出羽湊利吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出羽湊 利吉 Sumo pictogram.svg
Dewaminato Scan10007.JPG
出羽湊のミニブロマイド
基礎情報
四股名 出羽湊 利吉
本名 佐藤 利吉
愛称 業師
生年月日 1907年3月20日
没年月日 1964年5月17日(満57歳没)
出身 秋田県南秋田郡土崎港町
(現:秋田県秋田市土崎港
身長 177cm
体重 98kg
BMI 31.28
所属部屋 出羽海部屋
得意技 右四つ、櫓投げ、切り返し、外掛け、腕捻り、無双、肩透かし
成績
現在の番付 引退
最高位 関脇
生涯戦歴 197勝158敗1分35休(41場所)
幕内戦歴 121勝120敗1分35休(21場所)
優勝 幕内最高優勝1回
十両優勝1回
幕下優勝1回
データ
初土俵 1928年5月場所
入幕 1935年1月場所
引退 1944年11月場所
備考
金星1個(男女ノ川1個)
2013年8月4日現在

出羽湊 利吉(でわみなと りきち、1907年3月20日 - 1964年5月17日)は、秋田県南秋田郡土崎港町(現:秋田県秋田市土崎港)出身の元大相撲力士。本名は佐藤 利吉(さとう りきち)。

来歴[編集]

1907年3月20日秋田県南秋田郡土崎港町(現:秋田県秋田市土崎港)で米屋を営む家に二男として生まれる。地元の尋常高等小学校を卒業し、近所の那波商店酒造部で勤務しながら土地相撲で活躍していた時に、大相撲の巡業が秋田へやってきた際に同郷の新海幸藏から勧誘され、兄からも勧められたことで出羽海部屋へ入門した。徴兵検査では重砲兵として既に合格していたが、力士転向を申し出るとすぐに許可された。また、四股名は郷里の土崎港に因んで「土ヶ嵜」とした。

1928年5月場所で初土俵を踏むと、1932年1月6日に勃発した春秋園事件では、幕下から脱退した数少ない力士の1人となった。1933年1月場所において幕下格で帰参してからは負け越し知らずのまま、1934年5月場所で全勝での十両優勝を果たし、1935年1月場所で新入幕を果たした。筋肉質の体格で足腰が非常に強く、立ち合いから常に先手で攻める千変万化の取り口で曲者・業師と称された。また、右を差してから鋭い出足を生かした寄りも強く、名寄岩静男には通算で5勝4敗と「名寄岩キラー」ぶりを発揮した。

1937年1月場所では関脇に昇進したが、この場所を2勝9敗と大きく負け越してすぐに平幕陥落、さらに左足の負傷によって2場所連続で途中休場することとなる。このままでは十両陥落の危機に立たされるが、1939年1月場所では西前頭17枚目でありながら初日から連勝を続け、羽黒山政司玉ノ海梅吉の両小結を破って13戦全勝として幕内最高優勝を果たした。奇しくもこの場所は、4日目に双葉山定次の連勝が安藝ノ海節男によって69で止まった場所だったが、出羽湊が幕尻から一気に小結へ昇進した同年5月場所では双葉山が15戦全勝で幕内最高優勝を達成したことで、出羽湊の全勝優勝額の両脇に双葉山の全勝優勝額が掛かる皮肉な結果となった。それでも、1936年1月場所の玉錦三右エ門から8枚連続で全勝優勝額が掲げられたが、その中に平幕下位だった出羽湊が名を連ねたことは大いに価値がある。なお、昭和19年5月場所では10戦全敗を記録しており、史上初の幕内で全勝と全敗の両方を経験した力士になるという珍記録を樹立した。2014年5月場所終了時点で同じ記録を持つ力士は存在しない。

全勝優勝を果たした後も三役から平幕上位で活躍し、前述通り名寄岩に勝ち越したほか、大関時代の前田山英五郎と対戦して2勝したが、1944年11月場所を最後に現役を引退した。現役中に双葉山とは15回対戦しているが、0勝15敗と全て敗れている(年2場所制下では笠置山勝一の0勝17敗に次ぐワースト記録)。

引退後は年寄・濵風を襲名し、1947年から渋谷で氷屋を経営したほか、1949年からはその店を鶏肉店に、さらに相撲料理店「ちゃんこ浜風」と変えて経営したが1964年5月17日に死去、57歳没。相撲料理店を開店してから2年後、日本相撲協会を廃業してから1年経たずだった。

主な成績[編集]

1939年1月場所で幕内最高優勝を全勝で飾り、賜杯を抱く
  • 通算成績:197勝158敗1分35休 勝率.555
  • 幕内成績:121勝120敗1分35休 勝率.502
  • 現役在位:41場所
  • 幕内在位:21場所
  • 三役在位:5場所(関脇3場所、小結2場所)
  • 金星:1個(男女ノ川1個)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1939年1月場所)
    • 十両優勝:1回(1934年5月場所)
    • 幕下優勝:1回(1933年5月場所)

場所別成績[編集]

出羽湊利吉
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1928年
(昭和3年)
x x (前相撲) 序ノ口

 
1929年
(昭和4年)
西 序二段 #40
6–0
 
西 序二段 #40
4–2
 
東 三段目 #29
3–3
 
東 三段目 #29
4–2
 
1930年
(昭和5年)
東 三段目 #12
4–2
 
東 三段目 #12
3–3
 
西 幕下 #29
2–4
 
西 幕下 #29
5–1
 
1931年
(昭和6年)
西 幕下 #12
1–5
 
西 幕下 #12
2–4
 
西 三段目 #2
5–1
 
西 三段目 #2
4–2
 
1932年
(昭和7年)
東 幕下 #17

脱退

 
x x x
1933年
(昭和8年)
幕下
7–2
 
x 東 幕下 #7
優勝
8–3
x
1934年
(昭和9年)
東 十両 #10
7–4
 
x 東 十両 #3
優勝
11–0
x
1935年
(昭和10年)
西 前頭 #9
6–5
 
x 西 前頭 #7
6–5
 
x
1936年
(昭和11年)
東 前頭 #5
8–3
 
x 西 前頭 #1
7–4
 
x
1937年
(昭和12年)
東 関脇
2–9
 
x 東 前頭 #3
7–6
 
x
1938年
(昭和13年)
東 前頭 #2
2–5–6[1]
x 東 前頭 #9
3–5–5[2]
 
x
1939年
(昭和14年)
西 前頭 #17
13–0
 
x 西 小結
5–10
 
x
1940年
(昭和15年)
西 前頭 #8
8–7
 
x 西 前頭 #2
10–5
 
x
1941年
(昭和16年)
東 小結
0–2–13[3]
 
x 東 前頭 #5
9–6
 
x
1942年
(昭和17年)
西 前頭 #1
9–6
 
x 西 関脇
8–6
(1分)

 
x
1943年
(昭和18年)
東 関脇
3–12
 
x 西 前頭 #4
7–8
 
x
1944年
(昭和19年)
東 前頭 #4
8–6–1[4]
 
x 西 前頭 #2
0–10
 
西 前頭 #15
引退
0–0–10
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

四股名遍歴[編集]

  • 佐藤 利吉(さとう りきち):1928年3月場所 - 1930年5月場所
  • 土ヶ嵜 利吉(つちがさき - ):1930年10月場所 - 1933年5月場所
  • 出羽湊 利吉(でわみなと - ):1934年1月場所 - 1935年1月場所、1936年1月場所、1937年1月場所 - 1944年11月場所(引退)
  • 出羽湊 利市(でわみなと りいち):1935年5月場所
  • 出羽港 利吉(でわみなと りきち):1936年5月場所

年寄遍歴[編集]

  • 濱風 利吉(はまかぜ りきち):1945年6月 - 1963年7月(廃業)

脚注[編集]

  1. ^ 左足首関節捻挫により7日目から途中休場
  2. ^ 左足部負傷により8日目から途中休場
  3. ^ 右膝関節脱臼により2日目から途中休場
  4. ^ 急性肺臓炎・発熱により14日目から途中休場

関連項目[編集]