ローゼンバーグ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
逮捕されたローゼンバーグ夫妻

ローゼンバーグ事件(ローゼンバーグじけん)は、ドイツ出身の核科学者のクラウス・フックススパイ容疑で逮捕されたのが発端となって1950年アメリカで発覚した、ソビエト連邦によるスパイ事件。

エセル・グリーングラス・ローゼンバーグ
ジュリアス・ローゼンバーグ

概要[編集]

逮捕[編集]

第二次世界大戦後の冷戦中の1950年に、アメリカのユダヤ人夫妻ジュリアス・ローゼンバーグエセル・グリーングラス・ローゼンバーグen)は、エセルの実弟で、第二次世界大戦中はロスアラモス原爆工場に勤務していたソ連のスパイ・デイヴィッド・グリーングラスen)から原爆製造などの機密情報を受け取り、それをソ連に売った容疑でFBI逮捕された。

死刑判決[編集]

逮捕当時、公式に「証拠」とされるものはグリーングラスの自白のみだった。ローゼンバーグ夫妻は裁判で無実を主張したが、1951年4月5日死刑判決を受けた。夫妻に同情した支援者によって西側諸国で助命運動が行われた。ローゼンバーグ夫妻の冤罪を訴えた著名人には、サルトルコクトーアインシュタインロバート・オッペンハイマーハロルド・ユーリーネルソン・オルグレンブレヒトダシール・ハメットフリーダ・カーロディエゴ・リベラピカソフリッツ・ラングピウス12世などがいた。

さらにこの判決を「不当なもの」と主張する西側諸国の一部の左翼系マスコミを中心に、アメリカ政府を非難するプロパガンダ・キャンペーンが行われた。なお、冷戦後に公表されたソ連の文書や関係者の証言で、これらの左翼系マスコミに対してソ連が関与していたことが明らかになった。

刑の執行[編集]

司法側からは「供述すれば死刑にはしない」との取引誘導もあったが、ローゼンバーグ夫妻は供述を拒否し続け、最終的に死刑が執行された。なお、司法長官室と刑務所間のホットラインが処刑執行まで繋がっており、この状況が刻々と報道されて全世界が注目し興奮に沸いたが、ローゼンバーグ夫妻は1953年6月19日夜、ニューヨーク州シンシン刑務所にて同じ電気椅子にて、最初に夫のジュリアス・ローゼンバーグが午後7時6分に、そして次に妻のエセル・ローゼンバークが午後7時16分に、それぞれ1人ずつ処刑された。建国後初のスパイ容疑による民間人の処刑であった

真実解明[編集]

冷戦が崩壊する1990年代前半までは、この事件は「マッカーシズム反ユダヤ主義を背景にしたでっちあげである」として、ソ連や左翼的文化人、マスコミによって喧伝され、また「冷戦下のアメリカにおける人権蹂躙の象徴」として取り上げられてきた。

しかし、1995年まで行われていた旧ソ連の暗号を解読する「ベノナ計画」に対する機密が解除され、これまでのアメリカ内部のスパイと旧ソ連の連絡の内容の一部が公開され、ローゼンバーグ夫妻が実際にソ連のスパイであり数多くのアメリカの軍事機密をソ連側に渡していたことが明らかになった。

事件後[編集]

真実[編集]

上記のように、長年の間多くの左翼的な研究者やマスコミの間では、この事件そのものが「でっち上げである」と喧伝され続けていた。しかし、冷戦崩壊後の1995年に「ベノナ計画」についての機密が解除されたことにより、裁判では明らかにされなかった証拠も明らかになり、夫婦共にソ連のスパイであったことが判明している[1]

ただし、妻エセルについては弟夫婦をソビエトのスパイ組織に夫と共に勧誘している記述が存在するも、国家機密をソ連に手渡す行動を明確に示唆する記載はなく(夫の行為を知っていたのは明らか)、死刑となった罪状そのものには関与していなかった可能性も残っている[2]。これに対して、エセルの弟のデイヴィッド・グリーングラスは、「自分の妻を庇うために法廷で偽証して、姉のエセルの罪を重くした」ことを2001年に告白した。また、この事件の担当検事のロイ・コーンは、「判事への法廷外での働きかけを駆使し、なかば強引に夫妻の死刑判決を勝ち取った」ことを、後に自伝で述べている。このように、妻エセルの有罪判決に対する疑問点が残る他、裁判自体には数多くの問題や誤りがあったものの、いずれにしても「ベノナ作戦」の機密解除によって、裁判から45年以上たった後に夫婦共に潔白ではなかったことが証明された。

なお、グリーングラスを通してジュリアスがソ連に伝えた情報の質については、より中枢に近い立場にいたフックスと比較するとかなり劣ったものであり、他にも複数いたエージェントの中では際だったものではなかった。

また、当時アメリカを含む西側諸国において、グリーングラスやジュリアス、フックス以外にも多くのソ連や東側のスパイが活動しており、その中にはもっと重要な情報をつかんでいる者がいた可能性が高かったにも拘らず、ローゼンバーグ夫妻のみを見せしめ的な国策逮捕として逮捕・糾弾・処刑し、他のスパイをそのまま泳がせていた判断にはなお論議の余地があるとみる者もいる[3]。ただしこれは他の逮捕されたスパイが減刑と引換に罪を認めたが、二人はかたくなにスパイでないとの嘘の主張をして減刑を拒否したからである。

フルシチョフ回顧録[編集]

当時のソ連の指導者だったニキータ・フルシチョフ首相が失脚後に書いた回想録の中には、ヨシフ・スターリンが、ローゼンバーグ夫妻の名前を挙げて「情報が役に立った」と述べていたという記述がある。

回想記は、息子のセルゲイ・フルシチョフによって西側に持ち出され、1971年にアメリカのタイム・ライフ社により出版されたが、ローゼンバーグ夫妻に言及した部分は、フルシチョフ本人の政治的配慮により回想記からは削除され、この部分が公開されたのは冷戦終結直前の1989年になってからである。

一族のその後[編集]

長男。経済学教授。娘(夫妻の孫)のアイヴィ・ミアロポールen:Ivy Meeropol)は映画監督2004年、ローゼンバーグ事件を扱ったドキュメンタリー映画「Heir to an Execution」をサンダンス映画祭に出品し話題となった。
次男。弁護士となる。のち、獄に繋がれた左翼活動家の子供たちのためにローゼンバーグ児童基金を設立。

文献[編集]

夫妻が獄中から幼い2人の息子たちに送った書簡は『愛は死をこえて[4]』の題名で邦訳されベストセラーとなり、当時ソ連やそれを支援する者のプロパガンダとして機能することになった。なお、擁護する立場の評伝にレオン・クルチコフスキー『エセルとジュリアス ローゼンバーグ事件、最後の六時間』(中本信幸訳 未來社、1985年)。

脚注[編集]

  1. ^ なおen:Venona_project#Julius_and_Ethel_Rosenbergによれば、ジュリアスがソ連に渡していた主な情報は、原爆に関するものではなく、近接信管ロッキードF-80 (戦闘機)エマーソン社に関するものであったとされる。
  2. ^ Roberts, Sam. “For First Time, Figure in Rosenberg Case Admits Spying for Soviets”. http://www.nytimes.com/2008/09/12/nyregion/12spy.html?partner=rssnyt&emc=rss. "Sobell, who served nearly 19 years in Alcatraz and other federal prisons, admitted for the first time that he had been a Soviet spy." 
  3. ^ NSAのベノナ作戦のページにある年表には、ベノナで特定されたローゼンバーグ夫妻を含むKGBエージェントの名前が多数挙げられているが、その中で逮捕、処刑が確認されているのはこのローゼンバーグ夫妻のみである。ベノナ#年表参照。
  4. ^ 山田晃訳『愛は死をこえて―ローゼンバーグの手紙』光文社、1953年

関連項目[編集]