キャタピラー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャタピラー
Caterpillar
監督 若松孝二
脚本 黒沢久子、出口出
製作 尾崎宗子
ナレーター 小倉一郎
出演者 寺島しのぶ
大西信満
音楽 サリー久保田、岡田ユミ
主題歌 元ちとせ死んだ女の子
撮影 辻智彦戸田義久
編集 掛須秀一
製作会社 若松プロダクション
スコーレ
配給 若松プロダクション
スコーレ
公開 ドイツの旗 2010年2月15日BIFF
日本の旗 2010年8月14日
上映時間  84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャタピラー』(英題:Caterpillar)は、2010年公開の日本映画若松孝二監督。

概説[編集]

ジョニーは戦場へ行った』と、江戸川乱歩の短編小説『芋虫』をモチーフにしたオリジナルストーリーで、戦争に翻弄された1組の夫婦の姿を通して戦争がもたらす愚かさと悲劇を描いている。

2010年ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品し、寺島しのぶが最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した。同映画祭では、授賞式に参加できなかった寺島の代わりに若松孝二監督が壇上に上がり、寺島から届いたメールを読み上げた。

あらすじ[編集]

1940年、とある農村に住む青年、黒川久蔵は日中戦争の激化に伴い徴兵を受け、戦地へと赴いた。それから4年後、久蔵は頭部に深い火傷を負い、四肢を失った姿で村に帰還する。戦線で爆弾の爆発に巻き込まれた彼は、声帯を傷つけて話すこともできない上、耳もほとんど聴こえない状態になっていた。「不死身の兵士」と新聞に書き立てられ、少尉にまで昇進した久蔵を村人は「軍神様」と呼び崇め称える。しかし親戚たちは彼の変わり果てた姿に絶望し、妻であるシゲ子に世話を全て押し付けてしまう。

シゲ子は無理心中を図り久蔵を殺そうとするが思い留まり、軍神の妻として献身的に尽くすようになる。戦地に赴く前は表向き好青年として通っていた久蔵は、実は欲深く暴力的な性格の男だった。彼は体に残された知覚で意思を伝え、美味な食事、自身の名誉の誇示、そして性行為をシゲ子に要求し続けていく。

1945年、久蔵はたびたび発作的な錯乱に見舞われるようになり、次第にインポテンツになっていった。彼は戦地で炎に焼かれる屋敷内で中国人の少女を強姦、虐殺した記憶に苛まれていたのだった。それを知らないシゲ子は、かつて暴力によって自分を支配していた夫への憎悪や怒りを爆発させ、気性が激しく性欲が旺盛な本性を露わにする。四肢を失い一切の抵抗ができない久蔵は、シゲ子のその姿が過去の自分の姿と重なるようになり、日に日に正気を失っていく。

夏になり、畑仕事をしているシゲ子の元へ村人の間では変人として敬遠されている男、クマが現れ日本が降伏したと伝える。戦争を忌み嫌っていたクマは「戦争が終わった。万歳」と叫び、シゲ子も晴れ晴れとした表情でそれに続く。2人が喜びの声を上げるそのすぐ傍で、家から芋虫のように這い出した久蔵は庭の池へと向かっていた。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]