富士錦猛光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士錦 猛光 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 渡辺 章→冨士錦 章→冨士錦 昇→冨士錦 章→富士錦 章→富士錦 猛光
本名 一宮 章
愛称 平和ちゃん
生年月日 1937年3月18日
没年月日 2003年12月17日(満66歳没)
出身 山梨県甲府市
身長 175cm
体重 136kg
BMI 44.41(標準は22)
所属部屋 高砂部屋
得意技 突き、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 小結
生涯戦歴 574勝559敗5休(86場所)
幕内戦歴 414勝466敗5休(59場所)
優勝 幕内最高優勝1回
幕下優勝1回
殊勲賞2回
敢闘賞4回
技能賞1回
データ
初土俵 1953年3月場所
入幕 1959年1月場所
引退 1968年11月場所
備考
金星7個(若乃花1個、栃ノ海3個、柏戸2個、佐田の山1個)
2012年12月25日現在

富士錦 猛光(ふじにしき たけみつ、1937年3月18日 - 2003年12月17日)は、山梨県甲府市出身で高砂部屋所属の元大相撲力士。本名は一宮章(旧姓は渡辺)。身長175cm、体重136kg。得意手は突き、押し。最高位は東小結。長男はプロレスラー一宮章一。次男は元横綱朝青龍マネージャーの一宮章広。その風貌と優しく穏やかな性格から「平和ちゃん」の愛称で親しまれた。

来歴[編集]

小学生の頃に相撲を初め当初は嫌々だったが強くなり中学生の時には県大会で優勝、高校1年で国体に出場するなどの実績を残した。

1952年(昭和27年)夏に髙砂一門が巡業に来た際に勧誘され後に4代目髙砂親方(元横綱前田山)から直々に勧誘されて入門を決意、1953年(昭和28年)3月場所初土俵

四股名は入門当初に目を掛けてくれた髙砂部屋の横綱東富士の『富士』を頂戴して命名した。立合いに頭で当たっての突き押しが強かったが四つに組むと脆かった。

1959年1月場所新入幕。この場所は5勝10敗と大敗し十両に陥落。しかし1場所で返り咲きそれ以降は平幕上位に定着する。1963年(昭和38年)の7月場所中に母を亡くしたが奮起し、不振とはいえ2大関(豊山栃ノ海)を倒して9勝6敗の成績を挙げ殊勲賞を獲得した。

1964年(昭和39年)、母の1周忌を済ませて臨んだ7月場所は誰しもが驚く絶好調、大鵬[1]柏戸の二横綱が休場不在とはいえ、豊山、佐田の山ら4人の大関をさしおいて14勝1敗の好成績を挙げて優勝した。上位での番付運に恵まれず小結で勝ち越すこと3回、さらに14勝1敗の好成績での優勝までありながら関脇にはなれなかったが実力は関脇と認められている。史上初の最高位が小結の優勝力士になった。[2]

1968年(昭和43年)11月場所は1勝14敗と大敗して現役を引退、年寄西岩を襲名。後に尾上と名跡を改め、髙砂部屋付き年寄として高見山らを厳しく指導した。

1988年(昭和63年)に5代目髙砂(元横綱3代朝潮)が亡くなると6代目髙砂浦五郎として髙砂部屋を継承した。師匠としては先代から引き継いだ4代朝潮は既に衰え、朝潮の引退後小錦は横綱目前、水戸泉は大関を狙える所まで進みながら、どちらも膝の故障で果たせず番付を下げるなど力士の育成に苦労したが、直弟子の小結・闘牙、十両・泉州山など個性的な力士を輩出した。

しかし、2000年(平成12年)に闘牙が交通事故人身事故)を起こしたことで師匠としての責任を問われ降格、減給処分を受けた。この頃から体調が優れなくなり、入退院を繰り返すようになった。

2002年(平成14年)に元大関:4代朝潮の若松親方と年寄名跡を交換して部屋を譲り3月場所後に停年退職。退職後も髙砂部屋や一門の東関部屋に顔を出し、稽古を視察するなど元気な姿を見せていたが、2003年(平成15年)12月17日に慢性腎不全で死去した。66歳没。

墓石には「六代目 高砂浦五郎」と刻まれている。

1994年(平成6年)、東京都台東区に髙砂部屋が入った自宅マンションを建てたが、2002年(平成14年)の若松部屋との合併により、髙砂部屋は若松部屋の建物に移転する形となったことから、相撲部屋としては空き家になった。そのため、現在では独立間もない若手の部屋持ち親方に部屋を貸している(現在は千賀ノ浦部屋が入居)。

秘話[編集]

主な成績[編集]

  • 通算成績:574勝559敗5休 勝率.507
  • 幕内成績:414勝466敗5休 勝率.470
  • 現役在位:86場所
  • 幕内在位:59場所
  • 三役在位:10場所(小結10場所)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1964年7月場所)
    • 幕下優勝:1回(1956年9月場所)
  • 三賞:7回
    • 殊勲賞:2回 (1963年3月場所,1963年7月場所)
    • 敢闘賞:4回 (1959年7月場所,1959年11月場所,1961年1月場所,1964月7年場所)
    • 技能賞:1回 (1964年7月場所)
  • 金星:7個(若乃花1個、栃ノ海3個、柏戸2個、佐田の山1個)


場所別成績[編集]

      

富士錦猛光
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1953年
(昭和28年)
x 序ノ口
3–0
 
西 序二段 #26
5–3
 
x 東 序二段 #10
4–4
 
x
1954年
(昭和29年)
東 序二段 #5
5–3
 
西 三段目 #50
4–4
 
東 三段目 #48
4–4
 
x 西 三段目 #44
6–2
 
x
1955年
(昭和30年)
東 三段目 #29
5–3
 
東 三段目 #8
4–4
 
東 三段目 #3
3–5
 
x 西 三段目 #5
5–3
 
x
1956年
(昭和31年)
東 幕下 #53
5–3
 
西 幕下 #43
6–2
 
東 幕下 #35
6–2
 
x 西 幕下 #24
優勝
7–1
x
1957年
(昭和32年)
西 幕下 #6
2–6
 
東 幕下 #15
7–1
 
東 幕下 #3
3–5
 
x 東 幕下 #8
4–4
 
東 幕下 #8
5–3
 
1958年
(昭和33年)
西 幕下 #4
6–2
 
西 十両 #24
8–7
 
東 十両 #23
11–4
 
西 十両 #14
8–7
 
西 十両 #10
11–4
 
西 十両 #2
11–4
 
1959年
(昭和34年)
東 前頭 #18
5–10
 
東 十両 #3
12–3
 
西 前頭 #18
9–6
 
西 前頭 #14
12–3
西 前頭 #3
4–11
 
東 前頭 #11
12–3
1960年
(昭和35年)
東 前頭 #2
9–6
 
西 小結
7–8
 
西 前頭 #2
5–10
 
西 前頭 #6
5–10
東 前頭 #7
6–9
 
東 前頭 #11
11–4
 
1961年
(昭和36年)
西 前頭 #4
10–5
西 張出小結
8–7
 
東 小結
7–8
 
東 前頭 #1
9–6
 
東 小結
8–7
 
東 小結
8–7
 
1962年
(昭和37年)
西 小結
4–11
 
東 前頭 #5
7–8
 
西 前頭 #4
4–11
 
西 前頭 #10
9–6
 
東 前頭 #5
8–7
 
西 前頭 #1
4–11
 
1963年
(昭和38年)
西 前頭 #7
11–4
 
東 前頭 #1
8–7
西 小結
4–11
 
西 前頭 #3
9–6
西 小結
2–8–5[4]
 
西 前頭 #7
8–7
 
1964年
(昭和39年)
西 前頭 #3
7–8
 
西 前頭 #3
4–11
 
西 前頭 #5
5–10
 
西 前頭 #9
14–1
東 小結
4–11
 
西 前頭 #4
6–9
1965年
(昭和40年)
東 前頭 #6
8–7
 
西 前頭 #3
5–10
 
西 前頭 #5
6–9
 
西 前頭 #7
10–5
 
東 前頭 #3
7–8
西 前頭 #3
8–7
 
1966年
(昭和41年)
東 前頭 #3
8–7
 
西 前頭 #2
6–9
西 前頭 #3
9–6
東 前頭 #1
6–9
 
西 前頭 #3
7–8
 
西 前頭 #3
10–5
 
1967年
(昭和42年)
西 張出小結
6–9
 
東 前頭 #2
8–7
東 前頭 #1
2–13
 
西 前頭 #5
7–8
 
西 前頭 #6
5–10
 
東 前頭 #9
8–7
 
1968年
(昭和43年)
東 前頭 #7
8–7
 
西 前頭 #5
5–10
 
西 前頭 #8
7–8
 
東 前頭 #9
6–9
 
東 前頭 #12
8–7
 
西 前頭 #9
引退
1–14–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)


年寄変遷[編集]

  • 西岩 猛光(にしいわ たけみつ)1968年11月-1969年3月
  • 西岩 章(にしいわ あきら)1969年3月-1971年9月
  • 尾上 章(おのえ -)1971年9月-1979年3月
  • 尾上 彰(おのえ -)1979年3月-1988年10月
  • 髙砂 彰伸(たかさご あきのぶ)1988年10月-1988年12月
  • 髙砂 浦五郎(たかさご うらごろう)1988年12月-2002年2月
  • 若松 章(わかまつ あきら)2002年2月-2002年3月

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大鵬の大関時代までは富士錦の3勝5敗と健闘していたが、大鵬の横綱昇進後は22戦全敗で1度も勝てなかった。
  2. ^ ほかに若浪がいる。なお、大蛇山は平幕止まり。
  3. ^ 元小結・富士錦の棺で歌った…床寿“涙のカラオケ” 夕刊フジ 2008年12月15日閲覧
  4. ^ 右足首関節挫傷により10日目から途中休場