空条承太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
空条 承太郎
ジョジョの奇妙な冒険のキャラクター
作者 荒木飛呂彦
梁田清之
小杉十郎太
稲田徹
小野大輔
高森奈津美
詳細情報
愛称 承太郎
ジョジョ(JOJO)
性別 男性
親戚 ジョナサン・ジョースター高祖父
エリナ・ジョースター(高祖母
ジョージ・ジョースターⅡ世(曽祖父
エリザベス・ジョースター(曾祖母
ジョセフ・ジョースター(祖父
スージーQ・ジョースター(祖母
空条貞夫(
空条ホリィ(
東方仗助叔父
静・ジョースター(義叔母
空条徐倫
国籍 日本の旗 日本

空条 承太郎(くうじょう じょうたろう)は、荒木飛呂彦漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する架空の人物。Part3『スターダストクルセイダース』の主人公。

人物[編集]

1970年[1]もしくは1971年生まれ[2]みずがめ座。血液型B型。身長195cm、体重82kg[1]。口癖は「やれやれだぜ」。瞳の色は「ややグリーン(原作表記に基づく)」、髪の色は黒。 父は日本人ジャズミュージシャン・空条貞夫、母はジョセフ・ジョースターとスージーQ夫妻の一人娘ホリィ。日本人とアメリカ人のハーフである。空条徐倫は実娘(長女)に当たる。

常に帽子と厚手のコート(Part3においては学帽学ラン)を身に着けている。帽子は滅多なことが無い限り脱がない。頭脳明晰で常に寡黙かつ沈着冷静だが、根は激情的な性格で正義感も強い。一方で自身も認める執念深い性格でもある。

劇中での活躍[編集]

Part3『スターダストクルセイダース』[編集]

- 梁田清之(Part3ドラマCD版・Part3対戦型格闘ゲーム版) / 小杉十郎太(Part3OVA版) / 小野大輔ASB版・TVアニメ版[3]) / 高森奈津美(TVアニメ・小学生時代)

17歳(1988年)。東京都在住の男子高校生。100年前に高祖父のジョナサン・ジョースターと共に海へ沈んだはずのDIOが復活した影響で、祖父のジョセフと共にスタンド能力に目覚める。スタンド発現の悪影響で重体になった母のホリィを救うため、祖父やモハメド・アヴドゥル、花京院典明やジャン=ピエール・ポルナレフ、イギーら仲間たちとともにDIOを打倒すべくエジプトを目指す。DIOとの戦いの中で3人の仲間を失うも最後はDIOに引導を渡し、ジョースター家とDIOの永きに続いた因縁にひとまずの終止符を打った。

威圧的な外見と気性の激しい性格のために暴力事件を頻繁に引き起こしており、周囲からは不良のレッテルを貼られている。幼少期は素直で大人しい子供だったらしいが、実は当時から既に「やる時はやる」性格を持っていたようである。通っている高校の不良たちからは一目置かれ、周囲の女性からの人気も高いが、本人はまとわりつく女性を鬱陶しく思っている。

未成年ながら飲酒喫煙の習慣があり[4]、「火のついたタバコを口の中に5本入れ、火を消さずにジュースを飲む」という奇妙な特技を持つ。好角家でもあり、留置所の中にいた時にはラジオで大相撲中継を聞いていたほか、エジプトへの道中では花京院に相撲の土俵際での面白さを語っている。服装へのこだわりが強く、エジプトへの旅も常に学生服姿だっただけでなく、インド - パキスタン間での運命の車輪戦で制服が焼失した後もわざわざ現地で制服を仕立て直してもらっているほど。

単行本第14巻に掲載された設定では、好きな歌手久保田利伸、好きなスポーツ選手は千代の富士、好きな女の子のタイプは日本人的な女性、大嫌いなタイプはウットーしい女、好きな映画は『ネバー・クライ・ウルフ』、趣味は飛行機に関する本を読むこと、好きな色は透明感のある色、となっている。

登場初期は空条の「条」と承太郎の「承」を合わせた「ジョジョ(JOJO)」というニックネームで呼ばれていたが、やがてそう呼ばれなくなり、皇帝と吊られた男編以降は完全に「承太郎」とだけ呼ばれるようになった。

Part4『ダイヤモンドは砕けない』[編集]

28歳(1999年)。海洋学者となり、海洋生物研究の第一人者として学会にその名を馳せている。年老いたジョセフに何かあった時のために遺産を整理していたところ、ジョセフに隠し子・東方仗助がいることが判明。仗助への遺産分配の手続きと、ジョセフの念写により杜王町に潜伏していることが判明した殺人鬼・アンジェロの追跡のため、M県S市杜王町を来訪する。その後、アンジェロの証言によりスタンド使いを生む「弓と矢」の存在が明らかになったため、調査のため続けて杜王町に滞在することになった。

根本の激情的な性格は変わらないが、Part3時に比べ言動は落ち着いている。豊富な知識や実戦経験などから、仗助たちからも一目置かれている。

Part4最終話には「杜王町滞在中に執筆したヒトデに関する論文で博士号を取った」という記述がある。Part6での描写によると、この時点で既にアメリカ人女性と結婚し、娘・徐倫も生まれていたようである。

Parte5『黄金の風』[編集]

声 - 稲田徹黄金の旋風版

30歳(2001年)。広瀬康一に、DIOの遺児である少年・汐華初流乃(ジョルノ・ジョバァーナ)の調査を依頼する。その後、康一からの報告によりジョルノがスタンド使いであることを確認して調査を打ち切り、以降は登場しない。

これ以降、「わたし」という一人称も用いるようになっている。Part5のクライマックスで、1990年代初めにポルナレフとともに「弓と矢」の調査をしていたことが明かされている。

Part6『ストーンオーシャン』[編集]

41歳。DIOの元部下ジョンガリ・Aの陰謀でG.D.st刑務所に投獄された徐倫を救出するため、スピードワゴン財団の協力を得て脱獄の手引きを行うが、陰謀の真の首謀者・プッチ神父の襲撃を受けて記憶DISCとスタンドDISCを奪われ、長い間仮死状態となっていた。後に徐倫の活躍によりDISCを2枚とも取り戻し復活し、決戦の地ケープ・カナベラルに駆けつける。プッチ神父との最終決戦においては、冷静な判断力や往年の実力が健在であることを見せるが、プッチ神父の攻撃から徐倫をかばった隙を突かれ、頭から裂かれて死亡する。

家庭を顧みず仕事に励んでいたため家族との関係は悪く、アメリカ人の妻と離婚している。特に、重病に苦しむ幼い徐倫を無視して杜王町へと赴いていたことなどから、徐倫から激しく憎まれていた。しかしそれは妻や徐倫を戦いに巻き込むまいとしたためで、後に本心を知った徐倫と和解し、「父さん」と呼ばれるまで関係が修復した。

容姿は青年期に比べて大きく変化していない。刑務所内での台詞によると、この頃には喫煙習慣はなくしていたようである。スピードワゴン財団の人間からは、Part4で博士号を取ったことから「博士」と呼ばれている。

スタープラチナ(星の白金)[編集]

【破壊力 - A / スピード - A / 射程距離 - C / 持続力 - A / 精密動作性 - A / 成長性 - A→E(完成)】(『JOJO A-GO!GO!』による)

逞しい筋肉質の肉体を持った人型のスタンド。頭髪があり、デザインは「人型のスタンド」の中でも特に人間に近い。

射程距離は約2メートルと短いが、他のスタンドを寄せ付けない桁外れなパワー、スピード、精密動作性、視力、動体視力を持ち、眼前から発射された銃弾を指で摘んで止めることもできる。決め技は「オラオラ」の掛け声とともに拳の連打を相手に叩き込む、「突きの連打(オラオラのラッシュ)[5]」。また、力を人差し指と中指にためて伸ばし敵を切り裂く「流星指刺(スターフィンガー)」もある。

スタンド名の由来は、タロットカードの大アルカナ17番目のカード「」。後に「近距離パワー型」と呼ばれるタイプのスタンドの原型である。その圧倒的な性能、能力、また本体である承太郎の隙の無さから、Part4以降は「完成された」「強くて無敵の」「史上最高(最強)の」スタンドと形容されている。

登場初期は顔が承太郎に似たデザインだったが、物語が進むにつれ変化していった。また、「スタープラチナ」自身に独自の意識があったり、射程距離外の物体を勝手に承太郎の元へ持って来ることもあった。OVAでは、止められた時の中でも承太郎が無意識の内に、「スタープラチナ」がDIOの攻撃を瞬間的だが防ぎ、反撃している。

荒木飛呂彦によるとデザインは守護神をイメージしており、肩パッドは『北斗の拳』のようなもので、渦巻き模様で無限や波紋を表現している[6]

スタープラチナ・ザ・ワールド[編集]

当初は優れた基本能力を持つのみのスタンドだったが、Part3の最終決戦においてDIOの「ザ・ワールド」と同じ時を止める能力に目覚めた。この能力はPart4以降「スタープラチナ・ザ・ワールド」と命名され、Part6における解説では、この能力名がスタンド名として扱われることもあった。

時を止められる時間は、Part3では一瞬 - 5秒、Part4では0.5秒 - 2秒、Part6では2秒 - 5秒と、時期によって一定していない。Part6の解説では、スタンドのスピードが光の速度(または時間)を超えた時に、この世の時間を止めることができると解説されている。DIOとは違い、時を止める時間を伸ばそうとはしなかった。

備考[編集]

シリーズを通して最も多く、そして長期に渡って活躍したキャラクターである。モデルはクリント・イーストウッド(作者談)。

常に帽子をかぶっているため、帽子と後頭部が一体化しているように描かれている。これについて作者は、後ろから見ても承太郎と分かりやすくするため、また自身にとっても描きやすいためそうしていると語っている。

Part3でかぶっていた学帽には左手の平のマークが付いている(ごく少数だが、中指にペンダコがある右手の甲のマークの場合もある)。これは本作を象徴するマークとして、Part3以降もさまざまな場所で登場している。またPart4の最後でかぶっている帽子には、この手の平マークと共に、♂と♀を合わせたプリンスの古いマークが描かれている。

作者は『溜池Now』(GyaO)で中川翔子と対談した際に、中川から「最高のスタンドであるスタープラチナに勝つことができるスタンドはありますか?」と質問され、「存在しない。(強いて言うなら)承太郎の子孫が使うスタンドだけでしょうね」と答えていた。

Part4では、Part3が本来の1989年ではなく1987年に設定されたため、Part4でのPart3に関連する西暦や年齢には若干ズレが生じている。

作者によると名前は「条」「承」と、「じょう」を続けることだけは初めから決められていて、後は漢和辞典を見ていて目についた「空」の字を付けたという[1]

Part3での学ランは横山光輝の漫画『バビル2世』の主人公・浩一が原点になっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 画集『JoJo6251 [荒木飛呂彦の世界]』より。
  2. ^ 第4部1999年3月時点で28歳との記述あり。雑誌ダ・ヴィンチ2012年8月号記述より。
  3. ^ TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式 (2013年12月21日). “【第三部アニメキャスト大発表ッ!】...”. Twitter. 2013年12月22日閲覧。
  4. ^ テレビアニメ版では放送コードとの兼ね合いから、どちらも原作通りには描かれていない。
  5. ^ ジャンプ・コミックス28巻および文庫版17巻のDIOのセリフより、その名がついている。
  6. ^ 『JOJOVELLER完全限定版 STANDS』の荒木飛呂彦によるコメントより。