若見山幸平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

若見山 幸平(わかみやま こうへい、1943年4月16日-)は、1960年代に活躍した大相撲力士である。本名は熊野 敏彦(くまの としひこ)。富山県富山市出身で、現役時代は立浪部屋に所属した。最高位は西関脇1965年11月場所・1966年1月場所)。現役当時の体格は177cm、176kg。得意手は右四つ、寄り、極め出し

来歴[編集]

14歳の時に立浪部屋へ入門し、1957年11月場所にて初土俵。同場所では番付外で好成績を残したため後半より新序に出世して相撲を取り、負け越したものの、翌場所では序ノ口を飛び越していきなり序二段に付いた。当初の四股名は、本名と同じ「熊野」。

その後も順調に出世し、1963年5月場所で十両に昇進した。4場所連続の勝ち越しで十両を突破し、1964年1月場所で新入幕。同場所では10勝5敗と大きく勝ち越し、三賞受賞は成らなかったが、同じ新入幕で13勝2敗と大勝ちした北の冨士や入幕2場所目で14勝1敗・準優勝の清國とともに「若手三羽烏」と呼ばれた。東前頭2枚目の地位で迎えた翌3月場所では大関栃光を破り、8勝7敗と勝ち越して敢闘賞を受賞(これが唯一の三賞)、5月場所では三役小結)に昇進した。

東前頭2枚目で迎えた1965年1月場所の8日目、大鵬戦で左ひざを痛めて翌日から休場した[1]

身長は177cmと小柄であったが、体重が身長とほぼ同じ数値という巨体を生かした相撲ぶりで、極め出しを得意とした。しかしその後は糖尿病に罹ったこともあってか、関脇まで昇進するも、あまり活躍できなかった。新入幕の場所以降、幕内では幾度も2桁勝利を記録したが、いずれも再度の敢闘賞受賞に結び付かなかったのは不運であった。

東十両9枚目の地位で1勝14敗と大敗した1969年11月場所を最後に、26歳の若さで引退。引退後は、年寄大鳴戸として相撲協会に残ったが、すぐに1970年3月場所限りで廃業してしまった。

角界を離れてからは、東京都内でレストランの支配人を務めた他、ガソリンスタンドなどを経営したという。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:423勝404敗12休 勝率.511
  • 幕内成績:173勝220敗12休 勝率.440
  • 現役在位:72場所
  • 幕内在位:27場所
  • 三役在位:5場所(関脇2場所、小結3場所)
  • 三賞:1回
    • 敢闘賞:1回(1964年3月場所)
  • 金星:1個(佐田の山1個)
  • 各段優勝:十両優勝1回(1968年7月場所)

場所別成績[編集]

若見山 幸平
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1957年
(昭和32年)
x x x x x 西 新序
1–2
 
1958年
(昭和33年)
西 序二段 #126
6–2
 
東 序二段 #93
1–7
 
西 序二段 #104
5–3
 
西 序二段 #74
6–2
 
西 序二段 #41
5–3
 
西 序二段 #21
4–4
 
1959年
(昭和34年)
西 序二段 #19
7–1
 
西 三段目 #77
6–2
 
西 三段目 #55
2–6
 
西 三段目 #65
3–5
 
西 三段目 #72
4–4
 
東 三段目 #66
5–3
 
1960年
(昭和35年)
東 三段目 #49
5–3
 
東 三段目 #34
5–3
 
東 三段目 #12
5–3
 
東 幕下 #82
1–6
 
西 三段目 #16
5–2
 
東 幕下 #82
6–1
 
1961年
(昭和36年)
東 幕下 #62
3–4
 
東 幕下 #71
5–2
 
東 幕下 #52
1–6
 
東 幕下 #69
4–3
 
西 幕下 #62
5–2
 
東 幕下 #44
5–2
 
1962年
(昭和37年)
東 幕下 #28
3–4
 
西 幕下 #30
3–4
 
西 幕下 #31
4–3
 
東 幕下 #26
3–4
 
東 幕下 #28
6–1
 
西 幕下 #16
6–1
 
1963年
(昭和38年)
東 幕下 #5
5–2
 
西 幕下 #2
6–1
 
西 十両 #14
10–5
 
西 十両 #11
9–6
 
東 十両 #6
10–5
 
西 十両 #2
11–4
 
1964年
(昭和39年)
東 前頭 #14
10–5
 
東 前頭 #2
8–7
西 小結
4–11
 
西 前頭 #5
11–4
 
西 小結
5–10
 
西 前頭 #3
8–7
 
1965年
(昭和40年)
東 前頭 #2
2–7–6[1][2]
 
西 前頭 #10
6–9
 
西 前頭 #12
10–5
 
西 前頭 #6
11–4
 
西 小結
8–7
 
西 関脇
9–6
 
1966年
(昭和41年)
西 関脇
6–9
 
西 前頭 #1
4–11
西 前頭 #4
7–8
 
東 前頭 #5
9–6
 
東 前頭 #1
2–7–6[3]
 
西 前頭 #7
8–7
 
1967年
(昭和42年)
西 前頭 #3
3–12
 
西 前頭 #12
10–5
 
東 前頭 #5
5–10
 
東 前頭 #9
8–7
 
西 前頭 #8
8–7
 
東 前頭 #5
4–11
 
1968年
(昭和43年)
東 前頭 #12
2–13
 
西 十両 #5
9–6
 
西 十両 #1
8–7
 
西 十両 #1
優勝
14–1
西 前頭 #6
3–12
 
東 十両 #1
9–6
 
1969年
(昭和44年)
東 前頭 #12
2–13
 
西 十両 #9
8–7
 
西 十両 #6
7–8
 
西 十両 #7
5–10
 
東 十両 #12
9–6
 
東 十両 #9
引退
1–14–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 熊野(くまの、1958年1月場所-1959年7月場所)
  • 若見山(わかみやま、1959年9月場所-1969年11月場所)

年寄遍歴[編集]

  • 大鳴戸(おおなると、1969年11月-1970年3月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 若見山休場 読売新聞 1965年1月19日 夕刊7頁
  2. ^ 糖尿病・左膝内側側副靱帯損傷により9日目から途中休場
  3. ^ 腰部捻挫により9日目から途中休場

関連項目[編集]