ブラインドネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラインドネス
Blindness
監督 フェルナンド・メイレレス
脚本 ドン・マッケラー
原作 ジョゼ・サラマーゴ
白の闇
製作 ニヴ・フィッチマン
アルドレア・バラタ・ヒベイロ
酒井園子
製作総指揮 ゲイル・イーガン
サイモン・チャニング・ウィリアムズ
出演者 ジュリアン・ムーア
マーク・ラファロ
音楽 マルコ・アントニオ・ギマランイス
撮影 セザール・シャローン
編集 ダニエル・レゼンデ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年10月3日
日本の旗 2008年11月22日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
ブラジルの旗 ブラジル
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $19,844,979[1]
テンプレートを表示

ブラインドネス』(Blindness)は、2008年の日本ブラジルカナダ合作の映画。ジョゼ・サラマーゴの『白の闇』をフェルナンド・メイレレスが映画化。

第61回カンヌ国際映画祭オープニング作品、第21回東京国際映画祭特別招待作品。

ストーリー[編集]

ある日、運転中の日本人男性(伊勢谷友介)の目が突然見えなくなる。普通は失明すると暗くなるはずが、視界が白い光で溢れたようになるという症状で、男性は通りがかりの人(ドン・マッケラー)に助けられてなんとか帰宅し、翌日眼科に向かう。

診察に訪れた病院の眼科医(マーク・ラファロ)には原因が全く分からない。しかも、翌日の朝になってみると、眼科医の目も見えなくなっていた。眼科医だけでなく病院の待合室に同席した人々など、日本人男性と触れ合った人々が次々に失明していき、同じ症状を持つものが爆発的に広がっていく。

ただ一人、眼科医の妻(ジュリアン・ムーア)だけは症状を持つ人々を触れ合っても失明が始まらなかった。 政府は深刻な感染症だと判断し、感染したとおぼしき人々を隔離することに決定。眼科医の妻も失明したように装い、夫と共に収容所に入る。

失明した人々ばかりが集まる収容所では、衛生状態の悪化・収容人数の増加による食糧の不足・管理側の軍の非協力など様々な問題が起こる。そんな中、第三病棟の王を名乗る男(ガエル・ガルシア・ベルナル)が現れ、第三病棟は独裁を始め、食糧と引き換えに金目の物や女性を要求。凄惨な物語が進行していく。やがて、第三病棟の独裁に耐えきれなくなった患者たちは遂に反乱を起こす。反乱は病棟内が火災で燃えつきるほど激化し、人々は収容所の外へ出ざるを得ない状況に陥った。いつもならば、病棟の周辺を警備している兵隊の発砲があるハズなのに今回は無い。収容所の外で何かが起こった―――違和感を覚えながらも人々は歩きだす。だが、眼科医の妻の目だけは収容所の外の世界の変貌を"見て"いたのだった…

登場人物・キャスト[編集]

登場人物は、便宜上の呼称である。(この映画には人物の固有名は登場しない)
登場人物らを演じる俳優は白人、黒人、ラテン人、アジア人と多様な人種構成をしたキャスティングがされている。
唯一失明を免れた人物。失明していると偽り、夫と共に収容所へ入る。
最初に失明した男性を診察した翌朝に失明。知性と良識のある人物で、第一病棟のリーダーとなる。
最初に失明した男性と病院の待合室で同席し、失明する。コールガールと思われる。

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Blindness (2008)”. Box Office Mojo. 2011年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]