軍を追求する委員会において、コーンとともに陸軍内の「共産主義シンパ」の浸透を許したと軍の上層部を告発したが、陸軍側の弁護士を務めたジョセフ・ウェルチから、告発の内容の信憑性の低さを指摘された上に「もう充分だ。君には廉恥というものが残っているのか」と叱責された[1]。全米に放送されたこのシーンは、その後のマッカーシーの没落を象徴するシーンとして多く流されることになる。

さらにその後共和党のラルフ・フランダース上院議員が、1954年6月11日にマッカーシーに対する譴責決議案を発議し、アーサー・V・ワトキンス上院議員率いる委員会が組織されマッカーシーに対する調査を開始した。その後上院は1954年12月2日に、65対22でマッカーシーを「上院に不名誉と不評判をもたらすよう行動した」とした譴責決議を採択した。

マッカーシーの決定的な没落の原因が一連の陸軍への調査と、その後のマローの番組であることは確かであるとしても、合衆国上院の何人かの議員がマッカーシーに対し1953年のだいぶ前から反対していた事は注目する価値がある。一つの例はマーガレット・チェイス・スミスであり、スミスはメイン州選出の共和党員(そしてそのとき唯一の女性の上院議員)で、1950年6月1日の「良心の宣言」の中でマッカーシーの名を挙げずに(それは上院のルールにより要求されていた)マッカーシーのやり方を非難している。6人の上院議員の同僚がスミスに加わっている。

マッカーシーへの支持[編集]

しかし、その後もマッカーシーを擁護する議員も存在した。上院の譴責決議がなされた年、ハーバード大学で、ある演説者が「そこいらの大学と違ってハーバードからはアルジャー・ヒス(ソ連のスパイという事が判明)やジョー・マッカーシーのような人物を出していないのが自慢だ」という発言をしたのに対し、マッカーシーと仲の良かったロバート・F・ケネディの兄で、後に大統領となるジョン・F・ケネディは、「偉大なアメリカの愛国者と売国奴の名をよくも一緒くたにできたものだ!」と激怒しマッカーシーを擁護した。なお、民主党の方針でマッカッシーの譴責決議案に賛成票を投じざるをえなかったジョン・F・ケネディは、「かねてから必要とされていた手術を受ける」ことを口実に投票を棄権している。

なお、後世に良く言われるように「上院の譴責決議の前にマッカーシーが大衆の人気を失っていた」という報道は事実に反している。マローの番組をはじめとするマッカーシーへのバッシングがピークに達し、上院の譴責決議まであと数ヶ月という時のギャラップ世論調査では、マッカーシーの行動への支持率は50%、不支持率は29%だった。1950年から1954年(マッカーシーの反共運動期間)にかけての同調査では、カトリックのマッカッシー支持者が56%、不支持者が29%、プロテスタントの支持者は45%、不支持者は36%であった。

死去[編集]

マッカーシーは大酒飲みで、このことにより多くの記者との忌憚のない関係が築かれたが、上院での譴責とその後に巻き起こった批判、その結果の没落はマッカーシーに怒りと落胆をひきおこし、身体を蝕んだ。上院での譴責を受けて事実上失脚したマッカーシーはその後表舞台へ出ることもなく、ついに急性肝炎ベセスダ海軍病院で1957年5月2日に死去した。

上院での譴責を受けたものの、死去に際しては上院の議場で告別式が催され、当時はまれな国葬の栄誉をあずかった。聖マタイ大聖堂はカトリック教会として与えられる最高位をマッカッシーに与え、マッカーシーの棺が安置されたワシントンの葬議場の外には、早朝から深夜まで弔問に訪れた市民3万人が列をなした。ウィスコンシン州アップルトンのセントメアリー墓地に葬られた。妻のジーンと養女のチィアニーが後に残された。

ベノナ[編集]

1995年ベノナ(ソ連暗号解読プロジェクト)が機密扱いをはずされ、ソ連の暗号通信の内容が明らかになった結果、具体的な数には関係なく、ソ連のスパイ行為はマッカーシーの見積もりよりも、さらに大規模なものだったことが判明している。ベノナは特にソヴィエトのスパイに色々な方法で協力した合衆国の市民、移民、そして永住者を含む少なくとも349人の人々について言及している。マッカーシーはベノナ秘密情報への接触はなく、彼の情報は他の情報源からだと信じられている(FBIのフーヴァー長官からだという)。

ベノナはマッカーシーにより調査されたある人物達が事実ソ連のスパイであることを明らかにしている。たとえば、メリー・ジェイン・キーニーはマッカーシーにより単に「共産主義者」とされているが、実際には彼女も、その夫もソ連のスパイだった。マッカーシーにより名指しを受けたロークリン・カーリーは、ルーズベルト大統領の特別顧問だったが、ベノナによりソ連のスパイであることが確かめられた。

著書[編集]

  • 『共産中国はアメリカがつくった-G・マーシャルの背信外交』"America's Retreat from Victory - The Story of George Catlett Marshall", 1951年
  • (本原俊裕訳/副島隆彦監修・解説)『共産中国はアメリカがつくった G・マーシャルの背信外交』(成甲書房, 2005年) ISBN 4880861928

索引[編集]

  1. ^ 『米国の歴史の概要』アメリカ合衆国大使館

外部リンク[編集]

議会
先代:
ロバート・M・ラフォレット・Jr
ウィスコンシン州選出上院議員(第1部)
1945年 - 1957年
次代:
ウィリアム・プロクスマイア