勝負審判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

勝負審判(しょうぶしんぱん)は、大相撲において、行司とは別に相撲勝負の判定に加わる審判のことである。日本相撲協会相撲規則によると審判委員(しんぱんいいん)と定義されている。

土俵での行司・勝負審判・控え力士配置
勝負審判の装束(紋付羽織袴

配置など[編集]

勝負審判は、土俵の東西に各1人、行司溜に2人、正面に1人の合計5人配置され、日本相撲協会審判部所属の年寄が交替で務める。通常、正面の位置に審判長が座り、物言いがついた際にその協議の最終決定とその説明を行う。審判長は十両土俵入りまでは審判委員の一人が務め、それ以降は審判部長もしくは審判部副部長が務める。

相撲競技規定によって、勝負審判の装束は紋服白足袋でなければならないとされている。なお、5月場所から一重の羽織に紋付き、7月・9月場所は麻の着物に一重の紋付き姿である。

役割[編集]

物言い[編集]

行司の軍配に疑義を持ったときは「異議あり」の意思表示をして協議を行う。控え力士から物言いがあった場合は、勝負審判はそれを取り上げ協議しなければならない。協議の際には審判長はビデオ室に控える親方の意見も参考にし、土俵上の各審判に伝える。判定については審判5人による多数決で、見えていない場合は「見えていない」と表明して、評決に参加しないこともできる。行司は意見は述べられるが評決には参加できない。審判委員は一門の利益代表ではないが、一門の力士が絡んだ判定の場合には意見の強く押し通せる審判の声が通る場合もある。 行司は「反則勝ち」「同体」の軍配をあげることができないため、実際に反則があったり同体であったりしても物言いがなければそのままとなる。

力士の監視[編集]

勝負審判は勝負の判定だけでなく、土俵上の競技進行に目を配り相撲競技規定に違反しないよう注意する。たとえば、仕切りで十分に手を付かず立ち合った場合は勝負審判が相撲を止めることがある。過去には勝負が一度決まった後に手付き不十分で取り直しにしたこともあった。

1976年7月場所では、「待った」の応酬で8回も仕切りを長引かせた若三杉荒勢の対戦の際に、勝負審判全員が土俵にあがって両力士に直接注意を促したこともあった。水入り後の組み直しには満足するまで行司に注意しなければならない。

時間計測[編集]

行司溜赤房下(東寄り)の審判が時計係となる。時計係審判は呼出と行司に制限時間(仕切り・水入り等)を伝える役目と、全体の進行を見極め制限時間を調節する役目を担っている。また、白房下は一種の「予備役」で他の審判に故障が起きた場合はその位置に回る。

ローテーション[編集]

本場所の場合、勝負審判は4班に分かれて行う。1班ごとの勤務時間は以下の通り:

1番:前相撲~序二段60枚目台
2番:序二段目60枚目台~三段目90枚目台
3番:三段目90枚目台~三段目20枚目台
4番:三段目20枚目台~十両土俵入り前
5番:幕下上位五番~中入
幕前半
幕後半

  • 1番に当たる班は1番のみ・2番に当たる班は5番を・3番に当たる班は幕前半を・4番に当たる班は幕後半を担当し、同じ日で座る位置が変わることはない。ただし2番~4番で審判長を担当した審判は部長・副部長がその位置に入るため、班の誰かと交替して2度目の審判に出るか、そのまま2度目は出ないかを選択することとなる。
  • 4班のローテーションは、1班・2班・3班・4班を基準とし2班・3班・4班・1班、3班・4班・1班・2班、4班・1班・2班・3班と回る。
  • 班内ローテーションは、正面(審判長)を基点に反時計回りで回る。
  • 審判部長・副部長にもローテーションがあり、合計3人となっている現在は、5番・幕前半・幕後半に分かれて審判長を務め、翌日は前日幕後半だった人が5番に、5番だった人が幕前半に、幕前半だった人が後半へと回る。

審判委員[編集]

審判委員は審判部に所属する年寄が勤める。現在5系統ある各一門(出羽海一門、二所ノ関一門、時津風一門、高砂一門、伊勢ヶ濱一門)より各々4名、計20名が推薦され、理事長より任命される。原則的に委員の年寄が務める。偶数年2月の役員改選時における職務分掌異動で任命され、主任の年寄が委員に昇格する際に新任されることが通例であるが、審判委員の病気勇退等で定期異動外に委員待遇平年寄から委員へ昇格させる形で抜擢されるケースもある。珍しいケースとしては役員改選時に平年寄のまま審判委員に抜擢されたケースもある[1]。審判部に所属する年寄は、大相撲中継の解説には出演しない。また、一度退任しても、再任されることもある。一門に所属していない親方は当然ながら一門からの推薦を受けられないため、審判委員に就任することは通常ない。

審判部長は理事から、副部長は副理事(かつての監事)から理事長によって任命されることが原則とされ、それ以外の年寄が副部長に就任した場合は役員待遇となる。原則として違う一門(理事長が直接適任者を指名するので、一門無所属も可)から3人選任されることとなる。

本場所の取組編成、場所後の番付編成は、審判部の所管である。特に番付編成においては各力士の師匠が審判部に所属するか否かがその力士の番付昇降に大きく影響するとも言われる。横綱大関昇進の際は、審判部長が理事会の招集を要請することが昇進の前提となっている。

大相撲の世界において絶対である番付の編成権を持つことから、審判部の役割は非常に重要であるとされる。審判部長は戦後から平成中期まで歴代すべて横綱経験者が務めていたが、2002年2月の改選時において大関止まりの二子山親方(元貴ノ花)が、横綱未経験者から初めて審判部長に就任した。さらに2010年2月には関脇止まりの友綱親方(元魁輝)が審判部長に就任した(元横綱千代の富士九重親方とあわせて部長二人制)ほか、2012年2月には同じく鏡山親方(元多賀竜)が単独で審判部長に就任するなど、近年は横綱経験者に限らず務めている。

審判委員については、戦後就任したほぼ全員が最高位前頭2枚目以上であり、一門からの推薦もおおむねこの基準で行われている。それ未満の最高位で就任したのは以下の通り。

  • 高田川親方(前頭21枚目・朝若)幕内在位1場所のみ:1957年(昭和32年)に勝負検査役(現在の勝負審判)に就任した際、「幕尻1場所の経験で横綱・大関の相撲を裁くのはどうなのか」と話題になった。
  • 振分親方(前頭12枚目・朝嵐)幕内在位1場所のみ:奇しくも朝若と同じく高砂部屋の部屋付親方。
  • 谷川親方(前頭4枚目・白田山)幕内在位14場所:現役時代は高砂部屋所属であったが、引退後に九重部屋に移籍。
  • 宮城野親方(前頭13枚目・竹葉山)幕内在位2場所:2012年(平成24年)2月に就任。大相撲八百長問題等で多くの親方が降格処分を受けていた中での抜擢で、また横綱白鵬の師匠という立場もあることから、最高位の低さについては特に話題とならなかった。
  • 東関親方(前頭10枚目・潮丸))幕内在位12場所:2012年(平成24年)2月に就任。委員ではなく、平年寄のまま就任(のちに主任に昇進)。

過去[編集]

勝負審判は、かつては江戸時代からの呼称である中改(なかあらため)、明治時代高砂改正組による改称後は検査役(けんさやく、番付上の表記は勝負檢査役)と呼ばれた。

現在のように、審判が土俵下から判定をみるようになった理由は、1930年の天覧相撲をきっかけにしたもので、それ以前は土俵の周囲の四本柱(現在の房の位置にあった)のところに座っていた。当時の行司による「四本柱の下に検査役が座っていた時代は柱の前に行けず(検査役の正面に立って視界を遮るという理由で柱の前で立ち止まることを禁じられていた)動きにくかったが土俵下に下りてからは気にせず動けるようになって裁きやすくなった」という証言がある。土俵下に降りたことで観客からも取組が見えやすくなるという利点もあった。

また、1950年代までは検査役は選挙で選ばれ、力士の有資格者も投票した。元横綱の太刀山引退して年寄東関を襲名したが、まもなく廃業した理由は、検査役の選挙で落選したことが一因であった。

1968年の機構改革によって、勝負検査役の名称が審判委員に改められ、このとき、部長・副部長以外の審判には部屋持ち親方を充てないこととした。この規定は1978年まで続いた。

かつては、年寄名跡を借用している年寄でもこの職務に就任することができたが[2]、現在は、原則として年寄名跡を正式取得している年寄しか就任できなくなっている。横綱・大関経験者は引退の時点で委員待遇を受けているため、名跡を取得している親方の中には引退から数年で勝負審判に選任されるケースもあり、芝田山親方(元横綱・大乃国)も襲名前の年寄・大乃国時代に勝負審判に選任されたケースがある(就任から間もなく芝田山を襲名したため、大乃国親方としての出場は1場所のみだった)。

1945年の6月場所では、空襲が激しく物資が不足していたため勝負検査役は国民服姿であったという。

現在の勝負審判一覧[編集]

(2014年7月13日現在)

役職 年寄名 最高位・四股名 所属部屋 備考
審判部長 伊勢ヶ濱 横綱旭富士 伊勢ヶ濱部屋 理事
審判部副部長 井筒 関脇逆鉾 井筒部屋 副理事
朝日山 大関大受 朝日山部屋 役員待遇
審判部委員 境川 小結両国 境川部屋 出羽海一門
出羽海[3] 2・小城乃花 出羽海部屋
藤島 大関・武双山 藤島部屋
大鳴戸 大関・出島 藤島部屋
桐山 小結・黒瀬川 朝日山部屋 伊勢ヶ濱一門
高島 関脇・高望山 春日山部屋
追手風 前2・大翔山 追手風部屋
浅香山 大関・魁皇 浅香山部屋
峰崎 前2・三杉磯 峰崎部屋 二所ノ関一門
粂川 小結・琴稲妻 佐渡ヶ嶽部屋
高田川 関脇・安芸乃島 高田川部屋
片男波 関脇・玉春日 片男波部屋
陣幕 前1・富士乃真 八角部屋 高砂一門
錦戸 関脇・水戸泉 錦戸部屋
佐ノ山 大関・千代大海 九重部屋
前2・湊富士 湊部屋 時津風一門
錣山 関脇・寺尾 錣山部屋
審判部主任 東関 前10・潮丸 東関部屋 高砂一門
立川 関脇・土佐ノ海 伊勢ノ海部屋 時津風一門
浦風 前1・敷島 陸奥部屋

歴代審判部長・副部長[編集]

※ここでは1982年以降の審判部長・副部長を記す。名前は就任当初のものを記した。

歴代審判部長・副部長(1982年~)
就任期間 審判部長 最高位・四股名 審判部副部長 最高位・四股名
1982年2月 - 1984年1月 鏡山 横綱柏戸 中立
九重
横綱・栃ノ海
横綱・北の富士
1984年2月 - 1986年1月 鏡山 横綱・柏戸 九重
佐渡ヶ嶽
横綱・北の富士
横綱・琴櫻
1986年2月 - 1988年1月 鏡山
九重
横綱・柏戸
横綱・北の富士
佐渡ヶ嶽 横綱・琴櫻
1988年2月 - 1992年1月 鏡山
九重
横綱・柏戸
横綱・北の富士
北の湖 横綱・北の湖
1992年2月 - 1994年1月 鏡山
九重[4]
佐渡ヶ嶽
横綱・柏戸
横綱・北の富士
横綱・琴櫻
不在
1994年2月 - 1996年1月 佐渡ヶ嶽[5] 横綱・琴櫻 北の湖
九重
横綱・北の湖
横綱・千代の富士
1996年2月 - 2000年1月 佐渡ヶ嶽 横綱・琴櫻 武蔵川
九重
横綱・三重ノ海
横綱・千代の富士
2000年2月 - 2002年1月 境川 横綱・佐田の山 武蔵川
九重
横綱・三重ノ海
横綱・千代の富士
2002年1月 - 2004年1月 二子山 大関貴ノ花 三保ヶ関
九重
大関・増位山
横綱・千代の富士
2004年2月 - 2006年1月 押尾川 大関・大麒麟 三保ヶ関
九重
大関・増位山
横綱・千代の富士
2006年2月 - 2008年1月 放駒 大関・魁傑 三保ヶ関
九重
大関・増位山
横綱・千代の富士
2008年2月 - 2009年2月 放駒 大関・魁傑 三保ヶ関
貴乃花
大関・増位山
横綱・貴乃花
2009年2月 - 2010年1月 放駒 大関・魁傑 三保ヶ関
高砂
大関・増位山
大関・朝潮
2010年2月 - 8月 九重[6]
友綱
横綱・千代の富士
関脇魁輝
三保ヶ関 大関・増位山
2010年9月 - 2012年1月 貴乃花 横綱・貴乃花 三保ヶ関
中村
大関・増位山
関脇・富士櫻
2012年2月 - 2013年1月 鏡山 関脇・多賀竜 松ヶ根
朝日山
大関・若嶋津
大関・大受
2013年2月 - 2014年4月 鏡山
伊勢ヶ濱[7]
関脇・多賀竜
横綱・旭富士
朝日山 大関・大受
2014年4月 - 伊勢ヶ濱 横綱・旭富士 井筒
朝日山
関脇・逆鉾
大関・大受

アマチュア相撲[編集]

アマチュア相撲では、この役割を担当するものを、副審と呼ぶ。副審は正面・向正面・東・西の四人が配置につく。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年(平成24年)2月就任の東関親方(前頭10枚目・潮丸)などが該当する。かつては、こういった最高位が平幕下位の親方が就任することが後に議論を呼ぶことがあったが、近年はなくなっている。
  2. ^ 現役の年寄では武隈親方(元前頭・蔵玉錦)が立川の年寄株を借りていた時期(1994年1月場所後から1年間)に就任している。
  3. ^ 2014年5月場所・7月場所は右足負傷のため休場。春日野(関脇・栃乃和歌)が代理
  4. ^ 1992年4月から陣幕へ名跡変更。
  5. ^ 1995年7月場所は病欠のため枝川(元大関・北葉山)が代理。
  6. ^ 2010年7月場所は大相撲野球賭博問題で謹慎したため中村(元関脇・富士櫻)が代理。ただし中村は副理事であったため副部長代理という形をとった。
  7. ^ 2013年11月場所は病気で途中休場したため5日目以降は貴乃花(元横綱・貴乃花)が代理。