牙狼-GARO- 〜RED REQUIEM〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
牙狼〈GARO〉
〜RED REQUIEM〜
監督 雨宮慶太
脚本 江良至
雨宮慶太
出演者 小西遼生
松山メアリ
中尾彬
原紗央莉
斎藤洋介
影山ヒロノブ
時東ぁみ
倉貫匡弘
笠原紳司
江口ヒロミ
津田寛治
音楽 井上俊次
主題歌 JAM Project featuring 影山ヒロノブ
『牙狼 〜SAVIOR IN THE DARK〜 RED REQUIEM ver.』
製作会社 東北新社
配給 東北新社
ゴー・シネマ
公開 2010年10月30日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 呀〈KIBA〉 〜暗黒騎士鎧伝〜
テンプレートを表示

牙狼〈GARO〉 〜RED REQUIEM〜』(ガロ レッドレクイエム)は、2010年10月30日公開の『牙狼〈GARO〉』の3D映画。PG12指定。第23回東京国際映画祭上映作品。

概要[編集]

TVスペシャルから約4年ぶりとなる全編フルデジタル3Dのアクション映画。新宿バルト9ほか全国50スクリーンでロードショー。2D撮影を3D変換するのではなく専用フルデジタル3Dカメラでの撮影による、日本初の全編フルデジタル3D映画。生身の質感に拘ったCG表現や、目の負担にならないよう見易いフォーカスに編集した3D表現になるよう努めている。

TVシリーズを見ていない人でも楽しめるように、TVシリーズ・TVスペシャルの登場人物は、主人公の鋼牙と魔導輪ザルバを除き一切登場しない。ただしTVシリーズでヒロインを演じた肘井美佳は今作の敵であるカルマの声を特別出演という形で担当しており、クルス役の笠原紳司はTVシリーズにて別の役でゲスト出演している。

キャッチコピーは「3Dの魔界を黄金騎士が駆ける!」。

3週連続来場者先着特典として、10月30日、11月6日、11月13日以降の来場者に先着限定「劇場版GAROチェンジングカード」をプレゼント。第1週はザルババージョン。またリピーターキャンペーンとして半券2枚応募でのプレゼントも実施。10月23日には『J:COM オン デマンド』オンデマンド先行試写配信も行われた。ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第4位と好評価されている。

パンフレットは諸事情での遅れのため、11月2日(劇場によっては3日)以降の発売となった。

ストーリー[編集]

人間界へ降臨した最凶の魔獣使徒ホラ-7体の復活に対し、魔戒騎士・冴島鋼牙は殲滅の旅に出る。旅先で魔戒法師のアカザとシグト、烈花に出会う。

ゲストキャラクター[編集]

※烈花とシグトはTVシリーズ第2期『牙狼〈GARO〉 〜MAKAISENKI〜』にも登場。

魔戒法師 烈花(れっか)
穂先を収納することで横笛となる魔導筆を愛用する女魔戒法師。一人称は「オレ」。体術に優れている上、ホラーを封印する力を持っているが、女に産まれたために魔戒騎士にはなれなかった。同じ魔戒法師であるアカザ、シグトとはかつて行動を共にした仲。魔鏡ホラー・カルマを父親の仇敵として倒すため、ホラーを封印する術を学んで戻ってきた。
魔戒法師 アカザ
巨大な魔導筆を用いてホラーと戦う熟年魔戒法師。鋼牙が行き着いた港町で“あかどう”という店の店主を表の顔として活動していた。
実は妻と娘を喪った悲しみにつけこんだカルマと通じており、最終決戦でその罪を償うために命を賭ける。
魔戒法師 シグト
両端に穂先を有する魔導筆を愛用するアカザの弟子の1人。魔針盤を使ってホラーを探知する能力に優れている他、結界を張ることもできる。戦うときは、魔戒獣・号竜を操る。お調子者だが魔戒法師としての実力は備えている。
ケンギ
鋼牙が幼いときに出会った魔戒騎士。腕は確かなもので、幼き鋼牙に魔戒騎士としての志やホラーと戦う意味を教えた。
実は烈花の父親で、幼い鋼牙に出会った後、カルマに殺されていた。そして最終決戦で烈花の横笛から奏でられた英霊達への鎮魂歌によって、金色に輝く英霊となって烈花の前に姿を現した。

ホラー[編集]

魔鏡ホラー カルマ
7体存在するといわれる使徒ホラーの1体で港町に出現した。魔鏡空間と呼ばれる異空間を作ってその中に潜んでおり、人間世界に出てくることがないため、対決して倒すためにはその魔鏡空間の中に入り込まなければならない。通常のホラーと違い、人ではなくに憑依しており、陰我のある人間の欲望を鏡に映し出し、それに魅せられた人間を鏡の中に引き摺りこみ、喰らう他、陰我のある人間をホラーに化身させ、下僕にすることもできる。
鏡から鏡へ移動する能力や魔戒騎士の鎧を奪い鏡の中に閉じ込める能力、後述の魔鏡の傭兵、ワラシなど、餌食となった人間の情念から使い魔を無限に生み出す能力など、狡猾さと鏡を用いた多種多様な能力で鋼牙達を追い詰めた。
通常は紫色のドレスを着た半裸の女性の姿で魔鏡越しにクルスやシオンに指示を下すが、鋼牙と烈花に魔鏡空間に入られたときに見せた真の姿は、四肢が鏡の破片の集まりでできた全裸の巨大な女性の姿をしており、この四肢を自在に変化させ、遠近を問わず強力な攻撃を仕掛けてくる。また、鏡の破片が細長く集まったような長い舌を伸ばして攻撃する事も出来る。
最後まで圧倒的な力で牙狼と烈花を苦しめたが、最終的に自らが喰らった英霊達の力を借りた竜陣牙狼によって滅びた。
クルス
魔鏡に魅せられ、魔力を身につけた金髪の青年。カルマに服従しており、シオンと行動を共にしている。左肩の触手と尻尾を武器とするホラーの姿にも化身できる。
元は来栖 謙一(くるす けんいち)という名の人間の画家で、若くして死別した恋人・詩音を追い求めるあまり、モデルを務めた女性を「詩音じゃない」という理由で次々と殺害していた。その愛する人を失った心の悲しみをカルマに付け込まれ下僕となった。シオンが倒された後、本来の老人の姿に戻って鋼牙を襲ったが、鎧を取り戻した鋼牙の返り討ちにされ、鏡の破片になって消滅した。
シオン
クルスと行動を共にしている謎の女。その正体はクルスが人間だった頃に失った恋人の詩音をホラーとして復活させた存在。右肩の部分から白い翼を生やし、淡く発光する羽毛のようなものに包まれた姿にも化身することができる。烈花に敗れ、クルスの腕の中で消滅した。
魔鏡の傭兵
カルマの餌食となった人間たちの憎悪の思念の化身たる使い魔の一種とされる黒衣の傭兵。闇と同様の存在で、いくら倒してもカルマの邪気から次々に生まれ出てくる。
ワラシ
謎の少女。アカザはカルマの餌食となった人間たちの悲しき思念の化身であろうと推測した。カルマの先兵として、人間を鏡の世界へ誘う他、鋼牙達を分断・撹乱する役目も果たした。
バウル
序盤で烈花たち魔戒法師に正体を見破られ、対峙するホラー。べビルに従う母親役のホラーで、べビルが擬態した赤ん坊をベビーカーに乗せた女に憑依していた。素体ホラーと同様に見えるが、体色が白いほか、角の形状にも若干の違いがある。アカザとシグトを窮地に追いやるが、駆け付けた烈花に圧倒されて封印された。
魔塔ホラー べビル
鋼鉄の体を持つ、使徒ホラーの一体で、ホラー喰いのホラーと称される。巨大な猛牛のような姿をしている。何に憑依したかなど詳細は不明。
赤ん坊に擬態し、母親役のホラーを従えて行動しており、最悪の場合はその母親役を捕食している。鈍重ではあるが強大なパワーと強固な皮膚を持っており、頭部の巨大なギロチンを武器とするが、同時にそのギロチンが弱点でもある。
バウルが倒された後、正体を現して鋼牙に襲い掛かるが、鋼牙の力の前に圧倒され、最期は頭部を真っ二つにされて消滅した。

関連用語[編集]

使徒ホラー
人間界に降臨した魔獣ホラーの中でも最凶と呼ばれる7体のホラーの総称。7つのエレメントに罠を張り、高度な知能と能力を駆使して人間を襲う。幾人もの魔戒騎士・魔戒法師が戦いを挑んできたが、その強大な力の前に敗れ去っている。
カルマ、べビル以外の5体は劇中未登場だが、設定は存在しており、以下の通りである。
魔塵ホラー ダロダ
全身が微粒子の集合体。地上にある砂や埃を集結させる事により、幾らでも体積を増やせる。
魔雷ホラー バクギ
雷鳴の如き速さで移動する。古の時代は雷と共に出現していたが、現代では電気を伝ってどこにでも出現する。
魔紙ホラー パルク
自らが持つ魔紙に描いたものを実体化させ、それを用いた罠を張り巡らせる。
魔針ホラー ニドル
特殊な針を打ち込む事により、他の生物を操れる。人間を利用し人間を集めて捕食する。
魔音ホラー ユニゾ
美しい歌声を奏で、人間に心地良い幻覚を見せて捕食する。その声に反して姿は醜い。
この5体の内、2体が『RED REQUIEM』開始までに倒されており、残りの3体もエンディング後から『MAKAISENKI』までの間に倒されている。
号竜
シグトの操る魔戒獣。全長1メートル程度。箱形から上部にあるハンドルを回転させる事によって変形する。意思を持っており、簡単な動きは勝手に行うが、魔導筆を用いて魔戒法師が操作することで真価を発揮する。口から魔導火の火球を放つ。
鳴札
魔戒法師の使う魔導火発生装置で魔導具のひとつ。中央の部分が息を吹きかける事で回転、魔導火を発生させ、その炎を瞳に写すことで人間に憑依したホラーを見破る他、他の魔戒騎士・魔戒法師と連絡を取り合ったり、魔戒法師の術を破るといった使い方ができる。他にも『MAKAISENKI』では、ホラーを誘い出すために人の血を魔導火に乗せて送るといった使い方がされた。
魔針盤
魔戒法師が使う魔導具のひとつ。盤面に水を張り、魔導筆を用いて一定の動作を行うと、ホラーの位置を察知し空間に表示する。いわばレーダーの様なもの。
魔界竜の稚魚
烈花が魔導筆で放つ魔界の生物。金魚の様な体とのような頭部が特徴。烈花はこの稚魚を魔導筆で大量に操り、ホラーを封印する術を使う他、ホラーの居場所や動向を探ることも出来る。烈花は物語の最後にこの稚魚の一匹を絆の証として鋼牙に送り、ザルバが勝手に「カオル」と名付けた。
ルビスの魔剣
ホラーの牙で作られた短剣。カルマと対決する際に使用。本来カルマの潜む魔鏡の世界へ入るためには、魔鏡の前で死ななければならないが、この短剣を魔鏡に突き刺すことで魔鏡の世界の結界が開き、生きたまま魔鏡空間に飛び込むことができる。ただし、元の世界に戻る力はない為、脱出するためにはカルマを倒さなければならない。
竜陣牙狼
烈花の横笛から奏でられた英霊達への鎮魂歌によって、カルマの餌食になった英霊達の力を得た牙狼の鎧が変化した奇跡の姿。背部に背負った竜のオブジェと竜の形状をした長い尾と炎の形状に変化した金色に輝く牙狼剣が特徴。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

※本作エンディングの最後にはオムニバス・ジャパンの社長であった山下欽也氏(2010年5月20日逝去)へ捧ぐ、との記がある。

主題歌[編集]

  • エンディングテーマ『牙狼 〜SAVIOR IN THE DARK〜 RED REQUIEM ver.』
歌 - JAM Project featuring 影山ヒロノブ / 作詞・作曲 - 影山ヒロノブ

パチンコ[編集]

2010年12月に映画の演出も追加したパチンコシリーズ第3弾『CR牙狼 〜RED REQUIEM〜』が導入。

脚注[編集]

外部リンク[編集]