富士櫻栄守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士櫻 栄守 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 中沢 → 富士櫻 栄守
本名 中澤 榮男
愛称 突貫小僧(後には突貫おじさん)
生年月日 1948年2月9日(66歳)
出身 山梨県甲府市
身長 178cm
体重 141kg
BMI 44.5
所属部屋 高砂部屋
得意技 突き、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 788勝825敗45休(132場所)
幕内戦歴 502勝582敗11休(73場所)
優勝 十両優勝1回
幕下優勝1回
敢闘賞3回
殊勲賞2回
技能賞3回
データ
初土俵 1963年3月場所
入幕 1971年9月場所
引退 1985年3月場所
引退後 年寄・中村
備考
金星9個(琴櫻1個、北の湖2個、輪島3個、若乃花3個)
2014年3月5日現在

富士櫻 栄守(ふじざくら よしもり、本名:中澤 榮男(なかざわ よしお)、1948年2月9日-)は、山梨県甲府市出身で、1970年代から1980年代にかけて活躍した大相撲力士高砂部屋に所属していた。最高位は西関脇(1974年3月場所、1978年9月場所)。現役時代の体格は178cm、141kg。得意手は突き、押し。

来歴[編集]

甲府市立甲府西中学校では柔道部に在籍し、活躍した。

農家の長男であった[1]ことから角界入りには反対されたが郷里の先輩である小結・富士錦(後、年寄・西岩→同・尾上→同・高砂)らの勧めで、中学卒業後の1963年3月に上京し、高砂部屋へ入門。同年3月場所にて、15歳で初土俵を踏んだ。

1970年1月場所で新十両昇進、1971年9月場所で新入幕を果たした。突き押しをもっぱらの戦術とし、ひたむきな土俵姿は相撲ファンから突貫小僧(後には突貫おじさん)の名で愛された。気っ風の良い相撲ぶりから、「甲斐の江戸っ子」とも呼ばれた。

昭和天皇も富士櫻の土俵を好んだという。同じ押し相撲の麒麟児との対決は特に人気があり、東京場所では天覧相撲用のとっておきの割として重宝された。中でも1975年5月場所の8日目、東小結・麒麟児対西前頭筆頭・富士櫻の一番は、激しい突っ張りの応酬もあり大いに盛り上がった。富士櫻の口の中が切れるほどの激戦で、昭和天皇も身を乗り出し固唾を呑むように勝負の行方を見守った。2003年に日本経済新聞が掲載した「大相撲の名勝負ベスト10」で第5位に選ばれたこの一番で富士櫻は敗れたが、思い出に残る相撲としてこれを挙げている。両者は互いによき好敵手として認め合う仲であるのと同時に親交が深く、現役時代には三番稽古をよく行なっていた。一門が違うため合同稽古の機会は少なかったが、巡業などで顔を合わせる機会は多く、その度にどちらからともなく山稽古を持ちかけるのが常だったという。

四つに組むと弱い小柄な力士であったが、人一倍稽古に励み関脇にまで昇進した。その稽古熱心さは師匠の4代・高砂(元横綱・前田山)がやめろと言わない限りいつまでも稽古するため、他の力士が「もっと稽古せんか」と注意される中で彼だけは「稽古熱心もいい加減にしろ」と注意を受ける程だったという。同部屋で、同じく関脇まで昇進した高見山との三番稽古は高砂部屋の名物であり、若い衆にとっては、傍で2人の稽古を見ているだけでいい勉強になるといわれた。富士櫻の稽古熱心ぶりを伝えるエピソードであるとともに、稽古の質の高さも伺わせるものである。そして負けると、「まだ稽古が足りない」と言って稽古量を増やしていた。また新弟子にも率先して稽古をつけていた。そのような力士であったため、角界きっての毒舌家として今でも名高い天竜三郎玉ノ海梅吉(ともに、元関脇)が「あれほどの力士はいない」「富士櫻を褒めないわけにはいかない」と絶賛したほどであり、特に角界ナンバーワンの毒舌家だった天竜から褒められた力士は数多くの力士の中でも彼1人だけである。突き押し力士であったが立合いもきれいであり天竜は「あれの立ち合いはいつ見ても気持ちがいい。特に対貴ノ花戦は」と評価していた。[2]

2代若乃花には11勝17敗とたびたび苦しめ、9つの金星のうち3つを若乃花から挙げた。若乃花の新横綱場所である1978年7月場所では初日に対戦して若乃花に横綱初黒星をつけた。また1974年1月場所では、3横綱(北の富士輪島琴櫻)を全て倒した。陸奥嵐との対戦に強く、同じ関脇を最高位としながら11戦全勝と一方的な記録を残した。

1963年5月場所で序ノ口に付いてから1度も本場所を休むことはなかったが、1984年1月場所に斉須との一戦で左アキレス腱を断裂して初の休場を余儀なくされた。しかし、富士櫻が残した「1543回連続出場」という記録は、現在もなお大相撲史上2位の連続出場記録として輝きを放っている。以後は十両で相撲を取り続けるも、幕内復帰は成らなかった。西十両9枚目で3勝12敗に終わった1985年3月場所を以って、37歳で引退。この場所では、弟弟子の大関朝潮が初の優勝を果たし、最後の餞として優勝旗を持たせてもらった。場所後、年寄・中村を襲名。

引退後は部屋を持つ意向はなく、師匠の5代・高砂(元横綱・朝潮)にも「(親方として)部屋に残ります」と約束していたものの、ある時、上半身の怪我で稽古ができない力士に対してランニングやウェイトトレーニングをするように声を掛けたところ、師匠から「そういうことは言わなくていい」と止められたことを機に「自分の考え方で弟子を育ててみたい」と思うようになり、独立の過程に際しては高砂親方を怒らせる騒ぎにもなった[3]ものの、1986年7月に高砂部屋から独立して中村部屋を創設した。角界きっての人格者として知られ、弟子に対する粘り強い指導で知られた。また、所属力士達を通信課程制の高校に入学させ、高校卒業資格を取らせるなどの先駆的な試みをして注目を集めた。引退当初こそは「稽古ができなくなって引退した」という理由で稽古場に立つことは無かったが部屋持ちになってからは自ら胸を出すようになり、50代を過ぎてもなおまわしを締めて弟子に稽古をつける様子は現役時代を彷彿とさせた。その指導を題材に、平石耕一が戯曲『はあたろう物語』を執筆、みずからの演出で上演した。

また力士としては大成しなかったものの、後にお笑い芸人になった安田大サーカスHIROも育てている(元序二段「和歌桜」)。

日本相撲協会では勝負審判の他、再発防止検討委員会委員を歴任。2010年には、無投票で副理事に当選し、審判部長に就任、2012年1月まで務めた。

2013年2月8日の停年(定年。以下同)退職を控えて2012年12月19日に中村部屋は閉鎖することになり、行司1名は八角部屋、自身と所属力士5名・床山1名は東関部屋へ転属することになった。そして、2013年2月8日に日本相撲協会を停年退職した[4]。退職後は、長年の指導実績が買われ、東関部屋の師範代として迎え入れられている[5]

長男・信栄2009年フォークシンガーとしてソロデビューした。旧中村部屋の玄関には信栄のポスターが貼られ、CDもよく聴くという。停年間近の時期にあった中村はライブに部屋の力士達を連れて行き「しんどい思いしてんのは、相撲取だけじゃねえからよ」と説いたことがある。[6]

主な戦績[編集]

  • 通算成績:788勝825敗45休 勝率.489
  • 幕内成績:502勝582敗11休 勝率.463
  • 現役在位:132場所
  • 幕内在位:73場所
  • 三役在位:10場所(関脇2場所、小結8場所)
  • 連続出場:1543回(1963年5月場所-1984年1月場所(4日目)。歴代2位)
  • 通算出場:1613回(歴代6位)
  • 三賞:8回
    • 殊勲賞:2回 (1978年3月場所、1978年7月場所)
    • 敢闘賞:3回 (1971年11月場所、1981年1月場所、1983年9月場所)
    • 技能賞:3回 (1973年11月場所、1974年1月場所、1979年1月場所)
  • 金星:9個(琴櫻1個、北の湖2個、輪島3個、2代若乃花3個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1980年9月場所)
    • 幕下優勝:1回(1969年1月場所)

場所別成績[編集]

富士桜栄守
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1963年
(昭和38年)
x (前相撲) 東 序ノ口 #25
4–3
 
東 序二段 #61
3–4
 
東 序二段 #73
2–5
 
東 序二段 #87
4–3
 
1964年
(昭和39年)
東 序二段 #60
4–3
 
東 序二段 #39
2–5
 
東 序二段 #56
3–4
 
東 序二段 #60
5–2
 
東 序二段 #18
5–2
 
西 三段目 #75
4–3
 
1965年
(昭和40年)
西 三段目 #56
3–4
 
西 三段目 #66
2–5
 
東 三段目 #89
3–4
 
西 序二段 #1
4–3
 
西 三段目 #83
1–6
 
東 序二段 #13
5–2
 
1966年
(昭和41年)
西 三段目 #73
5–2
 
東 三段目 #45
5–2
 
西 三段目 #16
3–4
 
東 三段目 #22
5–2
 
西 幕下 #83
5–2
 
西 幕下 #58
3–4
 
1967年
(昭和42年)
東 幕下 #69
4–3
 
西 幕下 #58
3–4
 
西 三段目 #11
4–3
 
東 幕下 #59
3–4
 
西 三段目 #7
2–5
 
東 三段目 #22
3–4
 
1968年
(昭和43年)
西 三段目 #28
6–1
 
西 幕下 #54
6–1
 
東 幕下 #28
6–1
 
東 幕下 #11
3–4
 
東 幕下 #17
3–4
 
西 幕下 #22
3–4
 
1969年
(昭和44年)
西 幕下 #27
優勝
7–0
東 幕下 #1
1–6
 
西 幕下 #15
4–3
 
東 幕下 #12
5–2
 
東 幕下 #3
3–4
 
西 幕下 #5
5–2
 
1970年
(昭和45年)
西 十両 #13
9–6
 
西 十両 #6
5–10
 
東 十両 #13
10–5
 
西 十両 #5
6–9
 
東 十両 #11
9–6
 
西 十両 #7
6–9
 
1971年
(昭和46年)
西 十両 #11
10–5
 
東 十両 #4
8–7
 
東 十両 #3
9–6
 
西 十両 #2
10–5
 
東 前頭 #12
9–6
 
西 前頭 #6
11–4
1972年
(昭和47年)
東 前頭 #1
7–8
 
西 前頭 #2
6–9
 
西 前頭 #5
9–6
 
西 前頭 #1
9–6
 
東 張出小結
4–11
 
西 前頭 #5
5–10
 
1973年
(昭和48年)
西 前頭 #9
6–9
 
東 前頭 #12
9–6
 
西 前頭 #8
8–7
 
西 前頭 #4
7–8
 
東 前頭 #5
8–7
西 前頭 #2
10–5
1974年
(昭和49年)
東 小結
9–6
西 関脇
2–13
 
東 前頭 #8
8–7
 
西 前頭 #3
5–10
 
東 前頭 #8
8–7
 
西 前頭 #6
6–9
 
1975年
(昭和50年)
東 前頭 #10
10–5
 
東 前頭 #3
8–7
 
西 前頭 #1
7–8
 
東 前頭 #2
10–5
 
西 小結
7–8
 
西 前頭 #1
9–6
 
1976年
(昭和51年)
東 張出小結
3–12
 
東 前頭 #7
8–7
 
東 前頭 #2
7–8
東 前頭 #3
7–8
 
西 前頭 #3
8–7
西 小結
6–9
 
1977年
(昭和52年)
西 前頭 #2
5–10
 
西 前頭 #7
8–7
 
東 前頭 #4
9–6
 
西 小結
5–10
 
西 前頭 #4
7–8
 
西 前頭 #4
9–6
 
1978年
(昭和53年)
東 前頭 #1
6–9
 
東 前頭 #4
8–7
西 前頭 #1
7–8
 
西 前頭 #2
9–6
西 関脇
5–10
 
東 前頭 #3
7–8
 
1979年
(昭和54年)
西 前頭 #4
10–5
西 小結
6–9
 
東 前頭 #2
3–12
 
東 前頭 #12
5–10
 
西 十両 #2
10–5
 
西 前頭 #11
9–6
 
1980年
(昭和55年)
西 前頭 #3
7–8
西 前頭 #3
3–12
東 前頭 #11
7–8
 
西 前頭 #11
5–10
 
東 十両 #3
優勝
12–3
東 前頭 #10
8–7
 
1981年
(昭和56年)
西 前頭 #6
10–5
西 小結
3–12
 
西 前頭 #4
5–10
 
西 前頭 #9
7–8
 
西 前頭 #10
7–8
 
西 前頭 #10
9–6
 
1982年
(昭和57年)
西 前頭 #4
3–12
 
西 前頭 #7
7–8
 
東 前頭 #9
10–5
 
西 前頭 #1
7–8
 
西 前頭 #1
4–11
 
東 前頭 #6
7–8
 
1983年
(昭和58年)
西 前頭 #6
4–11
 
東 前頭 #11
7–8
 
東 前頭 #12
8–7
 
東 前頭 #6
6–9
 
東 前頭 #10
10–5
東 前頭 #1
4–11
 
1984年
(昭和59年)
西 前頭 #10
0–4–11[7]
 
西 十両 #5
休場
0–0–15
西 十両 #5
8–7
 
東 十両 #2
6–9
 
東 十両 #6
10–5
 
西 十両 #3
4–7–4
 
1985年
(昭和60年)
西 十両 #9
休場
0–0–15
西 十両 #9
引退
3–12–0
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 中澤(なかざわ):1963年5月場所
  • 富士桜 栄守(ふじざくら よしもり):1963年7月場所-1969年11月場所
  • 富士櫻 栄守(ふじざくら よしもり):1970年1月場所-1985年3月場所

年寄遍歴[編集]

  • 中村(なかむら、1985年3月-2013年2月)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 2012年7月21日
  2. ^ 天竜は貴ノ花に対して特に辛辣だったようであり「兄の人気に乗っているだけ」といった極端な批判も中継で公然と数多く行った。
  3. ^ 時事ドットコム・若林哲治の土俵百景:最後のひと押し時事ドットコム 2011年8月31日記事
  4. ^ 元富士桜の中村親方「小僧と言われ困った」 定年会見 スポニチ 2013年1月25日 06:00配信
  5. ^ 曙10年ぶり“角界復帰”師範代就任へ デイリースポーツ 2013年4月3日 配信
  6. ^ 朝日新聞 2012年7月21日
  7. ^ 左足アキレス腱断裂により4日目から途中休場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]