殊勲飛行十字章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
殊勲飛行十字章。

殊勲飛行十字章(しゅくんひこうじゅうじしょう、: Distinguished Flying Cross)は、アメリカ合衆国五軍将兵に授与される勲章。「1918年11月以降に航空活動において英雄的行為、もしくは格別の功績があった者」に対して与えられる。友好国の軍人にも授与される。1926年7月2日第69議会(公法第446号)で制定された。

戦功章の一つでレジオン・オブ・メリットの下位、ソルジャーズメダル(陸軍)、ネイビー・アンド・マリーンコープス・メダル(海軍、海兵隊)、エアマンズメダル(空軍)、コーストガードメダル(沿岸警備隊)の上位に位置する。

受章[編集]

最初の受章者は1926年12月から1927年5月まで行われた南米への親善飛行、パン・アメリカン・フライトに参加したハーバート・A・ダーグ少佐アイラ・C・エーカー大尉ミュア・S・フェアチャイルド大尉、エニス・C・ホワイトヘッド中尉ら陸軍航空隊の10人のパイロット(パン・アメリカン・フライヤーズ)であった[1]。この時メダルはまだ制定されていなかったため、彼らは証明書だけを受け取った。メダルが制定されたのは1927年6月11日ワシントンD.C.における大西洋単独無着陸飛行に成功したチャールズ・リンドバーグの帰国レセプションの席上においてである。メダルはリンドバーグの功績を讃えるため、カルヴィン・クーリッジ大統領によって急遽準備されたものだった。海軍からの受章第一号は1926年5月9日、航空機による初の北極点到達を成し遂げたリチャード・E・バード中佐だった。

第二次世界大戦においては、欧州戦線に従軍したB-25の搭乗員が任務達成の功績によって受章している例が多い。対日戦参加のB-24B-29搭乗員にもロバート・S・クリンクスケールズ中佐(ガートルードC機長)ケネス・ステットソン中尉(タナカターマイト機長)、クロード・E・ヘンジンガー少佐(フライングスタッド機長)らの受章者が出ている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 10人中2人は1927年2月26日にブエノスアイレスに着陸する際の空中衝突によって殉職、死後追贈。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]