前田川克郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前田川 克郎 相撲力士
基礎情報
四股名 高橋 克郎 → 前田川 克郎 → 清錦 克郎 → 前田川 克郎 → 前田川 勝雄 → 前田川 克 → 前田川 勝朗 → 前田川 克
本名 高橋 勝郎
生年月日 1939年2月9日
没年月日 1998年11月4日(満59歳没)
出身 岩手県江刺市(現・奥州市
身長 170cm
体重 117kg
BMI 40.48
所属部屋 高砂部屋
得意技 左四つ、寄り、突き、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 445勝480敗(79場所)
幕内戦歴 204勝261敗(31場所)
敢闘賞2回
技能賞1回
データ
初土俵 1952年9月場所
入幕 1960年11月場所
引退 1967年5月場所
備考
金星1個(大鵬1個)
2014年3月7日現在

前田川 克郎(まえだがわ かつお、1939年2月9日-1998年11月4日)は、岩手県江刺市(現・奥州市)出身で、現役時代は高砂部屋に所属した大相撲力士。大相撲の黄金時代の一つである、「柏鵬時代」に活躍した力士の1人である。本名は高橋 勝郎(たかはし かつお)。最高位は西関脇1961年7月場所・1962年7月場所)。現役当時の体格は170cm、117kg。得意手は左四つ、寄り、突き、押し。

来歴[編集]

実家は農家。地元の草相撲で活躍していたが、中学2年生の時上京して高砂部屋に入門し、1952年9月場所にて13歳で初土俵を踏んだ。1954年春までは、中学に通いながら相撲を取っている。入門時の年齢がとても若く、また小柄であったので、前相撲で6連敗するなど最初は出世も遅かった。しかし、20歳の頃からは体もでき、以後は持ち前の激しい突き押しを武器に徐々に昇進していった。

1960年1月場所後、21歳で新十両に昇進。十両は負け越しなしで4場所で突破し、同年11月場所で新入幕を果たした。

突貫小僧の異名を持ち、入幕後すぐに幕内上位に進出した。1961年3月場所では部屋の先輩である横綱朝潮と最後まで優勝を争い、12勝3敗の成績を挙げて初の三賞(敢闘賞)を受賞。7月場所では最高位となる西関脇に進み、その場所優勝した大関大鵬を破るなど奮闘したが、7勝8敗と惜しくも負け越した。小結に後退した翌9月場所では、初日に大関・柏戸、4日目に再度大鵬を破ったがそれ以外はすべて負けて2勝13敗に終わるという珍しい星を残している。その後もしばしば上位陣を苦しめ、1964年5月場所では、4日目に横綱・大鵬の連勝を34で止める殊勲の星も挙げている。しかしその場所も3勝12敗と大負けしたように、幕内上位での成績にはムラがあり、その後はだんだんと上位での活躍もなくなっていった。

1965年11月場所を最後に十両に下がり、1967年3月場所では東十両15枚目で9勝6敗と勝ち越したが、場所後関取の人員を16人削減する「番付削減」が敢行された煽りをもろに食らって翌5月場所、不運にも西幕下筆頭に下げられてしまった。5月場所では皆勤したものの2勝5敗と負け越し、同場所限り、「(番付の)上がり下がりが早いよ」と言って28歳の若さで引退。 年寄名跡を得ていなかったため引退後、協会に残る事はなかった。

その後は、東京都杉並区内のスーパーマーケットに勤務した後郷里に戻り、岩手県経済連の水沢配送センターに勤めたという。

1998年11月4日午後5時半すぎ、肺癌のため岩手県水沢市内の病院で逝去。享年59。

験をかついで下の名をたびたび改名し、「克郎」は「勝つだろう」と読めるから駄目だと「勝雄」にしてみたり、それでも足りないと「克」(かつ)一文字にするなどした。

なお「前田川」の四股名は、部屋の大先輩・大田山も十両昇進前に名乗っていた事がある。

主な成績[編集]

  • 通算成績:445勝480敗 勝率.481
  • 幕内成績:204勝261敗 勝率.439
  • 現役在位:79場所
  • 幕内在位:31場所
  • 三役在位:4場所(関脇2場所、小結2場所)
  • 三賞:3回
    • 敢闘賞:2回(1961年3月場所、1965年5月場所)
    • 技能賞:1回(1964年9月場所)
  • 金星:1個(大鵬1個、1964年5月場所4日目)
  • 連続出場:925回(序ノ口以来、1953年1月場所-1967年5月場所)

場所別成績[編集]

前田川克郎
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1952年
(昭和27年)
x x x x 西 番付外
0–6
 
x
1953年
(昭和28年)
西 序ノ口 #14
2–7
 
東 序二段 #45
3–5
 
東 序二段 #48
2–6
 
x 西 序二段 #51
4–4
 
x
1954年
(昭和29年)
西 序二段 #41
4–4
 
東 序二段 #23
5–3
 
西 序二段 #4
2–6
 
x 西 序二段 #12
6–2
 
x
1955年
(昭和30年)
東 三段目 #62
6–2
 
東 三段目 #34
3–5
 
西 三段目 #36
5–3
 
x 東 三段目 #14
6–2
 
x
1956年
(昭和31年)
西 幕下 #57
7–1
 
西 幕下 #32
1–7
 
東 幕下 #44
6–2
 
x 東 幕下 #35
4–4
 
x
1957年
(昭和32年)
東 幕下 #33
5–3
 
東 幕下 #25
2–6
 
西 幕下 #33
5–3
 
x 東 幕下 #27
6–2
 
西 幕下 #18
3–5
 
1958年
(昭和33年)
東 幕下 #24
3–5
 
東 幕下 #28
1–7
 
東 幕下 #45
2–6
 
東 幕下 #54
3–5
 
西 幕下 #62
5–3
 
東 幕下 #52
4–4
 
1959年
(昭和34年)
西 幕下 #50
3–5
 
西 幕下 #50
6–2
 
東 幕下 #35
4–4
 
東 幕下 #34
7–1
 
西 幕下 #17
5–3
 
西 幕下 #12
6–2
 
1960年
(昭和35年)
西 幕下 #7
7–1
 
東 十両 #18
8–7
 
東 十両 #13
9–6
 
東 十両 #9
9–6
 
東 十両 #4
12–3
 
東 前頭 #14
9–6
 
1961年
(昭和36年)
西 前頭 #6
5–10
 
西 前頭 #8
12–3
東 前頭 #1
9–6
 
西 関脇
7–8
 
東 張出小結
2–13
 
西 前頭 #7
8–7
 
1962年
(昭和37年)
東 前頭 #6
5–10
 
東 前頭 #12
9–6
 
東 前頭 #3
10–5
 
西 関脇
6–9
 
東 前頭 #1
4–11
 
東 前頭 #8
7–8
 
1963年
(昭和38年)
東 前頭 #10
7–8
 
西 前頭 #10
6–9
 
東 前頭 #12
10–5
 
西 前頭 #5
3–12
 
西 前頭 #12
9–6
 
西 前頭 #5
8–7
 
1964年
(昭和39年)
東 前頭 #2
4–11
 
西 前頭 #8
11–4
 
西 前頭 #2
3–12
西 前頭 #8
8–7
 
東 前頭 #6
9–6
西 小結
2–13
 
1965年
(昭和40年)
西 前頭 #6
6–9
 
東 前頭 #8
6–9
 
西 前頭 #9
11–4
西 前頭 #2
2–13
 
東 前頭 #10
5–10
 
西 前頭 #14
1–14
 
1966年
(昭和41年)
東 十両 #8
5–10
 
西 十両 #13
7–8
 
東 十両 #15
10–5
 
西 十両 #7
7–8
 
東 十両 #8
5–10
 
西 十両 #17
8–7
 
1967年
(昭和42年)
東 十両 #12
6–9
 
東 十両 #15
9–6
 
西 幕下 #1
引退
2–5–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 高橋 克郎(1953年1月場所)
  • 前田川 克郎(1953年3月場所-1958年11月場所、1959年3月場所-1963年5月場所)
  • 清錦 克郎(1959年1月場所)
  • 前田川 勝雄(1963年7月場所)
  • 前田川 克(1963年9月場所-1964年11月場所、1965年5月場所-1967年5月場所)
  • 前田川 勝朗(1965年1月場所-1965年3月場所)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]