長谷川勝敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長谷川 勝敏 相撲力士
基礎情報
四股名 長谷川 戡洋
本名 長谷川 勝敏
生年月日 1944年7月20日(69歳)
出身 北海道空知郡栗沢村
(現在の岩見沢市
身長 184cm
体重 127kg
BMI 37.51
所属部屋 佐渡ヶ嶽部屋
得意技 左四つ、寄り、掬い投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 関脇
生涯戦歴 678勝577敗15休(98場所)
幕内戦歴 523勝502敗(69場所)
優勝 幕内最高優勝1回
十両優勝1回
幕下優勝1回
殊勲賞3回
敢闘賞3回
技能賞2回
データ
初土俵 1960年3月場所
入幕 1965年1月場所
引退 1976年5月場所
引退後 秀ノ山親方
備考
金星9個(栃ノ海2個、佐田の山2個、柏戸2個、北の富士2個、輪島1個)
2012年12月14日現在

長谷川 勝敏(はせがわ かつとし、本名同じ、1944年7月20日 - )は、北海道空知郡栗沢村(現在の岩見沢市)出身(出生地は樺太恵須取支庁恵須取郡珍内町)で佐渡ヶ嶽部屋所属の元大相撲力士。現役時代の体格は身長184cm、体重127kg。得意手は左四つ、寄り、掬い投げ。最高位は東関脇。一時期、四股名を長谷川 戡洋(はせがわ かつひろ)としていた時期もあった。

叔父に大相撲の八百長告発手記を発表した経験のある四季の花範雄がいる。

来歴[編集]

父親は炭鉱マンで、炭鉱のある樺太の珍内町で生まれ、1950年昭和25年)春に樺太から引き揚げる。中卒後は炭鉱で働くことを考えていたが、「炭鉱はもうすぐ終わる。」と当時の佐渡ヶ嶽が話したことから炭鉱ではなく大相撲で身を立てようと考え、1960年(昭和35年)3月場所に初土俵を踏んだ。恵まれた体で新弟子の頃より期待され、1965年(昭和40年)1月場所で新入幕を果たす。同年9月場所で横綱栃ノ海から初金星を奪い、以後金星を9個獲得した。

長く大関候補と呼ばれ、1972年(昭和47年)3月場所関脇で12勝3敗、優勝決定戦前頭7枚目魁傑を大熱戦の末下し優勝。前場所も優勝者に次ぐ10勝5敗で大関昇進との声も上がったが、当時4人いた大関の琴櫻清國大麒麟前の山が揃って不振で、そのうえ大関同士の無気力相撲に対する批判、大関が弱く「粗製乱造」の批判が上がっていたことなどから、運悪く昇進を逃した。

翌5月場所の本場所パンフレットでは小結貴ノ花、関脇輪島、関脇三重ノ海らとともに次の大関候補5人に挙げられたが、8勝7敗に終わり、大関昇進のチャンスを逸してしまった。私生活では数々の命拾いをした強運の持ち主(詳細は下述の「エピソード」を参照)であった長谷川にしてみれば、相撲の番付運としては決して恵まれたとは言い難い。

幕内上位から三役で活躍し、関脇を当時最多記録の21場所も務め、時津山と並び「戦後最強の関脇」と言われた(現在は琴光喜(元大関)の22場所が史上最多記録。次いで2代琴錦(現秀ノ山)、魁皇(現浅香山)と並び史上2位タイ)。また小結(9場所)・関脇の通算在位合計30場所も当時の最多記録だった(現在は2代琴錦・34場所、魁皇・32場所、武双山(現藤島)・31場所に次ぎ、琴光喜と並び史上4位タイ)。

1976年(昭和51年)1月場所10日目に史上初の幕内連続出場1000回を達成したが、同年5月場所中に引退を表明。その引退会見で長谷川は「心の中では大関になれたと思っています…」と、悔しそうな表情を浮かべながらの弁を残した。

師匠の11代佐渡ヶ嶽(元小結、初代琴錦)の存命中に佐渡ヶ嶽部屋の後継者に指名されていたが、その佐渡ヶ嶽が1974年(昭和49年)7月場所中に急逝したことと、長谷川自身が現役であった為(師匠が急逝した場所では10勝5敗で技能賞を獲得するなど、脂の乗り切った時期だった)、兄弟子で、11代佐渡ヶ嶽の急逝直前に現役を引退していた横綱琴櫻(独立して白玉部屋を興す予定だった)が急遽部屋を継承することになり[1]、長谷川の佐渡ヶ嶽後継話は消滅する形となってしまった。

引退後の長谷川は年寄秀ノ山を襲名して佐渡ヶ嶽部屋で後進の指導にあたった。2006年平成18年)には理事に選出され、名古屋場所部長の職を1期2年務めた。その後、日本相撲協会役員待遇、生活指導部副部長、再発防止検討委員会委員を歴任。

現役の頃より能筆で有名であった。歌も巧みで「大関になったらレコードを出す」という話が決まっていたが結局かなわず、「長谷川引退秀の山襲名記念」として「みなと港ぶるーす/蝶の夢」を出した。

2009年(平成21年)7月20日に65歳の誕生日を迎えたが、7月場所中のため、7月26日の千秋楽をもって停年退職となった。退職後も秀ノ山の株を所有しており、2代琴錦に貸していた。2013年(平成23年)5月に琴奨菊に秀ノ山の株を譲渡。譲渡後も引き続き琴錦が琴奨菊から借りている。

主な成績[編集]

  • 通算成績:678勝577敗15休 勝率.540
  • 幕内成績:523勝502敗 勝率.510
  • 幕内連続出場:1024回(歴代5位)
  • 現役在位:98場所
  • 幕内在位: 69場所
  • 三役在位:30場所 (関脇21場所、小結9場所)
  • 三賞:8回
    • 殊勲賞:3回 (1967年7月場所、1970年11月場所、1971年9月場所)
    • 敢闘賞:3回 (1967年5月場所、1972年3月場所、1974年3月場所)
    • 技能賞:2回 (1965年9月場所、1974年7月場所)
  • 金星:9個(栃ノ海2個、佐田の山2個、柏戸2個、北の富士2個、輪島1個)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1972年3月場所)
    • 十両優勝:1回(1964年7月場所)
    • 幕下優勝:1回(1964年3月場所)

場所別成績[編集]

                                                                    

長谷川勝敏
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1960年
(昭和35年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #11
7–1
 
西 序二段 #74
6–1
 
西 序二段 #13
5–2
 
西 三段目 #79
6–1
 
1961年
(昭和36年)
東 三段目 #39
6–1
 
西 幕下 #83
6–1
 
東 幕下 #45
3–4
 
東 幕下 #53
4–3
 
東 幕下 #49
4–3
 
東 幕下 #45
6–1
 
1962年
(昭和37年)
東 幕下 #22
4–3
 
西 幕下 #19
4–3
 
東 幕下 #16
5–2
 
東 幕下 #7
4–3
 
西 幕下 #3
4–3
 
東 幕下 #2
5–2
 
1963年
(昭和38年)
東 十両 #17
9–6
 
西 十両 #11
休場
0–0–15
西 幕下 #6
1–6
 
西 幕下 #22
5–2
 
東 幕下 #16
4–3
 
西 幕下 #15
4–3
 
1964年
(昭和39年)
西 幕下 #12
5–2
 
東 幕下 #4
優勝
7–0
東 十両 #13
9–6
 
東 十両 #10
優勝
13–2
西 十両 #3
11–4
 
東 十両 #1
8–7
 
1965年
(昭和40年)
東 前頭 #15
8–7
 
東 前頭 #13
8–7
 
東 前頭 #8
10–5
 
東 前頭 #3
8–7
 
東 前頭 #2
10–5
東 小結
7–8
 
1966年
(昭和41年)
西 前頭 #1
5–10
西 前頭 #5
9–6
 
東 前頭 #2
9–6
 
西 小結
9–6
 
東 小結
6–9
 
西 前頭 #2
4–11
1967年
(昭和42年)
西 前頭 #7
10–5
 
西 前頭 #1
4–11
 
西 前頭 #7
13–2
東 小結
9–6
東 小結
6–9
 
東 前頭 #1
9–6
 
1968年
(昭和43年)
東 小結
5–10
 
西 前頭 #4
8–7
東 前頭 #2
8–7
西 前頭 #1
7–8
 
西 前頭 #2
9–6
 
東 前頭 #1
9–6
 
1969年
(昭和44年)
西 関脇
9–6
 
東 関脇
9–6
 
東 関脇
9–6
 
東 関脇
11–4
 
東 関脇
8–7
 
西 関脇
8–7
 
1970年
(昭和45年)
西 関脇
8–7
 
東 張出関脇
6–9
 
東 前頭 #2
5–10
 
東 前頭 #5
10–5
 
東 小結
5–10
 
西 前頭 #2
8–7
1971年
(昭和46年)
西 関脇
3–12
 
西 前頭 #2
8–7
 
西 関脇
9–6
 
東 関脇
8–7
 
東 関脇
8–7
西 関脇
8–7
 
1972年
(昭和47年)
東 張出関脇
10–5
 
東 関脇
12–3[2]
東 関脇
8–7
 
東 張出関脇 #2
5–10
 
西 前頭 #1
11–4
 
東 関脇
8–7
 
1973年
(昭和48年)
東 関脇
4–11
 
東 前頭 #4
7–8
 
東 前頭 #5
8–7
 
西 前頭 #1
6–9
 
東 前頭 #2
9–6
西 関脇
8–7
 
1974年
(昭和49年)
西 関脇
5–10
 
東 前頭 #2
10–5
西 小結
4–11
 
東 前頭 #5
10–5
東 張出小結
6–9
 
西 前頭 #3
6–9
 
1975年
(昭和50年)
西 前頭 #5
9–6
 
西 前頭 #1
6–9
 
西 前頭 #3
6–9
 
西 前頭 #6
8–7
 
東 前頭 #3
4–11
 
西 前頭 #9
10–5
 
1976年
(昭和51年)
東 前頭 #3
7–8
 
東 前頭 #4
6–9
 
東 前頭 #8
引退
0–5–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  1. 長谷川 勝利
  2. 長谷川 勝敏
  3. 長谷川 勝廣
  4. 長谷川 戡洋

エピソード[編集]

  • 関脇で優勝しながら大関昇進を逸するなど、番付運は悪かったものの、逆に生命運は人並外れて異常な程に優れており、危うく命を落とす場面に遭遇しながら奇跡的に助かったことが何度もある。
    • 幼少の頃、船に乗っていて甲板で足を滑らせ、海に落ちかけた。
    • 同じく幼少時、橋の欄干から河原に落ちたが、雨の影響で川の水量が増えていたため川底に頭を打たずに済み、当たり所が良かったため一命を取り留めた。
    • 現役時代の1963年(昭和38年)11月、所属する佐渡ヶ嶽部屋でフグ中毒が発生してちゃんこ鍋の番だった2人が死亡してしまう(詳細は佐渡ヶ嶽部屋フグ中毒事件を参照)。長谷川も当初ちゃんこ番の予定だったものの、当日急に腹の具合が悪くなり、ちゃんこを食べずにうどんを食べに外出したため、間一髪でフグ中毒を免れた。
    • 同じく現役時代の1966年(昭和41年)2月4日札幌から東京へ戻るべく本来搭乗する予定だった飛行機が、羽田沖で航空墜落事故を起こし、乗客・乗員133人全員死亡の惨事となった(詳細は全日空羽田沖墜落事故を参照)。ところが長谷川はさっぽろ雪まつりの見物中に旧友と偶然再会し、搭乗を急遽キャンセルしていた為に、すんでの所で難を逃れている。事故の知らせを聞いた師匠の11代佐渡ヶ嶽は顔面蒼白だったが、何も知らない長谷川から連絡が入り、「地獄に仏とはこの事だ」とほっとした表情で語ったという。
  • ゆで卵を一気に20個、水も飲まずに平らげたことがあるという。
  • 1968年(昭和43年)3月場所、前頭4枚目で2日目に佐田の山、7日目には柏戸の2横綱を破る金星を上げ、8勝7敗と勝ち越しながら、殊勲賞を受賞できなかった。
  • 1974年(昭和49年)7月場所、前頭5枚目で12日目に、大関特例復帰の10勝以上を目指した関脇陥落直後の大受に勝利したことで、大受は6敗目を喫しここで大関再昇進が絶たれる。大受はその後3連勝で9勝6敗と勝ち越したが、結果的に長谷川戦での敗北により僅か1勝で大関復活を逃す格好となってしまった。なお長谷川は同場所10勝5敗の好成績を挙げ、1965年(昭和40年)9月場所以来通算2回目の技能賞を獲得した。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 『相撲』 2009年5月号 ベースボールマガジン社 “親方紳士録/土俵人生いろいろ 第5回 秀ノ山親方(元関脇長谷川)”を参照。
  2. ^ 魁傑と優勝決定戦