武田耕雲斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武田耕雲斎
Takeda kounsai.jpg
武田耕雲斎像(敦賀市
通称: 彦九郎
生年: 1803年
生地: 常陸国水戸
没年: 1865年2月4日
没地: 越前国敦賀
活動: 倒幕
藩: 水戸藩
所属: 天狗党
廟: 妙雲寺

武田 耕雲斎(たけだ こううんさい、享和3年(1803年)- 元治2年2月4日1865年3月1日))は、幕末の人。水戸藩天狗党の首領。名は正生。通称は彦九郎。号は如雲。位階贈正四位。官位は伊賀守松原神社 (敦賀市)祭神靖国神社合祀[1]

家系[編集]

武田耕雲斎の家系清和源氏のひとつ、河内源氏の傍系で甲斐守護・武田氏の下で守護代を世襲した跡部氏である。跡部氏はもともと武田氏と同じ甲斐源氏であるが、祖は武田氏とは別流の小笠原氏であった。しかし、姻戚関係によるつながりのためか、耕雲斎は武田信玄の末裔を称して武田姓に改めた。祖先の跡部勝資が『甲陽軍鑑』において「奸臣」とされていた為、この家名を嫌ったことから藩主斉昭の許しを得て武田姓への「復姓」(改姓)をしたという。

経歴[編集]

水戸藩士・跡部正続の子として生まれ、跡部正房(跡部家の宗家・300石)の養嗣子となった。文化14年(1817年)、家督を継ぐと同時に武田氏に改姓。戸田忠太夫藤田東湖と並び水戸の三田と称される。

徳川斉昭の藩主擁立に尽力した功績などから、天保11年(1840年)には参政に任じられ、水戸藩の藩政に参与した。しかし弘化元年(1844年)、斉昭が幕府から隠居謹慎処分を命じられると、これに猛反対したため、耕雲斎も連座で謹慎となった。嘉永2年(1849年)、斉昭の復帰に伴って再び藩政に参与し、安政3年(1856年)には執政に任じられた。そして、斉昭の尊皇攘夷運動を支持し、斉昭の藩政を支えた。

しかし万延元年(1860年)、斉昭が病死すると水戸藩内は混乱を極め、耕雲斎も藩政から遠ざけられた。耕雲斎は斉昭死後の混乱を収拾しようと各派閥の調整に当たったが、混乱は収まらなかったばかりか、慶応元年(1864年)には藤田小四郎(藤田東湖の四男)が天狗党を率いて挙兵してしまう。耕雲斎は小四郎に早まった行動であると諌めたが、小四郎は斉昭時代の功臣である耕雲斎に天狗党の首領になってくれるように要請する。耕雲斎は初め拒絶していたが、小四郎の熱望に負けて止む無く首領となった。

天狗党は、斉昭の子で当時は京都にいた徳川慶喜を新たな水戸藩主に据えることを目的としていた。そして、800名の将兵を率いて中山道を進軍したが、敦賀(越前国新保)で幕府軍の追討を受けて降伏した。降伏すると、簡単な取調べを受けた後、小四郎と共に斬首された。享年63。その後、妻・2人の子・3人の孫も斬り殺された。

耕雲斎は斉昭の影響を強く受けた尊皇攘夷派であったが、過激な攘夷には消極的だった。天狗党の首領とされた時、彼は既に死を覚悟していたらしい。

墓所は水戸市所在の妙雲寺。

家族[編集]

  • 武田延子 耕雲斎の人見姓慶応元年(1865年)3月25日水戸斬首。享年40。靖国神社合祀[1]
  • 武田彦衛門 耕雲斎の長男。水戸藩士。500石。書院番頭。諱は正勝。元治元年(1864年)、小川勢を率い転戦し、10月、自首した榊原新左衛門と離れて西上し、慶応元年(1865年)2月4日、越前国敦賀で斬首となる。贈従四位。享年44。敦賀松原と水戸に墓、また靖国神社合祀[1]
  • 武田幾子 彦衛門の妻。藤田東湖の女。藤田氏。慶応元年(1865年)9月24日、水戸獄中で絶食して死す。享年43。靖国神社合祀[1]
  • 武田孫三郎 彦衛門三男。慶応元年(1865年)3月25日、水戸で斬首。靖国神社合祀[1]
  • 武田金四郎 慶応元年(1865年)3月25日、水戸で斬首。靖国神社合祀[2]
  • 武田とし 彦衛門の娘。慶応元年(1865年)3月25日、水戸で斬首。享年11。靖国神社合祀[2]
  • 武田熊五郎 彦衛門の五男。慶応元年(1865年)3月25日、水戸で斬首。靖国神社合祀[2]
  • 武田魁介 耕雲斎次男。諱は正義。弘化(1844年1847年)以来国事に尽し、元治元年(1864年)、大挙して江戸に赴き、8月、那珂湊にて合戦、そのまま西上し、慶応元年(1865年)2月4日、越前国敦賀で捕らわれ斬首となる。贈従四位。靖国神社合祀[2]
  • 武田桃丸 耕雲斎の六男。慶応元年(1865年)3月25日、水戸で斬首。享年9。靖国神社合祀[2]
  • 武田金吾 耕雲斎の七男。慶応元年(1865年)3月25日、水戸で斬首。享年3。靖国神社合祀[2]
  • 阿久津梅 耕雲斎の妾。慶応元年(1865年)3月25日、水戸で斬首。靖国神社合祀[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 明石鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社、1986年)334頁参照。
  2. ^ a b c d e f g 明石鉄男前掲書(新人物往来社、1986年)334頁参照。

参照文献[編集]

  • 明石鉄男編『幕末維新全殉難者名鑑1』(新人物往来社、1986年)ISBN 4404013353

関連項目[編集]

外部リンク[編集]