西谷弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西谷 弘(にしたに ひろし、1962年2月12日 - )は、フジテレビドラマ制作センターゼネラルディレクター、テレビドラマ演出家である。東京都出身。

来歴・人物[編集]

共同テレビジョン入社後、CM部を経てドラマ部へ異動。2006年、フジテレビに移籍。2005年県庁の星』で映画監督デビュー。

2009年アマルフィ 女神の報酬』を監督。この映画では脚本も自身で担当したが、脚本家として記名をせず、クレジットを空欄のまま公開したため、「脚本家軽視の疑いがあり、これは前代未聞の異常事態」として日本シナリオ作家協会から抗議を受けた[1][2][3]

西谷の演出について、織田裕二は「何も言わずにすぐNG。芝居としてはOKなんですけどね」と評している。『アマルフィ 女神の報酬』の撮影中も、イタリア人俳優の日本語セリフが気に入らず11回もNGを出すが、その理由を説明しないため、織田が「何度もダメ出しが出るので、自分が悪いのかと思った」と語っている。

映画の特徴としては、シーンとシーンの合間を本編中に複数回、映像と音声を突然カットで切って黒味にする編集を好む。この編集方法については批判もあり、『アマルフィ 女神の報酬』では、一部劇場で「途中で映像が途切れる部分がありますが、演出によるものです」といった注意書きを劇場内に掲示させた。

2011年6月29日付現職。

テレビドラマ担当作品[編集]

演出[編集]

★ メイン作品。特記のないどらまはフジテレビ作品。

1996年

  • TOKYO23区の女

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2007年

2009年

2010年

2011年

  • 任侠ヘルパースペシャル

2013年

  • ガリレオXX 内海薫 最後の事件★

2014年

演出補[編集]

協力プロデュース[編集]

映画[編集]

携帯動画[編集]

  • アマルフィ ビギンズ(2009年、監修)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞『脚本家名ない「アマルフィ」に作家協会抗議』2009年7月17日
  2. ^ 朝日新聞『「脚本家名ない」作家協会が抗議 映画「アマルフィ」』2009年7月21日
  3. ^ 映画『アマルフィ 女神の報酬』の「脚本」クレジット不表示公開に関する声明社団法人・日本放送作家協会

関連項目[編集]