安達奈緒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安達 奈緒子
(あだち なおこ)
プロフィール
出身地 日本の旗 日本神奈川県
主な作品
テレビドラマ 大切なことはすべて君が教えてくれた
リッチマン、プアウーマン
受賞
第15回フジテレビヤングシナリオ大賞
『僕らの未来に子供たちはイエスと言うか』

安達 奈緒子(あだち なおこ)は、日本脚本家神奈川県出身[1]早稲田大学卒業[2]後、1995年に日本脚本家連盟ライターズスクール脚本68期を修了[1]2003年、第15回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞してデビューした[1]。主な作品に『大切なことはすべて君が教えてくれた』、『リッチマン、プアウーマン』など。

略歴・人物[編集]

子供の頃より物語を作ることに興味を持ち、早稲田大学で演劇研究会に所属する。卒業後、ドラマ脚本を学ぶため日本脚本家連盟ライターズスクールに進み、68期を修了した。[2]

その後、一旦就職して、海外ドキュメンタリー番組の日本語字幕ナレーションを制作する会社で台本作りに従事しながらコンクールに応募し[1]、2003年に『僕らの未来に子供たちはイエスと言うか』で第15回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。翌年、フジテレビのスペシャルドラマ『冬空に月は輝く』の脚本でデビューした。

しかしその後、出産し育児と主婦業で多忙だったことから本格的な活動からは遠ざかり、プロデューサーの声かけで企画書を作成するも数年間採用がない状態が続いていた[1]

2010年代に入り、再び小説も含めたコンテストに挑戦していた[2]。2011年には、フジテレビプロデューサーの増本淳の企画に誘われ、これを基にした1月期の月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』の脚本担当に抜擢され、全10話を執筆した[1]。翌2012年にも、同じく月9枠で『リッチマン、プアウーマン』の全11話脚本を担当している。

作品リスト[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 黒澤、2011年
  2. ^ a b c カフェ・ラ・テ(ラジオ日本) (2012年2月24日). “ヤンシナ出身 安達奈緒子さん”. exciteブログ. 2012年10月4日閲覧。
  3. ^ 21世紀の観覧車”. CINEMA TOPICS ONLINE. 2012年10月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 黒澤宏之(取材・構成)、「インタビュー 新しい波:安達奈緒子 ヤンシナ受賞から8年、月9で連ドラデビュー」、月刊『ドラマ』2011年7月号、pp62-70.

外部リンク[編集]