男女ノ川登三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男女ノ川 登三 Sumo pictogram.svg
Minanogawa.jpg
男女ノ川登三の版画
基礎情報
四股名 男女ノ川 登三
本名 坂田 供次郎
愛称 動く仁王・昭和の雷電・角界四天王
五大力士・三鷹の三奇人
生年月日 1903年9月17日
没年月日 1971年1月20日(満67歳没)
出身 茨城県筑波郡菅間村磯部
(現・茨城県つくば市磯部)
身長 191cm
体重 146kg
BMI 40.02
所属部屋 高砂部屋佐渡ヶ嶽部屋→高砂部屋→佐渡ヶ嶽部屋
得意技 左四つ、割り出し、小手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 第34代横綱
生涯戦歴 294勝155敗1分34休(45場所)
幕内戦歴 247勝136敗1分33休(35場所)
優勝 幕内最高優勝2回
三段目優勝1回
データ
初土俵 1924年1月場所
入幕 1928年1月場所
引退 1942年1月場所
引退後 私立探偵業・土建業・金融業
保険外交員
他の活動 衆議院議員選出馬・市会議員選出馬
趣味 生け花
備考
金星2個(常ノ花1個・玉錦1個)
2014年3月17日現在

男女ノ川 登三(みなのがわ とうぞう、1903年9月17日 - 1971年1月20日)は、茨城県筑波郡菅間村磯部(現:茨城県つくば市磯部)出身の元大相撲力士。本名は坂田 供次郎(さかた ともじろう(きょうじろう))。

来歴[編集]

誕生〜初土俵、入幕[編集]

1903年9月17日茨城県筑波郡菅間村磯部(現:茨城県つくば市磯部)で農家を営む一家に三男として生まれる。父親は日露戦争で戦死している。生来の体格の良さから菅間村の坂田の金時とあだ名されていた。元々は屋根の修理屋で働いていたが、ある時修理中の屋根を踏み抜いてしまい、その力の強さに驚いた周囲の勧めで地元の相撲大会に出場するといきなり優勝してしまった。そのまま筑波郡大会・茨城県大会でも優勝し、自信を持って力士を志すようになった。そんなある日、偶然茨城県へ巡業に来ていた阿久津川高一郎を訪ねて入門を志願するものの、最初は厳しい稽古の話に終始したため諦めて戻るが、力士を目指す気持ちが全く揺るがなかったために4度訪問して、ようやく入門を許可された。

当初は富士ヶ根部屋に入門する予定だったが、1923年9月1日の関東大震災によって部屋が焼失したため、同じ一門の本家である高砂部屋に入門した。四股名は出身地である茨城県筑波郡と、百人一首でもお馴染みである「つくばねの みねよりおつる みなのがわ‥」から男女ノ川 供次郎とした。阿久津川が10代佐渡ヶ嶽を襲名して佐渡ヶ嶽部屋を創設したことを機に佐渡ヶ嶽部屋に転籍。[1]

1924年1月場所で初土俵を踏むと、負け越し知らずで1927年1月場所には新十両昇進、1928年1月場所で新入幕を果たした。1929年5月場所には「朝潮 供次郎」と改名した[2]。この際には前述の通り男女ノ川が既に高砂部屋から佐渡ヶ嶽部屋に転籍していたにもかかわらず、普段の稽古を高砂部屋まで通って行っているからという理由で高砂が襲名を独断で決定したことが佐渡ヶ嶽の怒りを買い佐渡ヶ嶽が短刀を抜く騒ぎとなったが、13代入間川(行司・木村宗四郎)の仲裁の末に改名は有効とされて所属部屋は佐渡ヶ嶽、稽古は高砂という裁定が下る。朝潮と同じく体格の良い出羽ヶ嶽文治郎や、ともに「将来の大関・横綱」として並び称された武藏山武との取り組みは非常に人気があり、このためだけに両国国技館が18年ぶりに満員札止めになったこともあった(1930年1月場所千秋楽)。さらに、武藏山武との取り組みは松内則三によって実況中継され、大変な人気となった。

春秋園事件〜横綱へ[編集]

優勝同点も数回記録する順調な出世だったが、大関を目前とした1931年5月場所の直前に右膝関節炎を患い、無念の休場となる。1932年1月6日には天竜三郎を首謀とした春秋園事件が勃発し、朝潮も番付面の不満や佐渡ヶ嶽・高砂両者と複雑な人間関係を理由に日本相撲協会を一時脱退した。協会を脱退したことに激怒した高砂は「朝潮」の名を剥奪して四股名は男女ノ川に戻され、所属部屋も佐渡ヶ嶽部屋へ転属となった。この頃、「落ちてはいけない、登れ」と言われたことで、下の名前は供次郎から「登三」と改めた。

男女ノ川は1933年1月場所に幕内格で帰参するが、この時の番付は別番付、いわゆる「別席」で地位が明記されていなかったため「無冠の帝王」と言われたが、関西角力協会で1日に力士総当たり戦を全て行う(1日で10番を取ることもままあった)といった過酷な興業に従事した成果が出たのかこの場所を11戦全勝で優勝する。この好成績が認められて翌場所に小結へ昇進すると、1934年1月場所には関脇で9勝2敗の好成績によって2度目の優勝、大関に昇進した。

新大関で迎えた1934年5月場所は5勝6敗と負け越したもののそれ以降は好成績を挙げ、1936年5月場所で横綱に昇進した。昇進前の成績は8勝3敗、9勝2敗で十分とは言えず、武藏山の昇進の時高砂が積極的に賛成したことに出羽海が報いたものと言われた。

しかしその後は春秋園事件前に痛めた関節炎の影響で強弱の差が激しく、横綱時代は双葉山定次に全く歯が立たなかった[3]小手投げを得意としたが、その割に体全体で行わず手先だけで行っていたため、軽く負けてしまうこともあった。この有様に見かねた太刀山峯右エ門が助言しようとしていたが一切聞く耳を持たなかったことで、もしきちんと聞いて修正したら長く活躍できたと思われる。

現役引退[編集]

1938年5月場所千秋楽では武藏山武と対戦するが、両者とも横綱でありながら6勝6敗同士で勝ち越し負け越しを掛けた一番という悲壮な対戦となった。男女ノ川はこれに敗れて皆勤負け越しという不名誉な記録を作ってしまうが、この時のショックからか奇行が目立つようになり、ダットサンを運転して場所入りしたり、戦局悪化による燃料統制で運転できなくなると自転車で場所入りしたり、早稲田大学の聴講生を志願したものの設備不足から断られたことがある。1941年5月場所2日目には新入幕だった双見山又五郎との対戦で敗れ、1942年1月場所を最後に引退した。

男女ノ川は帰参後、「勝敗など無関係、1番強いのはワシだ」と周囲に言っていた。流石に双葉山定次が横綱に昇進するとこのような発言は無くなったが、今度は逆に「双葉(山定次)を強くしたのはワシだ」と言うようになった。確かに男女ノ川は若い頃の双葉山にとって重要な稽古相手だったことは否めないが、少なくとも69連勝を達成して戦前を代表する大横綱となった双葉山定次に対して、幕内最高優勝が僅か2回、さらに皆勤負け越しも記録し、現役時代末期には東西制第2期の取組編成に助けられて平幕2ケタ台の力士との対戦が組まれたことで[4]やっと2ケタ白星(当時15日制)に漕ぎ着けた男女ノ川の発言は信憑性に欠ける。

廃業〜晩年[編集]

引退後は一代年寄制度で年寄・男女ノ川を襲名して日本相撲協会理事にまで就任したが、1945年6月場所を最後に突然廃業した。廃業後は日本勤労大衆党から第22回衆議院議員総選挙に出馬するも落選した。軍事工場にかり出されただけの縁しかない東京2区(現在の三鷹あたり)で出て、結果は4337票で27位。定員11名に対して134名が立候補という激戦ではあったが惨敗であった。その後はサラリーマンから保険外交員・土建業・金融業・私立探偵も務めたが、私立探偵といっても身長191cmの巨体だったゆえに尾行もままならず、即座に廃業した。このように仕事が長続きしないことから間もなく妻子に捨てられてしまい、一人暮らしを始めた矢先に脳卒中で倒れた。すぐに知人によって発見されて一命を取り留めたものの、杖無しでは歩くこともままならないほど衰弱したため、東京・保谷養老院に入所した。

しかし、男女ノ川が養老院へ入所したことだけで新聞ダネになるなど、不遇な晩年を過ごした。雑誌インタビューでは記者に「酒を飲む金も無くてね…」と弱音を吐いていたところ、その記者が一升瓶を差し出すと満面の笑みを見せたほどである。あまりの境遇に、日本相撲協会が募金によって援助したことさえある[5]が、その金も選挙に立候補する資金を作ろうとして競艇で負け、手元には1円も残らなかった。1968年12月25日には、同月16日に亡くなった時津風の相撲協会葬が蔵前国技館で行われ、男女ノ川も参列したが、前述のように脳卒中で倒れて以降は歩行時に杖が欠かさなくなったため、杖をついてフラフラに歩き、継ぎ接ぎの喪服で参列した大きな男女ノ川に、その場に居合わせた者は哀れみを憶えたという。1963年には還暦を迎えたが、脳卒中で歩行すら困難な状況でもあったため、還暦土俵入りは実現できなかった。また、還暦土俵入りで用いられる赤い綱を受け取ったかも不明である。

最晩年は武蔵村山市の料亭「村山砦」に引き取られ、下足番をしていた。この料亭は相撲ファンの一人が経営していた店で、時津風の葬儀が開かれた際に歩くのもままならなくなった元横綱の姿を見て一肌脱いだのである。1971年1月20日に、脳出血のため東京都内の病院で死去、67歳没。この日は奇しくも、のちに貴乃花光司と共に「若貴兄弟」として爆発的な人気を呼び、自身も横綱へ昇進する若乃花勝が生まれた日である。

エピソード[編集]

  • ジャガイモが大好物で、毎日一貫目(約3.75kg)を塩茹でにしておやつにしていた。その減りには極めて敏感で、箱一杯の中から一個だけ無くなってもすぐに見抜いたと言われ、付き人をしていた東富士欽壹はよく「こらキン坊、一つ食っただろ!?」と怒られたという。
  • 太刀山峯右エ門の真似をして、稽古土俵の中に丸を描いて「この丸からワシを押し出したら賞金を出すぞ」と言って稽古を付けたが、簡単に押し出されたためにすぐに財布が空になって中止した。男女ノ川の稽古不足を見かねたかつての大横綱が、稽古に気持を集中させる為に考案した自らのやり方を伝えた物であるが、全くの逆効果となってしまった。
  • 廃業後、1958年のジョン・ウェイン主演のアメリカ映画『黒船英語版』(原題:The Barbarian and the Geisha)に出演してウェイン演じるタウンゼント・ハリスを投げ飛ばす役を演じているが、既に足腰はガタガタで相手も大きく男女ノ川は相手をかかえることもできなかったためロープで吊りあげてようやくOKが出るという体たらくであった。
  • 独特の顔立ちが特徴で、漫画『サザエさん』で名前が挙がったこともある。
  • 永野修身提督は、その風貌が良く似ていたことから「男女川」のあだ名で呼ばれていた。
  • 男女ノ川が没した1971年1月20日に、のちに第66代横綱となる3代目若乃花勝が生まれている。
  • 現役時代には九段の池坊の師匠の元に通い、生け花の免許皆伝を取得した。生け花にはなかなか造詣があり、当時の家元からは後年「もし生け花を続けていればあんなに落ちぶれなかっただろう」と評されていた。

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 通算成績:294勝155敗1分33休 勝率.655
  • 幕内成績:247勝136敗1分33休 勝率.645
  • 横綱成績:87勝55敗22休 勝率.613
  • 現役在位:45場所
  • 幕内在位:35場所(幕内格別席1場所、春秋園事件の1場所(1932年1月場所)を含まず)
  • 横綱在位:12場所
  • 大関在位:4場所
  • 三役在位:8場所(関脇5場所、小結3場所)
  • 金星:2個(常ノ花1個・玉錦1個)

各段優勝[編集]

  • 幕内最高優勝:2回(全勝1回)
優勝同点4回(1929年3月場所・9月場所、1930年10月場所、1931年1月場所)
  • 三段目優勝:1回(1926年1月場所)

場所別成績[編集]

男女ノ川登三
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1924年
(大正13年)
(前相撲) x 西 序ノ口 #16
4–2
 
x
1925年
(大正14年)
東 序二段 #30
5–1
 
x 東 三段目 #48
5–1
 
x
1926年
(大正15年)
西 三段目 #12
優勝
6–0
x 東 幕下 #10
4–2
 
x
1927年
(昭和2年)
東 十両 #8
5–1
 
東 十両 #8
4–5
 
東 十両 #1
5–5
 
東 十両 #6
9–2
 
1928年
(昭和3年)
西 前頭 #14
6–5
 
東 前頭 #13
8–3
 
東 前頭 #10
7–4
 
東 前頭 #10
5–6
 
1929年
(昭和4年)
西 前頭 #4
5–5
1分

 
西 前頭 #4
9–2
 
西 前頭 #2
6–5
 
西 前頭 #2
8–3
旗手

 
1930年
(昭和5年)
西 小結
8–3
 
西 小結
6–5
 
西 前頭 #1
6–5
西 前頭 #1
9–2
旗手

 
1931年
(昭和6年)
東 関脇
9–2
 
東 関脇
8–3
 
西 関脇
0–0–11
 
西 関脇
1–10
 
1932年
(昭和7年)
東 前頭 #3

脱退

 
x x x
1933年
(昭和8年)
前頭
11–0[6]
x 西 小結
8–3
 
x
1934年
(昭和9年)
西 関脇
9–2
 
x 西 張出大関
5–6
 
x
1935年
(昭和10年)
西 張出大関
9–2
 
x 西 大関
8–3
 
x
1936年
(昭和11年)
東 大関
9–2
 
x 東 横綱大関
6–5
 
x
1937年
(昭和12年)
西 横綱
7–4
 
x 西 横綱
0–0–13
 
x
1938年
(昭和13年)
東 横綱大関
7–6
 
x 東 張出横綱
6–7
 
x
1939年
(昭和14年)
東 張出横綱
11–2
 
x 西 横綱
9–6
 
x
1940年
(昭和15年)
西 横綱
10–5
 
x 西 横綱
10–5
 
x
1941年
(昭和16年)
東 横綱
10–5
 
x 東 横綱
2–4–9
 
x
1942年
(昭和17年)
西 横綱
引退
9–6–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

主な力士との幕内対戦成績[編集]

力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数
安藝ノ海節男 2 0 五ツ嶋奈良男 2 0 大ノ里萬助 5 6
鏡岩善四郎 13 2 佐賀ノ花勝巳 2 2 清水川元吉 6 5
玉錦三右エ門 5 12 常ノ花寛市 2 4 照國万藏 2 2
名寄岩静男 4 4 能代潟錦作 5 0 羽黒山政司 1 5
常陸岩英太郎 6 2 双葉山定次 5 10 武藏山武 5 10

参考文献[編集]

那由他一郎『日本アウトロー列伝』(宝島社文庫)「下足番になった横綱・男女ノ川登三(みなのがわ・とうぞう:第34代横綱)」の項より

脚注[編集]

  1. ^ 初代から10代の頃まで年寄株「佐渡ヶ嶽」は高砂一門の名跡であり、佐渡ヶ嶽部屋部屋も高砂一門所属であった。
  2. ^ 「朝潮」の四股名は高砂部屋に代々伝わる由緒ある四股名だが、男女ノ川が名乗った「朝潮」を、歴代の「朝潮」に含めるかどうかは議論の分かれるところで、もし含むとしたら3代目である。
  3. ^ 横綱時代の対双葉山定次戦は通算0勝7敗と一度も勝てず、横綱同士の対戦で7連敗したのは史上最多記録である(2010年1月場所で朝青龍明徳白鵬翔に対して7連敗を記録し、2013年現在では最多タイ記録)。
  4. ^ 顕著な例は1940年夏場所である。当時平幕が東西20枚設けられていた中で15番中6番が平幕2ケタ台であった上、相手方の横綱双葉山、大関羽黒山がともに途中休場したこともあり、13日目にはこの場所の対戦相手として最低地位の東前頭15枚目に位置する二瀬川政一と対戦した。しかもこの二瀬川は12日目まで5勝7敗の成績であり、このような割が実現した背景には東西制と合わせて施行されていた系統別総当たり制が影響しており、同門に幕内力士の多かった男女ノ川は優遇を得た形となった。
  5. ^ 時津風理事長は全体4分の1に渡る額を負担したという。
  6. ^ 復帰別席のため順位なし。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]