高砂部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高砂部屋を応援する幟
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932)が含まれています詳細

高砂部屋(たかさごべや)は、日本相撲協会所属で高砂一門相撲部屋。番付で用いるいわゆる相撲字では「はしご高」()を用いるが、部屋の看板を含めその他の活字媒体では「はしご高」を用いていない。

歴史[編集]

明治初期に角界の改革を求めて活躍した初代高砂浦五郎が一代で角界を代表する大部屋に育て上げ、現在までに横綱大関各6人を輩出している角界屈指の名門部屋として知られる。

初代高砂(高見山大五郎)は角界の改革を求めて高砂改正組を組織し、東京相撲会所を脱退した。帰参後はもともと江戸相撲にあった「高砂」という名跡と重複する形となり、1889年に旧・高砂が高島へと改名し、新・高砂は名前は代々の通り名として「浦五郎」と名乗ることとなった。2代高砂から現在の7代高砂までは、初代高砂の名の「浦五郎」を継承している。[1]

1986年5月には部屋経営を断念した大山部屋を吸収合併した。1988年10月に5代高砂(元横綱・3代朝潮)が急逝したため、高砂部屋の部屋付き親方である14代尾上(元小結富士錦)が6代高砂を襲名して高砂部屋を継承した。

6代高砂の定年退職を間近に控えた2002年2月に、高砂部屋から分家独立して若松部屋を継承していた11代若松(元大関・4代朝潮)が名跡変更して7代高砂を襲名し、高砂部屋と若松部屋が合併した。2001年には明治時代から続いた幕内力士が部屋から途絶えるという事態となったものの、その後は横綱・朝青龍を筆頭に、関脇・朝赤龍や小結・闘牙など多くの関取を擁して一大勢力を築いた。しかし、2000年代中期に闘牙や泉州山皇牙といった関取経験者が相次いで引退し、2010年には朝青龍も不祥事により引退して、現在は関取が朝赤龍1人となっている。そのため近年は部屋の勢力が急激に衰えているものの、1927年の東西相撲協会の合同以来、唯一関取を絶やしたことのない部屋となっている。

なお、現在の高砂部屋は合併前の若松部屋の建物を引き続き使用しており、かつての高砂部屋の建物は現在は千賀ノ浦部屋が使用している。

所在地[編集]

総武線大江戸線両国駅より徒歩20分
浅草線本所吾妻橋駅より徒歩10分

師匠[編集]

  • 初代:高砂浦五郎(たかさご うらごろう、前1、高見山、千葉
  • 2代:高砂浦五郎(たかさご うらごろう、関脇・高見山、千葉)
  • 3代:高砂浦五郎(たかさご うらごろう、大関・2代目朝潮愛媛
  • 4代:高砂浦五郎(たかさご うらごろう、横綱・前田山、愛媛)
  • 5代:高砂浦五郎(たかさご うらごろう、横綱・3代目朝潮鹿児島
  • 6代:高砂浦五郎[1](たかさご うらごろう、小結・富士錦、山梨
  • 7代:高砂浦五郎(たかさご うらごろう、大関・4代目朝潮高知

力士[編集]

現役の関取経験力士[編集]

横綱・大関[編集]

横綱
大関

幕内[編集]

関脇
小結
前頭

十両[編集]

所属[編集]

年寄
  • 若松武彦(わかまつ たけひこ、前1・朝乃若、愛知
行司
呼出
床山
  • 床弓(一等床山)

その他[編集]

  • 2006年にスピードスケート今井裕介のスポンサーを務めて話題となった。
  • 部屋の公式サイトは、2007年11月場所まで昭和以降の最高齢力士であったマネージャーの松田哲博(元・一ノ矢)が管理している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 6代高砂(元小結・富士錦)は襲名直後の1988年11月場所に「高砂彰伸」(-あきのぶ)と名乗ったが1場所で高砂浦五郎に改名している(番付上の改名は1989年1月場所からのため、「彰伸」の名では番付には載っていない)。

外部リンク[編集]