東錦栄三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東錦 栄三郎 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 星野 栄三郎→東錦 栄三郎
本名 星野 栄三郎
生年月日 1940年10月2日
没年月日 1994年11月9日(満54歳没)
出身 東京都新宿区
身長 173cm
体重 132kg
BMI 44.1
所属部屋 高砂部屋
得意技 左四つ、吊り、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 前頭15枚目
生涯戦歴 375勝352敗13休 (66場所)
幕内戦歴 3勝12敗 (1場所)
優勝 十両優勝1回
データ
初土俵 1956年5月場所
入幕 1962年9月場所
引退 1967年9月場所
引退後 家業である豚カツ屋の経営に従事
備考
2013年8月29日現在

東錦 栄三郎(あずまにしき えいざぶろう、1940年10月2日-1994年11月9日)は、1960年代に活躍した東京都新宿区西新宿出身の大相撲力士高砂部屋に所属していた。本名は星野 栄三郎(ほしの えいざぶろう)。現役時代の体格は173cm、132kg。最高位は東前頭15枚目(1962年9月場所)。得意手は左四つ、吊り、寄り。

来歴・人物[編集]

実家は豚カツ屋で、兄2人は共に明治大学付属中野高校から明治大学に進学し、野球で活躍。三男の栄三郎も、中学校卒業後は兄達と同じ高校に進学するつもりであった。だが、栄三郎の体躯の良さに目を付けた高砂部屋の幕内力士・藤田山が同部屋の横綱・東富士(後、年寄・錦戸)に彼の事を伝え、東富士の再三に亘る勧誘もあって高校進学を諦める事になった。 

1956年春、高砂部屋へ入門し、同年5月場所にて初土俵。因みに同期の初土俵組には、後の関脇海乃山や前頭筆頭の大雄などがいる。当初の四股名は、本名でもある「星野」(その後、1957年1月より、東富士に因んだ「東錦」へ四股名を改めている)。

以来、比較的順調に番付を上げ、1962年3月場所で十両に昇進。そして、十両を3場所連続勝ち越しで突破し、同年9月場所にて入幕を果たした。

だが幕内では苦戦し、常錦星甲らには勝ったが3勝12敗と大きく負け越して、1場所で幕内の座から陥落。

以後は29場所連続で十両に在り、1966年1月場所に於いては十両優勝を遂げるなど頑張ったが、遂に2度目の入幕は叶わなかった。

5年8ヵ月ぶりに幕下へ下がった1967年9月場所では、初日から休場し、この場所を以って26歳の若さで引退

引退後は角界に残らず、家業である豚カツ屋の経営に従事したという。

1994年11月9日、逝去。享年54。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:375勝352敗13休 勝率.516
  • 幕内成績:3勝12敗 勝率.200
  • 現役在位:66場所
  • 幕内在位:1場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1966年1月場所)

場所別成績[編集]

        

東錦 栄三郎
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1956年
(昭和31年)
x x (前相撲) x 西 序ノ口 #23
4–4
 
x
1957年
(昭和32年)
西 序二段 #101
3–5
 
西 序二段 #105
3–5
 
東 序二段 #108
6–2
 
x 西 序二段 #49
6–2
 
東 序二段 #3
6–2
 
1958年
(昭和33年)
西 三段目 #79
3–5
 
東 三段目 #82
5–2
 
西 三段目 #67
4–4
 
東 三段目 #63
5–3
 
東 三段目 #48
4–4
 
西 三段目 #46
6–2
 
1959年
(昭和34年)
西 三段目 #28
7–1
 
東 幕下 #84
5–3
 
東 幕下 #76
7–1
 
西 幕下 #50
6–2
 
西 幕下 #38
5–3
 
東 幕下 #30
5–3
 
1960年
(昭和35年)
東 幕下 #27
5–3
 
西 幕下 #19
5–3
 
西 幕下 #14
3–5
 
西 幕下 #20
3–4
 
東 幕下 #24
4–3
 
西 幕下 #20
3–4
 
1961年
(昭和36年)
東 幕下 #25
2–5
 
東 幕下 #36
4–3
 
東 幕下 #28
5–2
 
西 幕下 #18
4–3
 
西 幕下 #14
4–3
 
東 幕下 #10
5–2
 
1962年
(昭和37年)
東 幕下 #3
6–1
 
東 十両 #18
9–6
 
東 十両 #9
8–7
 
東 十両 #5
11–4
 
東 前頭 #15
3–12
 
東 十両 #8
9–6
 
1963年
(昭和38年)
西 十両 #2
4–5–6
 
西 十両 #7
6–9
 
東 十両 #10
9–6
 
東 十両 #7
6–9
 
東 十両 #9
7–8
 
西 十両 #9
6–9
 
1964年
(昭和39年)
西 十両 #11
6–9
 
東 十両 #15
10–5
 
西 十両 #7
6–9
 
西 十両 #10
8–7
 
西 十両 #6
6–9
 
西 十両 #8
5–10
 
1965年
(昭和40年)
東 十両 #12
6–9
 
東 十両 #17
7–8
 
東 十両 #18
9–6
 
西 十両 #11
9–6
 
東 十両 #5
5–10
 
西 十両 #8
5–10
 
1966年
(昭和41年)
西 十両 #15
優勝
11–4
西 十両 #5
6–9
 
西 十両 #8
6–9
 
東 十両 #11
6–9
 
東 十両 #15
9–6
 
西 十両 #6
7–8
 
1967年
(昭和42年)
西 十両 #8
7–8
 
東 十両 #9
10–5
 
西 十両 #7
6–9
 
東 十両 #11
4–11
 
東 幕下 #3
引退
0–0–7
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)


改名歴[編集]

  • 星野 栄三郎(ほしの えいざぶろう、1956年9月場所)
  • 東錦 栄三郎(あずまにしき -、1957年1月場所-1967年9月場所)

参考文献[編集]

関連項目[編集]