大麒麟將能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大麒麟 將能 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 堤 將能→麒麟児 將能→大麒麟 將能
本名 堤 隆能
愛称  コンちゃん[1]
生年月日 1942年6月20日
没年月日 2010年8月4日(満68歳没)
出身 佐賀県佐賀郡東川副村(のち諸富町、現・佐賀市)
身長 182cm
体重 140kg
BMI 42.26
所属部屋 二所ノ関部屋
得意技 右四つ、寄り、吊り、うっちゃり
成績
現在の番付 引退
最高位 大関
生涯戦歴 710勝507敗69休(100場所)
幕内戦歴 473勝337敗49休(58場所)
優勝 十両優勝1回
三段目優勝1回
殊勲賞5回
技能賞4回
データ
初土俵 1958年5月場所
入幕 1963年9月場所
引退 1974年11月場所
引退後 年寄押尾川
趣味 読書ジョギング囲碁
備考
金星3個(柏戸2個、佐田の山1個)
2012年12月26日現在

大麒麟 將能(だいきりん たかよし、本名:堤 隆能(つつみ たかよし)、1942年6月20日 - 2010年8月4日) は、二所ノ関部屋に所属していた元大相撲力士佐賀県佐賀郡東川副村(のち諸富町、現・佐賀市)出身。最高位は東大関。現役時代の体格は182cm、140kg。得意手は右四つ、寄り、吊り、うっちゃり。

人物[編集]

中学生の頃は柔道の選手として活躍。また生徒会長を務めるなど人望もあり、体力のみならず学力にも秀で、将来は防衛大学校を目指していたといわれるが、その素質に目をつけた二所ノ関親方(元大関佐賀ノ花)に勧誘され1958年(昭和33年)5月場所本名のまま初土俵。後に「麒麟児」と改名[2](新十両1962年(昭和37年)7月場所のみ「麒麟兒」、翌場所「麒麟児」に改名)。

1963年(昭和38年)9月場所新入幕。しかしその場所9日目の朝稽古で左脚を負傷(左脛骨上端骨折・左膝十字靱帯断裂)し休場、一時は幕下まで陥落。1965年(昭和40年)7月場所再入幕。兄弟子・横綱大鵬があれほど苦戦させられた横綱柏戸に強く、初顔の1966年(昭和41年)5月場所(地位は前頭5枚目)5日目、柏戸を土俵際で見事にうっちゃりで勝ち注目を浴びた。重さと柔軟性を活かした取り口で、前さばきもうまく柏戸に何度も苦杯を舐めさせた(対戦成績は大麒麟(麒麟児)の9勝8敗)。稀代のうっちゃり腰を持っていたが、解説の玉の海神風とも『俵に足がかかると、うっちゃりしか考えない』とその取り口を批判した。しかし相手を腹に乗せうっちゃる技は決まれば他に例を見ないほど鮮やかなもので、「麒麟児のうっちゃり」ファンが多数いたこともまた事実である。

その後三役で大勝ちし大関とりといわれる場所を何度も迎えたが、大事な所で弱く何度も失敗。1968年(昭和43年)3月場所では、小結で14日目を終えて12勝2敗と大関豊山と前頭8枚目若浪と並んでトップであったが千秋楽で関脇前の山に敗れて優勝のチャンスを逸してしまう。しかし4大関(玉乃島北の富士琴櫻、豊山)全員を破り12勝3敗の成績を上げ、4回目の殊勲賞を獲得した。

1969年(昭和44年)1月場所からは11場所連続で小結(5場所)・関脇(6場所)に座り続け、1970年(昭和45年)5月場所より「大麒麟」と改名。この場所関脇で9勝6敗、7月場所では14日目を終えて横綱北の富士と関脇前乃山と並びトップであったが、またも千秋楽で前乃山に敗れ優勝争いから脱落、12勝3敗で終えた。大関獲りの場所となった秋場所では13日目まで12勝1敗と全勝の横綱玉の海を追っていたが、大関清國と琴櫻に連敗し、結局12勝3敗で終えたが、ようやく大関の座を射止めた。

その後大関昇進後前半は10勝程度の安定した成績を挙げ続けていたが、よく初日に敗れることが多かった(大関昇進後、初日のみの戦績は8勝16敗1休)。1971年には刑務所内の組員と面会したことで文部省から厳重注意の警告を受ける。[3]1972年(昭和47年)7月場所に右腕を骨折してからは成績が降下し1973年(昭和48年)3月場所には3勝12敗と大きく負け越し。結局大関時代の最高成績は11勝4敗[4]、素質は横綱を充分に期待できる程のものだったが優勝もなく果たせなかった。1974年(昭和49年)11月場所、初日前頭筆頭旭國、2日目小結魁傑と連敗、3日目前頭2枚目先代栃東に勝ったものの、その翌日に引退、年寄押尾川を襲名した。

師匠没後の1975年(昭和50年)9月、内弟子16名を連れて谷中・瑞輪寺に立て籠もり分家独立を申し出た。二所ノ関の後継者の座を巡っては、かねてから当時まだ現役で、同年7月場所に初優勝を果たした関脇金剛と相続を争っていたが、金剛が師匠の次女と婚約し事実上勝利した。独立はこれを受けてのものだったが周囲の反対に遭い紛糾。「二所ノ関騒動」「押尾川の乱」と呼ばれる事態に発展する。またこの騒動には天龍源一郎も巻き込まれている(結果的に彼は廃業、プロレスラーへ転身)。

最終的には二所ノ関一門の重鎮であった11代花籠(元前頭3枚目大ノ海)の調停により、16名中6名(青葉城(現不知火)ほか)を連れて行くことが認められ押尾川部屋を開設した。後に、益荒雄(現阿武松)、大至恵那櫻佐賀昇などの幕内力士やプロレスラーに転身した玉麒麟=田上明を育てた。しかし弟子の益荒雄が引退後、強引に分家独立(阿武松部屋)しようとした際には、自身が破門している。なお、玉麒麟の突然の廃業もやはり確執(新十両昇進の際の祝儀に関する金銭問題等)によるもので、実質的には破門の形で廃業させている。

日本相撲協会では騒動の影響もあってかなかなか要職に就けなかったが、2004年(平成16年)から1期2年間、理事審判部長を務めた。自らの停年(定年。以下同)まではまだ余裕があったが後継者を指名することなく部屋を畳むことを決め、2005年(平成17年)4月1日付で尾車部屋若麒麟(のちに大麻取締法違反の罪で起訴)を含む全力士を移籍させ押尾川部屋は消滅した。一時期学生相撲出身者の勧誘も始めようとしたが支度金の競争に呆れて手を引いたといい、このように新弟子勧誘がうまくいかなかったことも部屋閉鎖の動機と見られる。[5]自身も尾車部屋の部屋付き親方となったが、区切りがついたとして停年まで1年を残して2006年(平成18年)6月30日、協会を退職した。その後、公の場(例:年寄名跡を譲った愛弟子・若兎馬の断髪式)に姿を見せたという話は聞かれなかったが、2010年の角界の野球賭博事件でかつて弟子であった若隆盛が逮捕される際に、ニュース番組の電話取材に応じていた。

天才と呼ばれることを嫌った兄弟子・大鵬に「彼こそ天才と呼ぶにふさわしい」と言わしめた。横綱照國もそうだったが、体重のある大兵なのに足腰は柔軟であり吊り上げると相手に被さるように重さが掛かってしまうことが彼の特徴だった。廻しをきつく締めても取り組み中に緩みやすいところも似ていた。口をへの字に曲げ下唇をやや突き出しながら、体をグニャグニャと動かし柔軟さを表した仕切り姿も特徴的で、特に廻しをちょっとずり上げる、かと思えば軽く叩く等細かい動きを仕切りの間中行い、丁度メジャーリーガーのノマー・ガルシアパーラが打席に立った時に手袋をいじり続けるのと非常に似通ったある種奇怪な動きを執拗に繰り返し、実況で大鵬が『あれはみっともないからやめろ』と注意したというエピソードが紹介されたことがあった。上位に定着する頃からその動きはかなり減ってきた。また大鵬の横綱土俵入りにおいては長く従者を務め、大関昇進後も大鵬の引退まで太刀持ちを演じたが、これは極めて異例である。

引退後は、脳梗塞に倒れた兄弟子・大鵬を目の当たりにしてか、絶食により体重を落としスリムな体型にした。また力士になると声帯にも脂肪がついていわゆる力士らしい声になるというが、物言い協議終了後の場内への説明などでは、元力士とは思えぬ高い声であった。

長男は医師で、本人も健康管理には十分気を使い、平穏な隠居暮らしを望んでいたが、元弟子の若麒麟や若隆盛の逮捕・起訴による心労がたたったためか2010年8月4日膵臓癌のため逝去[6]。68歳没。

信条とする言葉は「初志貫徹」。趣味は読書ジョギング囲碁草餅が好物だった。

主な成績[編集]

  • 通算成績:710勝507敗69休 勝率.583
  • 幕内成績:473勝337敗49休 勝率.584
  • 大関成績:189勝132敗43休 勝率.589
  • 現役在位:100場所
  • 幕内在位:58場所
  • 大関在位:25場所
  • 三役在位:22場所(関脇14場所、小結8場所)
  • 三賞:9回
    • 殊勲賞:5回 (1966年5月場所、1967年1月場所、1967年5月場所、1968年3月場所、1969年11月場所)
    • 技能賞:4回 (1966年9月場所、1967年5月場所、1970年7月場所、1970年9月場所)
  • 金星:3個(柏戸2個、佐田の山1個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回 (1963年5月場所)
    • 三段目優勝:1回 (1961年5月場所)

場所別成績[編集]

大麒麟將能
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1958年
(昭和33年)
x x (前相撲) 西 序ノ口 #8
5–3
 
西 序二段 #99
6–2
 
西 序二段 #57
4–4
 
1959年
(昭和34年)
東 序二段 #57
4–4
 
西 序二段 #47
5–3
 
東 序二段 #25
5–3
 
東 序二段 #8
6–2
 
東 三段目 #88
4–4
 
西 三段目 #82
4–4
 
1960年
(昭和35年)
東 三段目 #80
4–4
 
西 三段目 #70
5–3
 
東 三段目 #45
6–2
 
東 三段目 #13
6–1
 
東 幕下 #68
1–6
 
東 幕下 #81
2–4–1
 
1961年
(昭和36年)
東 三段目 #13
3–4
 
東 三段目 #22
3–4
 
東 三段目 #31
優勝
7–0
東 幕下 #51
4–3
 
西 幕下 #46
3–4
 
西 幕下 #51
6–1
 
1962年
(昭和37年)
西 幕下 #22
6–1
 
東 幕下 #5
4–3
 
東 幕下 #1
4–3
 
東 十両 #18
9–6
 
西 十両 #12
7–8
 
西 十両 #13
6–9
 
1963年
(昭和38年)
東 十両 #16
8–7
 
東 十両 #14
8–7
 
東 十両 #9
優勝
13–2
西 十両 #1
10–5
 
東 前頭 #14
4–5–6[7]
 
西 十両 #4
休場
0–0–15
1964年
(昭和39年)
東 十両 #17
4–11
 
西 幕下 #5
6–1
 
西 十両 #16
9–6
 
西 十両 #11
9–6
 
東 十両 #6
4–7–4
 
東 十両 #12
7–8
 
1965年
(昭和40年)
東 十両 #13
10–5
 
西 十両 #7
9–6
 
西 十両 #3
11–4
 
西 前頭 #14
8–7
 
東 前頭 #9
9–6
 
東 前頭 #4
7–8
 
1966年
(昭和41年)
東 前頭 #5
6–9
 
東 前頭 #8
8–7
 
東 前頭 #5
9–6
東 前頭 #3
6–9
西 前頭 #4
11–4
西 関脇
7–8
 
1967年
(昭和42年)
西 小結
9–6
西 関脇
7–8
 
西 小結
12–3
東 関脇
10–5
 
西 関脇
10–5
 
東 関脇
4–11
 
1968年
(昭和43年)
東 前頭 #4
10–5
 
東 小結
12–3
西 関脇
8–7
 
西 関脇
8–7
 
西 関脇
6–9
 
西 前頭 #2
9–6
 
1969年
(昭和44年)
東 小結
8–7
 
東 小結
9–6
 
東 小結
8–7
 
東 小結
8–7
 
東 小結
11–4
 
東 関脇
11–4
1970年
(昭和45年)
東 関脇
8–7
 
西 関脇
8–7
 
西 関脇
9–6
 
西 関脇
12–3
東 関脇
12–3
東 大関
9–6
 
1971年
(昭和46年)
西 大関
11–4
 
東 大関
10–5
 
西 大関
10–5
 
西 大関
11–4
 
東 大関
10–5
 
東 大関
9–6
 
1972年
(昭和47年)
東 大関
休場
0–0–15
西 張出大関
10–5[8]
 
西 張出大関
11–4
 
東 大関
2–2–11[9]
 
西 張出大関
8–7[8]
 
西 張出大関 #2
10–5
 
1973年
(昭和48年)
西 張出大関
9–6
 
西 大関
3–12
 
東 張出大関
9–6[8]
 
西 大関
9–6
 
西 大関
3–6–6[10]
 
東 張出大関
8–7[8]
 
1974年
(昭和49年)
東 張出大関
9–6
 
西 張出大関
9–6
 
東 張出大関
10–5
 
西 大関
0–4–11[11]
 
西 大関
8–7[8]
 
西 大関
引退
1–3–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

脚注[編集]

  1. ^ 狐のような容貌であったことから兄弟子の大鵬が命名した。
  2. ^ 一度「キリンは手を付くからダメだ。」と後援会員の1人から駄目出しを喰らうものの、「全く負けない力士になるなどと言う不遜な心構えは持ちません。」と主張し、押し通したという説もある。
  3. ^ 朝日新聞 2010年5月27日
  4. ^ そのうち1972年(昭和47年)5月場所9日目に小結魁傑(現放駒)との取組で、魁傑のマゲを引っ張り反則負けとなっている。最近でも2003年(平成15年)7月場所で朝青龍が同様に反則負けとなっているが、過失も含めそれほど珍しいことではない。
  5. ^ 2004年11月27日 読売新聞 夕刊
  6. ^ 元大関の大麒麟死去 豪快なつりが人気 共同通信47News 2010年8月6日閲覧
  7. ^ 左脛骨上端骨折・左膝十字靱帯断裂により9日目から途中休場
  8. ^ a b c d e 角番(全5回)
  9. ^ 右尺骨亀裂骨折により4日目から途中休場
  10. ^ 右膝関節捻挫により9日目から途中休場
  11. ^ 流行性角結膜炎により4日目から途中休場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]