シルク (タレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルク
本名 粕谷 文子
ニックネーム シルク姉さん
浪花の美容番長[1]
西日本一のセクシー美女[1]
生年月日 3月31日
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市中央区
血液型 A型
身長 157cm
方言 大阪弁
最終学歴 大阪外国語大学外国語学部英語科
コンビ名 非常階段(1985年 - 1996年)
相方 ミヤコ
芸風 ツッコミ
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1985年 -
同期 130R桂茶がまきびのだんご太平かつみウッチャンナンチャンダチョウ倶楽部中山秀征出川哲朗
他の活動 パーソナリティ、タレント
配偶者 未婚
弟子 なし
公式サイト シルクのべっぴん日記 よしもとの美容番長シルクのブログ

シルクSilk、3月31日生まれ[2])は、日本タレントで、漫才コンビ「非常階段」の一人。女性。

大阪府大阪市中央区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部所属。

来歴・人物[編集]

実家は和菓子問屋。三姉妹の長女。大阪外国語大学外国語学部英語科(現在の大阪大学外国語学部外国語学科英語専攻)卒業。大学生時代にはロンドンに1年過ごしていたこともある。

大学卒業後、小学校からの同級生「ミヤコ」こと吉崎勢津子(よしざき せつこ)とともに1985年、漫才コンビ「非常階段」を結成。1985年に初舞台を踏んだ。吉本の同期には130R桂茶がまきびのだんご太平かつみらがいる。吉本に入ると、家を追い出されたため、ミヤコと一緒に住んでいた。両親には1年経っても漫才で賞が取れなかったら、芸人を辞めるように言われていたが、ぎりぎりで1年以内に賞を取り、芸人を続ける事が出来た[3]

1996年6月19日、相方のミヤコが肺癌のため死去したのに伴い、「非常階段」は解散。芸人仲間に同情されるのが嫌で、1年ほどニューヨークで過ごした。そこで、サルサダンス、フェイストレーニングなどに出会う[3]。帰国後は、タレント活動を開始。ラジオ番組パーソナリティバラエティ番組トークショー司会ゲスト英会話講師、美容研究家など幅広い分野で活躍している。得意の語学力を活かし翻訳家として、松本人志が執筆してベストセラーになった単行本遺書』(1994年)を英訳した。

2007年6月1日にはうめだ花月にて女性限定の単独イベント「べっぴん塾」vol.1をおこなった。

2007年1月、三女美結成。三女美とは、シルク、めぐまりここっこのアラフォシングル3人からなる、2台のトランペットからなる音曲トリオである。三女美という名前はシルク曰くボン・ジョヴィから取ったらしい。2007年6月5日からは、なんばグランド花月に、昼席、三女美として出演。

近年は関西ローカルの他に、『あらびき団』など東京発全国ネットのバラエティ番組などで水着姿で出演し、セクシーダンスを披露する機会が多く、“吉本一のセクシー熟女タレント”と呼ばれており、知名度も上昇している。2010年2月2日放送回の『ロンドンハーツ』では「緊急企画!ウワサ年齢50歳 美容番長・シルクとは!?」として大々的に特集された。その際、ナレーションで「浪花の美容番長」「西日本一のセクシー美女」と紹介された。同番組の同年4月20日放送回には女性芸人やタレントを集めたテレビ番組初めて「べっぴん塾」が開催された。以降同コーナーは「SEX AND THE SILK」として放送されている。コーナー名はシルクが人生のバイブルとするアメリカのテレビドラマ及び映画『セックス・アンド・ザ・シティ』から拝借したものである。2010年6月8日放送回では『セックス・アンド・ザ・シティ2』のプロモーションのため、来日していた主演のサラ・ジェシカ・パーカーにインタビューし、コーナー名の使用を公認された[4]

エピソード[編集]

シルクが美容についての講義を行う女性限定の単独イベント「べっぴん塾」は毎回満員で、10代から70代まで幅広い世代に人気がある[1]。参加者の最高年齢は82歳[1]。自身のブログでも美容情報などを発信しているが、ブログの文章と写真が合っていないことが多いと藤井隆博多大吉が指摘している[1]。2010年7月には初の美容本『シルクのべっぴん塾』を発表した[5]。美容に目覚めたきっかけとして、28歳の時にあるイベントで共演したダウンタウンの松本人志に「お前の足は極太やな」と言われたことを挙げており、その言葉がずっと記憶に残っていたため、35歳の時に美を志すようになった[6][5]。なお、美容整形やその類は一切していないと公言している[6]

吉本興業の専門ショップを通さず自費で制作したカレンダーや時計などのグッズをスタッフ限定で配布しており、2007年2月17日放送の『やりすぎコージー』でその内容が公表された。カレンダーはポスターサイズのもので、水着やセミヌードを披露している。ヌードを披露したきっかけは、シルクが大ファンであるテレビドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』シーズン4の第2話「素顔のままで」でキム・キャトラル演じるサマンサ・ジョーンズがヌードを撮影してもらう場面に感化されたことによる。2010年6月にバラエティ番組『ロンドンハーツ』内の企画で映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』のプロモーションのために来日したキャトラルにインタビューをした際にそのことを本人に伝え、自身のヌード写真を見せたところ驚愕され、「日本のサマンサ」とのお墨付きを貰った[7][4]

前述の通り、サラ・ジェシカ・パーカーにインタビューを行ったが、その際に披露したリンパマッサージを気に入られ、パーカー専属で他にジェニファー・ロペスなども担当するメイクアップアーティストを紹介された。その人とは別室で面談したが、その際にの綺麗さを称賛され、「もし美容本を出したら絶対送って」といわれ住所を教えられた[4]。放送後に更新した自身のブログでそのメイクアップアーティストとは現在メールでのやり取りを行っていることを明かしている[8]

私生活では2007年6月に当時プロ野球オリックス・バファローズの監督であったテリー・コリンズとの交際を報じられ[9]2009年の第2回WBC開催中[10]に東京ドームホテル最上階バーでプロポーズを受けるなど、交際は順調だったが、2010年5月に遠距離恋愛になったことが原因で破局したことを自身の公式ブログと『ロンドンハーツ』出演時に告白した[11][12]。その後も20歳以上年下の男性と交際していたが[13]、2012年に破局している[14]

ラジオよしもと むっちゃ元気!』(ラジオ大阪)内で募集していた「Silclub」の会員番号3番に噺家の月亭八斗がいる。その月亭八斗は、『シルク』&『ハット』の『シルクハット』で、将来何かイベントしたいという夢がある。

痛快!明石家電視台』(毎日放送)出演時に、ロンドンへ留学していた際に、偶然にも元ザ・ビートルズポール・マッカートニーに遭遇したエピソードを紹介した[15] 。経緯として、ロンドンへ遊びにきていたミヤコとライブハウスへ行った際、当時日本人がカツアゲの被害に遭いやすかったため、持ち金を靴の中に入れていたが汗で紙幣が溶けてしまった結果、帰りのタクシーを拾うことができず、深夜にも関わらず徒歩で帰宅していたところに1台のリムジンが止まるのが目に入り、中から降りてきた人物をよく見るとポール・マッカートニーであった。これに対し、ミヤコがとっさに「日本から来て、あなたをずっと待っていました」とポールへ話すと、ポールから「スタジオを見学して行くかい?」と誘われ、彼の楽曲のジェットのレコーディングを見学したと共に、ポールの妻のリンダ・マッカートニーに紅茶を入れてもらったことや、新聞に「日本から来たラッキーガール2人」と掲載されたことを明かした。

美容で勝てないのは川原亜矢子末成由美を挙げている。(『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』より)

中高生時代はあのねのねのファンであった[16]

主なメディア出演[編集]

テレビ・ラジオ番組[編集]

現在出演中の番組
過去の出演番組

CM[編集]

  • エイチ・アイ・エス 初夢フェア(2010年)

インターネット動画[編集]

リリース作品[編集]

著書[編集]

DVD[編集]

発売日 題名 レーベル オリコン
最高順位[17]
2011年3月31日 シルクのDVDぺっぴん塾 よしもとアール・アンド・シー 74

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 2010年2月2日放送回『ロンドンハーツ』の企画「緊急企画!ウワサ年齢 50歳 美容番長・シルクとは!?」より
  2. ^ “シルク - プロフィール”. Yahoo!人物名鑑. http://talent.yahoo.co.jp/pf/profile/pp13281 
  3. ^ a b 2010年11月5日放送回『徹子の部屋』(テレビ朝日)ゲスト出演時の本人談。
  4. ^ a b c “【エンタがビタミン♪】「私にアドバイスを!」SATCのサラ・ジェシカ・パーカーが本気で求めた”アノ”よしもと女芸人の美肌。”. TechinsightJapan. (2010年6月10日). http://japan.techinsight.jp/2010/06/satc-ronha-silk.html 
  5. ^ a b “「松ちゃんがきっかけ」シルクが美の秘訣を明かす”. お笑いナタリー. (2010年7月15日). http://natalie.mu/owarai/news/34821 
  6. ^ a b 2010年4月15日放送回『ドォーモ』の企画「オンナTV」出演時に発言
  7. ^ 2010年6月8日放送回『ロンドンハーツ』の企画「美容番長シルク×映画「SEX AND THE CITY」女優陣と奇跡のコラボ!」より
  8. ^ “ジャパニーズ サマンサ 称号いただきました!”. よしもとの美容番長シルクのブログ『シルクのべっぴん日記』. (2010年6月9日). http://silk.laff.jp/blog/2010/06/post-6212.html 
  9. ^ “オリ・コリンズ監督、吉本のシルクと交際”. 日刊スポーツ. (2007年6月25日). http://osaka.nikkansports.com/baseball/professional/buffaloes/p-ob-tp0-20070625-217825.html 
  10. ^ この大会でコリンズは野球中国代表チーム監督を務めていた。
  11. ^ 2010年5月18日放送回『ロンドンハーツ』で発言。
  12. ^ “シルク告白、コリンズ氏と「円満破局」”. MSN産経ニュース. (2010年5月19日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100519/tnr1005190833003-n1.htm 
  13. ^ “シルク"薬指"に指輪、新恋人は20歳以上年下の大学院生”. オリコン. (2010年7月18日). http://beauty.oricon.co.jp/news/78194/full/ 
  14. ^ “シルク、年下愛は破局「2か月前に別れた」”. スポーツ報知. (2010年6月15日). http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/divorce/news/20120615-OHT1T00017.htm 
  15. ^ 2011年7月11日放送回『痛快!明石家電視台』で発言。
  16. ^ 2011年7月19日放送回『ロンドンハーツ』で発言。
  17. ^ シルクのDVD売り上げランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]