玉乃海太三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

玉乃海 太三郎(たまのうみ だいさぶろう、本名:三浦 朝弘(みうら ともひろ)、1923年1月2日 - 1987年9月27日)は、大分県大分市出身で二所ノ関部屋の元大相撲力士。最高位は東関脇。全盛期の体格は181cm、122kg。得意技は右四つ、櫓投げ、外掛け。

来歴[編集]

現役時代[編集]

料亭板前の家に六人兄弟の長男として生まれた。小学校時代は野球に熱中しており大分県立商業学校(現大分県立大分商業高等学校)からの誘いもあったが中学には進学せず、玉錦二所ノ関部屋)の一行が巡業に来たのを見て力士になることを志望した。最初本人は郷土の英雄であった双葉山への入門を希望したものの、玉錦が二枚鑑札で師匠でもあった二所ノ関部屋に入門、1937年(昭和12年)5月場所初土俵神風と同期だった。四股名福住

幕下だった1940年(昭和15年)に上海で巡業が行なわれた時のこと、と食事を振舞われた後に宿舎に帰ろうと黄包車(ワンポーツ、タクシーのようなもの)を止めたが酔っ払っていたことを理由に乗車拒否される。酒癖の悪い福住は怒って運転手を引きずり降ろしケンカを始める。そこへ憲兵数名が駆けつけるが悪いことに彼らも酒を飲んでいた。いきなり軍刀の鞘で殴られて激怒した福住はその憲兵全員を叩きのめしてしまう。憲兵に暴力を振るいしかも倒してしまったところへ、今度はしらふの憲兵が駆けつけて拳銃を抜く。このためあわや殺されるかという所だったが、当時大関羽黒山と師匠玉錦亡き後に二所ノ関を継いだ玉ノ海が懸命に詫びを入れどうにか許された。また当時は大日本相撲協会の理事に、予備陸軍大将が就いていたことも福住に有利に働いた。その代わり協会から破門することが条件とされてしまった。流石に逆らえず除名となった。

太平洋戦争開戦後の1942年(昭和17年)1月、海軍軍属としてトラック諸島テニアン島ガダルカナル島の飛行場建設に従事した。米軍の攻撃によりジャングルへ逃げこむが飢餓地獄を生き延び、戦死、病死、餓死者25,000人以上という敗戦の中にあって、ケ号作戦によって奇跡的に救出された海軍の生存者832名のひとりとなった。マラリアアメーバ赤痢にかかり「一週間の命」であったが、これも生き延び帰国。大分の実家に帰ってきたときは出発時90kgの大男が骨と皮に痩せていたと言う。

病み上がりの1944年(昭和19年)春、徴兵検査を受け現役兵たる陸軍二等兵として陸軍に入営。部隊は満州から南方戦線へ転戦したが教育課程未修了であったのでただ一人はずされた。部隊はサイパンの戦いで全員玉砕したため、またもや生き延びたことになる。東安省虎林で終戦を迎えシベリアへ抑留されたがソ連軍監視兵の目を盗んで脱走、貨車にもぐりこみ中国領内に逃げ込んで中国人に変装した。1947年(昭和22年)に復員船で帰国。その後数年の間、故郷の大分や愛媛県野村町でアマチュア相撲のコーチをして暮らしていた。

1950年(昭和25年)に師匠玉錦の夢を見たという。するとその翌日に二所ノ関(玉ノ海)から破門を解くから戻って来いと言われて復帰、幕下格で帰参した。神風には「儂がやめる時になって帰って来たのか」と言われたらしい。

1952年(昭和27年)9月場所新入幕。1953年(昭和28年)5月場所2日目に命の恩人羽黒山と対戦、高熱を出していたが出場し見事に勝って恩を返した。これが結果として羽黒山最後の土俵になった。

1956年(昭和31年)9月場所小結で9勝6敗、殊勲賞を獲得、その後関脇で2場所連続11勝4敗、殊勲賞と敢闘賞を1回ずつ受賞し、3場所連続三役在位勝3場所合計31勝とした。当時の基準では大関に昇進してもおかしくなかったが、同時期に連続3場所関脇在位して合計29勝(8勝-8勝、13勝での優勝)であった朝潮が直前の優勝を評価される形で大関昇進を射止める結果となった。その後マラリアにかかり無念の2場所連続休場、一時は体重が90kgまで落ちたが懸命に回復に努め14枚目まで落ち再起をかけた1957年九州本場所、後援会より贈られた金色のまわしを締めて土俵に上がる。理事長の時津風からまわしの色にも規則があるからだめだと指摘されるがこの場所を最後と覚悟を決めていることを話すと特別に許可を得ることができた。この場所は見事涙の全勝優勝を飾った。千秋楽に引退発表を考えていたそうだが慰留され現役続行となった。この優勝により第1回九州本場所での優勝力士として名を残すことになったが、実は前年の九州準場所でも優勝しているため事実上の九州場所2連覇だった。

栃錦にはめっぽう強く通算対戦成績は玉乃海11勝、栃錦16勝。最後に6連敗するまでは勝ち越していた。これはかつて栃錦に初顔から2連敗した時に勝ったら懸賞を出すと言われたことがあるようだ。取り口は怪力を生かし四つ身から櫓投げを放つなど豪快そのもの、「荒法師」の異名をとった。

年寄時代[編集]

引退して年寄片男波を襲名、1964年に控える理事長選挙の票田を確保する目的[1]で内弟子を連れての二所ノ関部屋からの分家独立を考えていたが二所ノ関(大関・佐賀ノ花)が許さず、1962年5月場所前には、内弟子を連れて部屋を飛び出す実力行使まで行った。すると怒った二所ノ関は成年に達した養成員全員分の廃業届を書く。どうにか取り消されたが両者とも減給処分。結局その後、先代の二所ノ関である玉の海を呼んでの話し合いの結果独立は許された。

しかし1971年(昭和46年)10月11日、部屋頭であり、この先ますますの大成が期待されていた愛弟子の横綱玉の海が、虫垂炎の切除手術を受けた入院先の病院で、退院を翌日に控えて肺血栓で急死するという悲劇に見舞われる。その後、小結玉輝山玉龍、関脇玉ノ富士を育てたが、停年目前の1987年(昭和62年)9月27日に死去した。

エピソード[編集]

酒豪[編集]

玉乃海は酒が大好きで酒豪で知られた。しかし憲兵との騒動に代表されるように大変酒癖が悪く、酔うと暴れたり喧嘩を売ったりしていたという。現役時代のある時は、都電の軌道上で横になるとそのまま眠ってしまったが、幸いこれを目視した列車の運転士が電車を停め、通報で駆けつけた付け人(宮柱)が運転士に頭を下げて彼を連れ帰った。親方になっても酒癖の悪さは変わらず、ヤクザでも警官でも構わず喧嘩を売り、力士以外では止めることもできないので警察も困っていた。しかし弟子の玉乃島横綱を見送られた時には本気で禁酒を考えたという。

北の富士の著書によると、彼が新弟子の頃に、早朝の朝稽古に向かう際、玉乃海が部屋の前にあるおでんの屋台の前でヤクザ4人を正座させ説教をしていた。北の富士が事情を聞くと、ヤクザ達が玉乃海に「肩が触れた」と因縁をつけられ「天皇陛下から下賜された優勝賜杯を抱いたこの肩に、気安く触れるとは何事だ」と逆にヤクザを叩きのめして説教をしていたという。

素面の時は「一見怖いが、物分りのいい親方」として、弟子や記者など、周辺の者からの評価は極めて高かった。そのため「片男波が酒を飲む前に取材を済ませる」ことが記者の間では鉄則だったという。

軍隊時代[編集]

  • 海軍軍属時代、ガダルカナル島では仲間と作業を手伝うふりをして軍の食料を盗んで逃げたと言う。
  • 陸軍軍人時代、兵種砲兵に配属され、本来は2人でかつぐ105kgの火砲の分解部品を1人でかついだ。

親方時代[編集]

  • 春日野二子山などの居並ぶ前で、理事会にはいつも遅刻、その上「血糖値が低くなるから」と言っては着物の袂からおにぎりやゆで卵を出して食べていた。

女性問題[編集]

1959年に交際していた女性とトラブルになり民事訴訟を起こされたが、2年後に玉乃海側が勝訴した。原告は相撲ファンの女性で相撲部屋に出入りしており、 そこで知り合った玉乃海と交際していた。女性は交際中に総額200万円の金品供与(生活費の補助や家電製品、弟子に贈る浴衣など)を玉乃海に対して行った。だが次第に両者の関係が悪化し、裁判に発展することとなる。女性は婚約不履行による慰謝料50万円と、先述の金品供与の総額200万円の返還を求めた(金品供与は贈与ではなく立替であったと主張。もし贈与のため返還請求権がないのであれば慰謝料の請求額を250万円にするとしている)。しかし、東京地裁は両者の間の婚約の成立を認めず、慰謝料の請求を退けた。また、金品供与も女性が玉乃海を喜ばせるために行った贈与であるとして、返還請求を認めなかった(ただし一部の供与については立替と認定した)。(出典 田村五郎(1985)『家庭の裁判 夫婦(増補版)』日本評論社、286ページ~287ページ)

主な成績[編集]

  • 通算成績:403勝331敗35休 勝率.549
  • 幕内成績:303勝280敗32休 勝率.520
  • 現役在位:56場所
  • 幕内在位:41場所
  • 三役在位:10場所 (関脇5場所、小結5場所)
  • 三賞:5回
    • 殊勲賞:2回 (1956年9月場所、1957年3月場所)
    • 敢闘賞:3回 (1953年1月場所、1957年1月場所、1957年11月場所)
  • 金星:9個(羽黒山1個、栃錦4個、鏡里1個、吉葉山1個、千代の山2個)
  • 各段優勝
    • 幕内最高優勝:1回(1957年11月場所=全勝優勝)
    • 序ノ口優勝:1回 (1938年5月場所)

場所別成績[編集]

                                                           

玉乃海 太三郎
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1937年
(昭和12年)
x x (前相撲) x x x
1938年
(昭和13年)
新序
1–2
 
x 西 序ノ口 #1
優勝
6–1
x x x
1939年
(昭和14年)
東 序二段 #2
4–3
 
x 東 三段目 #27
4–4
 
x x x
1940年
(昭和15年)
東 三段目 #25
4–3–1
 
x 西 三段目 #23
6–2
 
x x x
1941年
(昭和16年)
東 幕下 #31
3–5
 
x x x x x
1942年
(昭和17年)
x x x x x x
1943年
(昭和18年)
x x x x x x
1944年
(昭和19年)
x x x x x x
1945年
(昭和20年)
x x x x x x
1946年
(昭和21年)
x x x x x x
1947年
(昭和22年)
x x x x x x
1948年
(昭和23年)
x x x x x x
1949年
(昭和24年)
x x x x x x
1950年
(昭和25年)
x x 西 幕下 #28
12–3
 
x 東 幕下 #16
11–4
 
x
1951年
(昭和26年)
東 幕下 #6
11–4
 
x 西 十両 #14
9–6
 
x 東 十両 #8
8–5–2
 
x
1952年
(昭和27年)
東 十両 #7
11–4
 
x 西 十両 #2
10–5
 
x 東 前頭 #18
10–5
 
x
1953年
(昭和28年)
東 前頭 #9
13–2
西 前頭 #1
7–8
 
西 前頭 #2
5–7–3[2]
x 東 前頭 #4
8–7
 
x
1954年
(昭和29年)
東 前頭 #3
7–8
 
東 前頭 #4
5–10
 
西 前頭 #6
6–6–3[3]
 
x 西 前頭 #7
9–6
 
x
1955年
(昭和30年)
東 前頭 #5
8–7
 
東 前頭 #4
7–8
西 前頭 #4
6–9
 
x 西 前頭 #6
8–7
x
1956年
(昭和31年)
西 前頭 #3
5–10
 
東 前頭 #6
10–5
 
東 前頭 #2
10–5
x 西 小結
9–6
x
1957年
(昭和32年)
西 関脇
11–4
東 関脇
11–4
東 関脇
0–6–9[4]
 
x 西 前頭 #4
休場
0–0–15
東 前頭 #14
15–0
1958年
(昭和33年)
西 小結
5–10
 
東 前頭 #3
6–9
西 前頭 #6
11–4
 
西 小結
6–9
 
東 前頭 #2
10–5
西 小結
8–7
 
1959年
(昭和34年)
西 張出関脇
9–6
 
西 関脇
4–9–2[5]
 
東 前頭 #5
8–7
 
東 前頭 #2
4–11
 
西 前頭 #7
9–6
 
西 前頭 #1
12–3
 
1960年
(昭和35年)
西 小結
4–11
 
東 前頭 #5
3–12
 
西 前頭 #13
10–5
 
西 前頭 #5
4–11
 
東 前頭 #8
7–8
 
東 前頭 #9
6–9
 
1961年
(昭和36年)
東 前頭 #13
引退
7–8–0
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時は現役の関取が理事長選挙の投票権を持っていたため、2年後の理事長選挙に備えて現役関取2人に加えてそれまでに関取になっているだろう幕下力士2人の計4票を確保しておきたかったと言われている。
  2. ^ 急性扁桃腺炎により4日目から途中休場、8日目から再出場
  3. ^ 後頭部打撲・脳震盪により12日目から途中休場
  4. ^ 急性肝臓炎・黄疸・急性胆嚢炎・マラリアにより6日目から途中休場
  5. ^ 右足首関節捻挫により13日目から途中休場