ケラケラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケラケラ
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都調布市(MEME)・大阪府和泉市(ふるっぺ・森さん)
ジャンル J-POP
活動期間 2013年 -
レーベル ユニバーサルシグマ2013年 - )
事務所 Lastrum
公式サイト ケラケラ official web site
メンバー
MEME (ボーカル
ふるっぺ (ベースコーラス
森さん (ドラムス・コーラス)

ケラケラは、日本3人組音楽ユニット。所属レーベルはユニバーサルシグマ。所属芸能事務所はLastrum。

概要[編集]

東京都調布市出身の紅一点のボーカルMEMEと、共に大阪府和泉市出身で幼馴染であるベースのふるっぺとドラムの森さんという3人のメンバーで構成されたスリーピース・ユニット[1][2]

ふるっぺと森さんの2人は、ケラケラの前に4人組青春パンクバンド「HUNGRY DAYS」のメンバーとして2003年にYAMAHA主催のTEENS' MUSIC FESTIVALにて全国優勝、2004年の高校在学時に東芝EMIからメジャーデビューしている[1]。しかしバンドは解散。その後、俳優としての活動やインディーズバンドのサポートメンバー等のライブ活動を続けていた[3]

2010年2月、ふるっぺと森さんはSNSサイト「mixi」のコミュニティの掲示板でメンバーを募集[3]。「バンドメンバー募集(東京近郊)」の項目に「格好良くて可愛いボーカル探してます」などと書き込んだ。延べ50人以上と面接、都内のカラオケボックスで歌ってもらい、理想とする声を探し続けた[2]。同年6月、ボーカルを目指してレッスンを受けていたMEMEが、掲示板を見て2人に連絡してくる。半信半疑ながらデモ音源を2人に聴かせたMEMEは東京・渋谷のマクドナルドで初対面。彼女の明るい性格や笑顔、まっすぐで抜けの良い声質に惚れた2人は「この子しかいない」と即決し、3人で活動を開始した[2][4]

2011年2月、のちにシングルとしてリリースする「友達のフリ」という曲をYouTubeに投稿したのをきっかけに、“ケラケラ”というバンド名を決めて、本格的に活動を開始した[5]

ユニット名の由来は、MEMEの引き込まれる歌声と明るくにこにこした笑顔[1][4]。ボーカルの印象からバンド名をつける方がわかりやすいと思い、ふるっぺが命名した[6]。MEMEがいつもケラケラ明るく笑っていることに加え、自分たちの音楽を通して少しでも笑顔を共有したいという想いもバンド名には込められている[5]

略歴[編集]

結成[編集]

2010年、「ミクシィ」での出会いをきっかけに3人で音楽活動を始める[2]

2011年2月、YouTubeへ初めて楽曲を投稿したのを機に、「ケラケラ」という名前で正式にユニットを結成する[4]首都圏での路上ライブを中心に活動する中、CD流通や楽曲配信さえしていない状況で、口コミだけでYouTubeに投稿した「友達のフリ」など3曲の楽曲の再生回数がアマチュアとしては異例の130万回超を記録する[1][2][4][7]

メジャーデビュー[編集]

2013年
  • 1月31日、2013年ニッポン放送2月度優秀新人に選出される[8]
  • 2月27日、1stシングル「さよなら大好きだったよ」を発売し、ユニバーサルシグマよりメジャーデビューを果たす[2]。同日、MEMEの出身地である東京・調布市の全面サポートにより、メジャーデビューアーティスト史上最速となる味の素スタジアムでのワンマンライブを成功させる[9][10]
  • 4月27日、東京・原宿アストロホールにて初のワンマンライブを開催した[11]
  • 5月15日、2ndシングル「スターラブレイション」発売。4月スタートのフジテレビのドラマ『ラスト♡シンデレラ』の主題歌に抜擢された[7]
  • 7月1日、レコチョク2013年上半期新人アーティストランキング 「着うた(R)」部門と、ダウンロード(シングル)部門にて1位を獲得[12]
  • 7月8日、2013年6月度レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞ダウンロード(シングル)部門にて1位を獲得[13]。また、iTunes総合チャートでも1位を獲得。
  • 9月18日、ケラケラ結成のきっかけになった「友達のフリ」を3rdシングルとしてリリース。USEN総合チャートで1位を記録する[1]
  • 10月23日、ファーストアルバム「ケラケライフ」をリリース[1]

2014年

メンバー[編集]

MEME(メメ)
ボーカル担当。
1986年7月17日生まれ、東京都調布市出身[2][3][9]血液型B型[3]
白菊幼稚園(調布市つつじが丘)〜調布市立第一小学校〜調布中学校〜都立神代高校卒業と、生まれも育ちも生粋の“調布っ子”[9]
初めて買ったCDはSPEEDの「Go! Go! Heaven」。小さいときから歌うのが好きで、SPEEDみたいになりたいと思っていた[6]
昔からSPEEDや椎名林檎が好きで、ずっと歌手になりたかったがきっかけがつかめず、吹奏楽をやっていた[5][6]。初めて歌うようになったのは大学軽音楽サークル。それから大学でずっとコピーなどをやっていた。就職活動の時期になって「やっぱり音楽をやりたい」と思い、mixiを通じてバンドを組んでみたりしたが、うまくいかなかった。最終的にはソロでやろうと思い、大学も休学して本格的に音楽スクールに通って曲作りやギターの弾き語りなどを始めていた。そんな時に偶然、mixiのふるっぺと森さんの書き込みを見つけて二人の音源を聴き、ピンときて連絡をした[5][6]
DREAMS COME TRUE吉田美和のように、長年愛されるボーカリストになりたいという[12]
ふるっぺ
ベースコーラス担当。バンドのリーダー[3]
1986年10月7日生まれ、大阪府和泉市出身[2][3]血液型B型[3]
ケラケラの楽曲のほとんどを制作している[3]
初めて買ったCDはKinKi Kidsの「硝子の少年」。長年愛用するベースはリッケンバッカー。
森さん
ドラムス・コーラス担当。
1986年8月14日生まれ、大阪府和泉市出身[2][3]血液型AB型[3]
音楽活動の傍らで俳優・声優活動や小説の執筆活動もしており、書いた小説が出版社の大賞を受賞したり、俳優として映画に主演したりと多才[3]。2005年に公開されたバンドを題材にした映画「ビート・キッズ」(松竹系)では、ヒロインの相武紗季と恋に落ちる役どころを演じた[2][3]
初めて買ったCDは、父親が大好きだったというSHAZNAの「すみれ September Love[6]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

リリース タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
1st 2013年2月27日 さよなら大好きだったよ CD UMCK-5423 57位
2nd 2013年5月15日 スターラブレイション CD UMCK-5433 30位
3rd 2013年9月18日 友達のフリ CD UMCK-5441 30位
4th 2014年1月29日 ひとつだけ CD UMCK-5457 38位
5th 2014年10月8日 ケラケラじゃんけん/STATION CD+グッズ UMCK-9707(初回盤) 33位
CD UMCK-5496(通常盤)

アルバム[編集]

インディーズ・アルバム[編集]

リリース日 タイトル 収録曲
1st 2011年 MADE IN KERAKERA

(アマチュア時代の音源。現在は廃盤となっている。)

M-1.恋花火
M-2.友達のフリ
M-3.ナミダフレンズ
M-4.ドラマチック
M-5.戻らない恋
M-6.いつの日か晴れるから

オリジナルアルバム[編集]

リリース タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
1st 2013年10月23日 ケラケライフ CD+DVD UMCK-9638(初回盤) 20位
CD UMCK-1461(通常盤)
2nd 2014年10月29日 ケラケランド CD+DVD UMCK-9706(初回盤) 50位
CD UMCK-1497(通常盤)

ミニアルバム[編集]

リリース タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
1st 2014年4月16日 ケラケラリアット CD+DVD UMCK-9664(初回盤) 19位
CD UMCK-1477(通常盤)

参加作品[編集]

作品 発売日
(レーベル)
規格 参加曲
アオハライド “MUSIC RIDE” 2014年12月10日発売
エピックレコードジャパン
CD 友達のフリ

ライブ[編集]

日程
公演日 会場
2013年4月27日 原宿アストロホール(東京)

出演イベント[編集]

  • 2012年07月10日 - wacci,ケラケラ,吉田健児 -WAとYOとKE
  • 2012年08月09日 - a-nation musicweek Asia Progress
  • 2012年10月14日 - MINAMI WHEEL 2012
  • 2013年03月17日 - HAPPY JACK 2013
  • 2013年06月08日 - SAKAE SP-RING 2013
  • 2013年06月23日 - ライブ行こうぜ!! Vol.2
  • 2013年07月20日 - お台場合衆国2013めざましライブ
  • 2013年07月24日 - POWERFUL ENERGY FEVER!!~SPECIAL~
  • 2013年08月12日 - ZIP!夏フェス
  • 2013年08月13日 - GIRLS ON THE BEACH 2013
  • 2013年08月31日 - a-nation stadium fes.
  • 2013年09月01日 - SOUND MARINA '13
  • 2013年09月07日,15日,22日 - 7!!のうぷぷな日~みんなでイーヤーサーサー(ハーイーヤー)~
  • 2013年09月14日 - UNIVERSAL SIGMA 10TH ANNIVERSARY SIGMA FES. 2013 ~U-EXPRESS LIVE AUTUMN~
  • 2013年09月16日 - FM FUKUI BEAT PHOENIX 2013
  • 2013年09月28日 - 若草山 MUSIC FESTIVAL 2013
  • 2013年12月01日 - ケラケラ×CHEESE CAKE Special LIVE in Fukuoka
  • 2013年12月22日 - FM AICHI presents「STAND UP!」
  • 2013年12月23日 - MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE 2013
  • 2014年02月15日 - LIVE SDD 2014
  • 2014年02月22日 - <7!!のうぷぷなツアー2014~10周年だョ!どぅまんぎた!!~>
  • 2014年02月23日 - Live Emotion 2014
  • 2014年02月25日 - Love in Action ご当地大作戦 in 札幌
  • 2014年03月04日 - MTV LIVE 2014 supported by SHIDAX with LIVE DAM
  • 2014年03月16日 - HAPPY JACK 2014
  • 2014年03月21日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM
  • 2014年03月22日 - MUSIC CUBE 14
  • 2014年03月27日 - ZIP!春フェス 2014
  • 2014年06月12日 - LOVE in Action Meeting
  • 2014年07月19日 - JOIN ALIVE 2014
  • 2014年08月03日 - UMI-POP'14×TAKENOKO!!!
  • 2014年08月10日 - TREASURE05X 2014 ~stellar evolution~
  • 2014年10月04日 - 21st ANNIVERSARY ZIP AUTUMN SQUARE

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
伊江なつき ひとつだけ
スターラブレイション」「友達のフリ
福居英晃 さよなら大好きだったよ
山本圭一 MAKE UP
不明 虹色ハートビート

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ
さよなら大好きだったよ TBS系『CDTV』2月度エンディングテーマ
CBCテレビやすだの歩き方』1・2月エンディングテーマ
九州朝日放送『V3』2月度オープニングテーマ
スターラブレイション フジテレビ系 木曜劇場『ラスト♡シンデレラ』主題歌
九州朝日放送『ドォーモ』5月度エンディングテーマ
北海道文化放送タカトシ牧場』5月度エンディングテーマ
フジテレビ『魁!音楽番付 EIGHT』5月度オープニングアクト
テレビ埼玉ごごたま』5月度エンディングテーマ
テレビ埼玉『Weather & Music』5月度テーマソング
テレビ埼玉『V-Clips』ウィークリーパワープレイ(5/14 - 17)
千葉テレビONGAX』5月度エンディングテーマ
中京テレビPS三世』5月度エンディングテーマ
テレビ愛知a-ha-n』5月度パワープレイ
MBSロケみつ ザ・ワールド』5月度エンディングテーマ(TBS含む全国11局ネット)
読売テレビ音楽のチカラ』5月度エンディングテーマ
山陽放送ユタンポ』5月度エンディングテーマ
RKB毎日放送チャートバスターズR!』5月度エンディングテーマ
熊本朝日放送5ch』5月度エンディングテーマ
熊本放送サウンドステディ』オープニングテーマ
鹿児島読売テレビAMP』5月度オープニングテーマ
マシュマロ テレビ東京系アニメ『LINE TOWN』エンディングテーマ(2014年1月8日 - 3月26日)
キミと、ずっと。 北海道文化放送ステーションテーマソング(2014年 - )

出演[編集]

ラジオ[編集]

関連項目[編集]

  • HUNGRY DAYS - ふるっぺ・森さんがかつて所属していたバンド

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f はじめまして PROFILE”. ケラケラ オフィシャルウェブサイト. 2013年9月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j ミクシィで結成 ポストいきものがかり「ケラケラ」メジャーデビュー”. スポーツニッポン. 2013年1月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l ケラケラ - BIOGRAPHY”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2013年9月22日閲覧。
  4. ^ a b c d ユーチューブで大注目の「ケラケラ」 口コミで再生130万回”. スポーツニッポン. 2013年1月21日閲覧。
  5. ^ a b c d ケラケラ (2013年9月20日). Vol.109 Interview ケラケラ - 一緒に泣いて、たくさんの笑顔を共有したい. インタビュアー:清水素子. okmusic UP's.. http://okmusic.jp/#!/ups/interviews/1897 2013年9月22日閲覧。 
  6. ^ a b c d e ケラケラ. ケラケラ特集 ケラケラ 「スターラブレイション」発売記念インタビュー~いつも隣にいる“親友”ケラケラ~(2). インタビュアー:有本和貴. BIGLOBE MUSIC.. http://music.biglobe.ne.jp/special/kera2/201306-2.html 2013年9月22日閲覧。 
  7. ^ a b 篠原ドラマ主題歌にケラケラ「笑顔を届ける」”. サンケイスポーツ (2013年3月31日). 2013年9月22日閲覧。
  8. ^ ケラケラニュース INFORMATION”. ケラケラ オフィシャルウェブサイト. 2013年9月22日閲覧。
  9. ^ a b c 話題の3ピースユニット「ケラケラ」メジャーデビュー日に味の素スタジアム史上最速ワンマンライブ実施!?”. mFound (2013年2月16日). 2013年9月22日閲覧。
  10. ^ ケラケラ、味スタで50人限定ライブ 「5年後には5万人に」”. ORICON STYLE (2013年2月28日). 2013年9月22日閲覧。
  11. ^ 「夢みたい!」ケラケラ、初ワンマンで300人前に熱演”. ナタリー (2013年5月1日). 2013年9月22日閲覧。
  12. ^ a b ケラケラが初戴冠 レコチョク上半期新人アーティスト シングル部門1位 ニュース”. ORICON STYLE (2013年7月1日). 2013年9月22日閲覧。
  13. ^ レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞6月度を発表!ケラケラが「ダウンロード(シングル)」1位を獲得!|株式会社レコチョクのプレスリリース”. レコチョク (2013年7月8日). 2013年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]