天水山正則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天水山 正則(てんすいやま まさのり、本名:池田 正則(いけだ まさのり)、1940年12月8日-)は、熊本県玉名郡天水町(現・同県玉名市)出身の元大相撲力士伊勢ヶ濱部屋(入門時は荒磯部屋)に在籍した。最高位は西前頭10枚目(1965年7月場所)。現役時代の体格は176cm、128kg。得意手は左四つ、寄り、押し。

来歴[編集]

中学校を卒業後、上京し、元横綱照國が開いた荒磯部屋(のち、伊勢ヶ濱部屋に改称)へ入門。1956年5月場所で初土俵を踏んだ。同期の初土俵組には、後の関脇海乃山や前頭筆頭の大雄などがいる。同年9月、故郷の地名に因んだ「天水山」の四股名序ノ口に付いた(その後、本名の「池田」に改名した時期もあったが、すぐに元の「天水山」へ戻している)。

三段目までは順調に昇進したが、1958年9月場所からは4年10ヶ月もの間、幕下に在った。1963年5月場所では7戦全勝という好成績を挙げて幕下優勝を遂げ、翌場所、22歳で新十両に昇進。以降は、十両に定着した。

その後漸くは十両中下位を往復する時期が続いたが、西十両4枚目で迎えた1965年3月場所では12勝3敗と大勝ちし、十両優勝を果たした。そして、これを手土産に翌5月場所、24歳で入幕した。

左四つからの寄りを得意としたが、その取り口が幕内ではなかなか通用せず、幕内での勝ち越しは1場所のみ(新入幕時の8勝7敗。場所前より虫垂炎に罹り、薬で痛みを散らしながら成した勝ち越しであった)に終わっている。

1967年11月場所を最後に幕内から遠ざかり、その後十両からも転落。西幕下4枚目の地位で途中休場した1968年9月場所を以って、27歳の若さで廃業した。

廃業後は、住友金属に勤務。同社の相撲部の指導にも当たっていた。

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:389勝363敗2休 勝率.517
  • 幕内成績:23勝37敗 勝率.383
  • 現役在位:71場所
  • 幕内在位:4場所
  • 連続出場:752回(序ノ口以来、1956年9月場所-1968年9月場所(9日目))
  • 各段優勝:
    • 十両優勝:2回(1965年3月場所、1967年5月場所)
    • 幕下優勝:1回(1963年5月場所)

場所別成績[編集]

      

天水山 正則
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1956年
(昭和31年)
x x (前相撲) x 西 序ノ口 #25
3–5
 
x
1957年
(昭和32年)
西 序二段 #111
5–3
 
西 序二段 #77
8–0
 
東 三段目 #82
4–4
 
x 西 三段目 #65
6–2
 
西 三段目 #38
4–4
 
1958年
(昭和33年)
西 三段目 #37
5–3
 
西 三段目 #28
4–4
 
西 三段目 #25
4–4
 
東 三段目 #21
6–2
 
西 幕下 #83
5–3
 
西 幕下 #68
4–4
 
1959年
(昭和34年)
西 幕下 #66
4–4
 
東 幕下 #64
5–3
 
西 幕下 #57
6–2
 
東 幕下 #39
4–4
 
東 幕下 #38
5–3
 
西 幕下 #29
5–3
 
1960年
(昭和35年)
東 幕下 #26
4–4
 
東 幕下 #24
5–3
 
西 幕下 #18
4–4
 
西 幕下 #17
2–5
 
東 幕下 #31
3–4
 
東 幕下 #35
4–3
 
1961年
(昭和36年)
東 幕下 #33
2–5
 
東 幕下 #45
2–5
 
西 幕下 #65
6–1
 
東 幕下 #38
3–4
 
西 幕下 #45
3–4
 
西 幕下 #50
3–4
 
1962年
(昭和37年)
東 幕下 #57
6–1
 
東 幕下 #33
4–3
 
東 幕下 #30
4–3
 
東 幕下 #25
4–3
 
西 幕下 #23
4–3
 
西 幕下 #19
5–2
 
1963年
(昭和38年)
東 幕下 #9
3–4
 
西 幕下 #11
5–2
 
東 幕下 #6
優勝
7–0
西 十両 #15
9–6
 
東 十両 #10
8–7
 
東 十両 #7
6–9
 
1964年
(昭和39年)
西 十両 #9
7–8
 
東 十両 #10
8–7
 
東 十両 #8
7–8
 
西 十両 #9
5–10
 
東 十両 #16
9–6
 
東 十両 #7
7–8
 
1965年
(昭和40年)
東 十両 #8
11–4
 
西 十両 #4
優勝
12–3
東 前頭 #14
8–7
 
西 前頭 #10
2–13
 
西 十両 #4
6–9
 
西 十両 #7
7–8
 
1966年
(昭和41年)
西 十両 #8
9–6
 
西 十両 #2
6–9
 
東 十両 #6
8–7
 
東 十両 #4
5–10
 
西 十両 #8
8–7
 
西 十両 #4
6–9
 
1967年
(昭和42年)
東 十両 #7
8–7
 
東 十両 #6
8–7
 
東 十両 #7
優勝
12–3
西 前頭 #10
7–8
 
東 十両 #1
8–7
 
東 前頭 #11
6–9
 
1968年
(昭和43年)
東 十両 #2
5–10
 
西 十両 #7
7–8
 
西 十両 #9
7–8
 
西 十両 #11
4–11
 
西 幕下 #4
引退
1–4–2
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 天水山 正則(てんすいやま まさのり、1956年9月場所-1963年1月場所・1963年7月場所-1968年9月場所)
  • 池田 正則(いけだ -、1963年3月場所-同年5月場所)

関連項目[編集]