若嶋津六夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
若嶋津 六夫 Sumo pictogram.svg
Wakashimazu 2010.JPG
基礎情報
四股名 日高 六男→若島津 六男→若嶋津 六夫
本名 日高 六男
愛称 ワリバシ、南海の黒豹
生年月日 1957年1月12日(57歳)
出身 鹿児島県熊毛郡中種子町種子島
身長 188cm
体重 122kg
BMI 34.52
所属部屋 二子山部屋
得意技 左四つ、寄り、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 大関
生涯戦歴 515勝330敗21休(75場所)
幕内戦歴 356勝219敗13休(40場所)
優勝 幕内最高優勝2回
十両優勝1回
序ノ口優勝1回
敢闘賞2回
技能賞3回
データ
初土俵 1975年3月場所
入幕 1981年1月場所
引退 1987年7月場所
引退後 年寄・松ヶ根
備考
金星2個(北の湖2個)
2013年8月25日現在

若嶋津 六夫(わかしまづ むつお、1957年1月12日 - )は、鹿児島県熊毛郡中種子町種子島)出身で二子山部屋所属の元大相撲力士。最高位は東大関。身長188cm、体重122kg。本名は日高六男(ひだか むつお)。現在は年寄松ヶ根

夫人は、自身と同じ鹿児島県出身の元アイドル歌手だった高田みづえ(若嶋津が幕内に昇進した頃に雑誌のインタビューで「理想の女性は」と聞かれてみづえ夫人の名を出していた。それから4年ほど後に実際に結婚することとなる)。南国出身の精悍な顔立ちで、「南海の黒豹(クロヒョウ)」の異名で呼ばれ、当時人気だった少年漫画『キャプテン翼』の登場人物の名前にも起用されるなど、人気の高い力士だった。

来歴[編集]

名前の通り六男として生まれた。実家の農作業を手伝ううちに身体も鍛えられ、鹿児島商工高等学校(現樟南高等学校)時代に水泳マラソン、そして相撲で頭角をあらわす。鹿児島市立甲南中学校では歌手の長渕剛と同級生であった。

入門~大関昇進まで[編集]

1975年昭和50年)3月場所、初代若乃花の二子山部屋から本名の日高初土俵。同期生には同部屋の太寿山、後の大関霧島、井筒3兄弟の長男鶴嶺山がいた。 この場所、部屋の先輩にあたる大関貴ノ花の幕内優勝を目撃し、力士としては軽量になる自分と重ね合わせた。

初土俵から丸5年の1980年(昭和55年)3月場所に新十両。このとき、四股名若島津に改める。学生出身力士のまだまだ少なかった当時、「高校出は大成しない」と言われながらも、十両を5場所で通過し1981年(昭和56年)1月新入幕。10勝5敗の成績をあげて敢闘賞を受賞する。

1982年(昭和57年)1月場所で西前頭4枚目で横綱北の湖から初金星を獲得、翌3月場所でも北の湖から2場所連続で金星を獲得するなど12勝3敗の成績を挙げ技能賞を受賞。5月場所では小結を飛び越えて関脇昇進。同7月に一度小結に落ちたが10勝を挙げ関脇に復帰、同9月場所と11月場所で2場所連続で12勝3敗の好成績をあげ、大関昇進の目安となる直近3場所合計34勝として1983年(昭和58年)1月場所で大関に昇進。

大関昇進後~横綱を逸する[編集]

1983年9月場所より四股名を若島津六男から若嶋津六夫に改名する。大関昇進後はほぼ安定して10勝前後をあげ、次の横綱は若嶋津を推す声も日に日に強くなっていた。1984年(昭和59年)3月場所は14勝1敗で初優勝。初の綱取りとなった翌5月場所は9勝6敗に終わるが、7月場所では15戦全勝で2度目の幕内優勝を果たす。2度目の綱取りだった同年9月場所では、若嶋津も終盤まで優勝争いに加わったが、平幕ながら千秋楽まで優勝争いに絡んでいた小錦と、多賀竜にそれぞれ敗れたのが大きく響き、結局11勝4敗に終わり連続優勝と綱取りを惜しくも逸した。11月場所も11勝4敗だったが、同1984年の年6場所の成績は71勝19敗を挙げ、自身唯一の年間最多勝を獲得した。

1985年(昭和60年)2月、当時アイドル歌手だった高田みづえとの婚約を発表し、その席で高田は同時に芸能界引退を表明。婚約直後の3月場所では、千秋楽まで優勝争いに絡んだものの、同大関の朝潮との12勝2敗同士の相星決戦で敗れ、3度目の幕内優勝は果たせなかった。5月場所は3度目の横綱挑戦だったが、横綱千代の富士には勝利したものの10勝5敗に終わり失敗、さらにこれが自身最後の2ケタ勝ち星となった。7月場所は7日目の大錦戦で左の肩と肘を捻挫して途中休場。その後は千秋楽まで優勝争いに加わることは無くなり、横綱へのチャンスは二度と巡ってこなかった。

成績不振~現役引退[編集]

初の大関角番となった翌9月場所は、体調が万全では無かったものの9勝6敗となんとか勝ち越して角番を脱出。その9月場所直後の9月27日、みづえ夫人と結婚披露宴を挙げた。結婚を機に復活をと行きたいところだったが、次の11月場所は3勝12敗と全盛期を知る者には信じられない無残な成績を残す。ちなみに大関での皆勤場所12敗は、1980年11月場所の増位山以来の当時のワーストタイ記録だった[1]

1986年1月場所は8勝7敗でギリギリ勝ち越したものの、翌3月場所は千秋楽に敗れて7勝8敗と皆勤負け越し。それ以降もケガや内臓の病気、糖尿病の発症により、勝ち越しても1ケタ勝ち星(8・9勝)に終わる苦しい土俵が続いていた。

1986年11月場所は10日目まで2敗を守り久々に優勝争いを演じるが、終盤5連敗を喫し結局は8勝7敗に終わる。1987年1月場所は10日目から6連敗で5勝10敗と負け越し。4度目の角番だった3月場所は8勝7敗と再度角番を脱するも、これが現役最後に勝ち越した場所となった。翌5月場所は12日目で4勝8敗と負け越しが決まり、さらにケガの悪化のため13日目から途中休場。自身5度目の大関角番となった翌7月場所は、初日に起利錦、2日目に益荒雄と良い所無く2連敗、翌3日目に現役引退を表明した。結局、新弟子当時「ワリバシ」とあだ名された軽量と、高校相撲時代に身についてしまった下手投げ主体の取り口が最後まで祟る格好となった。

引退後[編集]

引退後は年寄・松ヶ根を襲名し、二子山部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたった。1988年(昭和63年)1月に行われた引退相撲では特別企画として当時入門直前だった花田勝(後の横綱・3代目若乃花)と花田光司(後の横綱・2代目貴乃花)との稽古が行われた。この引退相撲の時には既に体重は100Kgを下回っていた。その後、1990年(平成2年)2月に二子山部屋から独立して松ヶ根部屋を設立した。これまでに幕内力士として若光翔若孜(中尾)春ノ山松鳳山を輩出している。

本場所開催中はスポーツニッポンに解説「黒豹が斬る」を連載している。

2010年(平成22年)7月には、暴力団関係者の男性から借りたビルを20年前から春場所中の宿舎に使っていることが判明した。さらに大相撲野球賭博問題に関して同年6月に2度にわたって行われた調査の際に、松ヶ根部屋の所属力士である松谷らが野球賭博の一件を申告せずに隠していたことが明らかとなり、これらが原因で委員から平年寄へ降格することになった。

2012年(平成24年)2月より日本相撲協会副理事となり、審判部副部長を経て現在は巡業部副部長を務めている。2014年1月31日の理事選挙に当選し、初めて理事に就任する運びとなった。[2]

エピソード[編集]

昭和59年9月場所[編集]

  • この場所は平幕ながら優勝争いは13日目の時点で1敗で多賀竜が先頭に立ち、2敗で若嶋津と小錦が追う展開となっていた。本来であれば14日目に若嶋津は横綱千代の富士と対戦するはずだったが、2人の平幕力士が優勝争いをしていたことで当時の審判部を悩ませた。その理由として、以下の5点が挙げられた:
    • 平幕で優勝争いをしている力士は、番付の位置に関係なく大関以上との対戦が必要だった。
    • 若嶋津が優勝した3月場所と7月場所は、千代の富士が休場しており対戦がなかった。その間の5月場所では若嶋津は千代の富士に完敗している。従って千代の富士対若嶋津の対戦は若嶋津の横綱昇進を判断する上でも必要だった。
    • 若嶋津は小錦に敗れており、優勝争いの点でも1敗の多賀竜との対戦は必要だった。
    • 小錦は横綱隆の里を下しており、優勝争いを考えると千代の富士戦は必要だった。
    • 千秋楽の横綱対決(隆の里対千代の富士)は外すことができない。
※結局14日目に組まれた割は多賀竜対若嶋津と、小錦対千代の富士であった。千秋楽結びの一番は隆の里対千代の富士が組まれたことによって若嶋津にとって唯一の対横綱戦である千代の富士戦がなくなってしまった。これにより横綱昇進を判断する材料を協会自ら消したのではないかと、相撲協会の取組編成のやり方が当時問題視されたが、結果的に若嶋津は多賀竜に敗れて3敗となり、優勝も横綱昇進も逃した。

対戦[編集]

  • 横綱北の湖とは、北の湖が引退間際の時期であったこともあって、対戦成績で8勝6敗と優位に立っていた。その他朝潮には20勝13敗と対戦成績で勝ち越し、ライバル視されていた北天佑とは16勝15敗とほぼ互角だった。
  • 反面、千代の富士には全く相性が悪く、通算で3勝25敗と一方的だったが、1985年3月場所では、若嶋津と星1つの差で追う千代の富士を左四つがっぷりの力相撲の末、下手投げで倒し、館内は大騒ぎであった。若嶋津本人も生涯最高の相撲と自賛するほどで、大相撲史上に残る大熱戦だった。続く5月場所でも、千代の富士の優勝決定後の対戦ではあったが、前場所同様に左四つ右上手の体勢に持ち込んで寄り切りで連勝、千代の富士に両国国技館での初黒星をつけた。
  • その他、上位勢では琴風には7勝16敗と苦手にしており、千代の富士と琴風に対する分の悪さが横綱昇進を遠ざけたという声も少なくない。もともと痩せ型で、大関昇進後も「もっと胸を厚くしないと四つに組んだときに不利」と親方から言われていたが、思うように体重が増えず、大乃国や小錦のような大型力士には自分十分の四つに組んでも分が悪かった。
  • 関脇以下では怪力を誇った出羽の花も14勝15敗と苦手としていた。糖尿病で足腰の粘りが無くなってくるとカモにしていた旭富士にも分が悪くなった。カモにしていたころは旭富士の突っ張りにも動じず上手く組みとめていたが、晩年は旭富士の突っ張りに簡単に土俵を割ることが多くなった。また引退直前には益荒雄に初顔から4連敗している。

同期生・太寿山[編集]

  • 同期で同部屋だった太寿山とは先を争うようによく稽古していたという。若嶋津と言えばライバルは北天佑と言われ、北天佑も若嶋津をライバル視していたとされるが、若嶋津本人は「俺のライバルはずっと太寿山だった」と語っている。
  • 新弟子の頃、親方や兄弟子よりも怖かったのが地震だったという。夜中に地震があると、当時枕を並べていた太寿山にしがみついたことがしばしばあったという。
  • ある時、焼肉屋で太寿山が16人前を平らげたのに対抗して、若嶋津も12人前と丼飯3杯・冷麺1杯・アイスクリームを無理に胃に詰め込んだが、店を出た途端に全部吐き戻してしまい、「俺、もう普通の人になりたいよ」とこぼしたという。若嶋津が普段から軽量に悩み、力士に必要な体重の増量に苦労していたことを物語る逸話である。

その他[編集]

  • 最高位が大関で引退した力士で年間最多勝に輝いたのは、若嶋津と霧島の2人のみであるが、奇遇にも若嶋津と霧島は同郷の鹿児島県出身で、初土俵も同じ1975年3月場所だった(学年は若嶋津が3年上)。その霧島との幕内での初対戦は1984年7月場所14日目、前日若嶋津は13戦全勝で2度目の優勝を決めた翌日に実現した。この取り組みは若嶋津が送り出しで勝って大関の面目を保ったが、優勝を決めた翌日の相手が新入幕でさらに同期の霧島とあって、さすがに若嶋津本人は「やりにくかった」と後に語っている。
  • 現役時代、時価1億5000万円という大相撲史上最も高価な化粧回しを後援者から贈られたことがあった。化粧回し本体は500万円ほどだったが、装飾として10カラットダイヤモンドが埋め込んであるためにこのような値段になったという。この化粧回しは余りにも高価で盗難の恐れがあるため、相撲部屋に置いておくことができず、盗難保険をかけた上で金庫に厳重に保管しているという。
  • ヤクルトスワローズのファンであり、場所のない時期には妻などと神宮球場などで試合観戦している様子が見られ、夫婦を目撃したという情報がブログやツイッターでもたびたび見受けられる。

主な成績[編集]

  • 通算成績:515勝330敗21休 勝率.609
  • 幕内成績:356勝219敗13休 勝率.619
  • 大関成績:250勝145敗13休 勝率.633
  • 現役在位:75場所
  • 幕内在位:40場所
  • 大関在位:28場所
  • 通算(幕内)連続勝ち越し記録:18場所(1982年7月場所~1985年5月場所)
  • 幕内2桁連続勝利記録:6場所(1983年5月場所~1984年3月場所)
  • 年間最多勝:1984年(71勝19敗)
  • 三賞:5回
    • 敢闘賞:2回(1981年1月場所、1982年9月場所)
    • 技能賞:3回(1982年1月場所、1982年9月場所、1982年11月場所)
  • 金星:2個(北の湖2個)
  • 連勝記録:20(1984年7月場所初日-1984年9月場所5日目)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:2回(1984年3月場所、1984年7月場所)
    • 十両優勝:1回(1980年5月場所)
    • 序ノ口優勝:1回(1975年5月場所)

場所別成績[編集]

若嶋津六夫 [3]

一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1975年
(昭和50年)
x (前相撲) 東 序ノ口 #7
優勝
7–0
東 序二段 #12
4–3
 
東 三段目 #74
2–5
 
西 序二段 #18
4–3
 
1976年
(昭和51年)
東 序二段 #1
5–2
 
西 三段目 #50
4–3
 
東 三段目 #37
2–5
 
東 三段目 #62
2–5
 
西 三段目 #88
0–0–7
 
東 序二段 #45
7–0
 
1977年
(昭和52年)
東 三段目 #46
6–1
 
西 三段目 #1
3–4
 
西 三段目 #11
3–4
 
西 三段目 #22
4–3
 
東 三段目 #9
5–2
 
東 幕下 #45
4–3
 
1978年
(昭和53年)
西 幕下 #36
5–2
 
東 幕下 #18
5–2
 
西 幕下 #7
2–5
 
東 幕下 #25
4–3
 
西 幕下 #19
3–4
 
西 幕下 #28
2–5
 
1979年
(昭和54年)
西 幕下 #50
4–3
 
東 幕下 #44
5–2
 
西 幕下 #26
4–3
 
西 幕下 #19
3–4
 
東 幕下 #28
4–3
 
西 幕下 #22
6–1
 
1980年
(昭和55年)
東 幕下 #5
6–1
 
西 十両 #13
9–6
 
西 十両 #10
優勝
10–5
東 十両 #4
6–8–1
 
西 十両 #8
10–5
 
東 十両 #2
9–6
 
1981年
(昭和56年)
東 前頭 #12
10–5
東 前頭 #4
4–11
 
西 前頭 #9
8–7
 
東 前頭 #8
8–7
 
東 前頭 #3
7–8
 
西 前頭 #4
8–7
1982年
(昭和57年)
西 前頭 #2
12–3
西 関脇
8–7
 
西 関脇
7–8
 
東 小結
10–5
 
東 関脇
12–3
東 関脇
12–3
1983年
(昭和58年)
西 張出大関
10–5
 
東 張出大関
8–3–4[4]
 
西 張出大関
13–2
 
西 大関
11–4
 
西 大関
13–2
 
東 大関
11–4
 
1984年
(昭和59年)
東 大関
11–4
 
東 大関
14–1
 
東 大関
9–6
 
東 張出大関
15–0
 
東 大関
11–4
 
東 大関
11–4
 
1985年
(昭和60年)
東 大関
9–6
 
西 大関
12–3
 
西 大関
10–5
 
西 大関
4–4–7[5]
 
西 張出大関
9–6[6]
 
西 張出大関
3–12
 
1986年
(昭和61年)
東 張出大関 #2
8–7[6]
 
西 張出大関 #2
7–8
 
西 張出大関 #2
9–6[6]
 
西 張出大関 #2
9–6
 
西 張出大関
8–7
 
西 張出大関
8–7
 
1987年
(昭和62年)
東 張出大関 #2
5–10
 
東 張出大関 #2
8–7[6]
 
西 張出大関
4–9–2[7]
 
西 張出大関
引退
0–3–0[6]
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 日高 六男 (ひだか むつお) 1975月3月場所 - 1980年1月場所
  • 若島津 六男(わかしまづ -)1980年3月場所 - 1983年7月場所
  • 若嶋津 六夫(わかしまづ -)1983年9月場所 - 1987年7月場所

年寄名変遷[編集]

  • 松ヶ根 六男(まつがね -) 1987年7月場所 -

脚注[編集]

  1. ^ 現在大関での皆勤場所最多敗戦は2009年3月場所・千代大海の2勝13敗
  2. ^ 協会ナンバー2の九重親方が落選 相撲協会理事候補選 朝日新聞DIGITAL 2014年1月31日17時32分
  3. ^ Wakashimazu Mutsuo Rikishi Information” (English). Sumo Reference. 2007年7月20日閲覧。
  4. ^ 右足首関節剥離骨折により11日目から途中休場
  5. ^ 左肩関節及び左肘関節捻挫により8日目から途中休場
  6. ^ a b c d e 角番(全5回)
  7. ^ 頸腕症候群により13日目から途中休場

関連項目[編集]