NG (放送用語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本の放送映画演劇などにおけるNG(エヌジー)は、演出上ないし進行上の手違いにより、予定外の体裁となった録音・録画・実演をさす用語である。

語源[編集]

もとは連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) が、日本の演劇や映画に対する検閲において「内容が好ましくない」という意味で使用した用語「NG」(英語の「No Good[1][2]頭字語化したもの)が日本で広まったもの。

英語圏の国では一般に放送、映画、演劇などにおける不体裁を意味する語としてはblooper(本項目は同項目と言語間リンクされている), outtakeアウトテイク), gag reel, boner などが使われる。英語圏で日本における語意が理解されないという意味では一種の和製英語である。

放送のNG[編集]

ラジオテレビなどの放送においては、技術上の手違い(映像や音声が大きく乱れるなど)、修正のできない生放送における深刻に不適切な表現(放送禁止用語の使用、スポンサーに関わる不手際など)は、放送事故として扱われ、NGとは区別される。不体裁 (放送)を参照のこと。

テレビドラマ番組における収録中のNGを再編集し、特別番組として放送する例がある(NG集番組)。

主なNG集番組[編集]

テレビ

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 研究社リーダーズ英和辞典』初版(1984)「N.G., n.g.」
  2. ^ 小学館プログレッシブ英和中辞典』goo辞書版「NG

関連項目[編集]