垣添徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
垣添徹 Sumo pictogram.svg
Kakizoe 08 Sep.jpg
場所入りする垣添関
基礎情報
四股名 垣添 徹
本名 垣添 徹
愛称 トオル、カッキー
生年月日 1978年8月12日(36歳)
出身 大分県宇佐市
身長 177cm
体重 136kg
BMI 44.04
所属部屋 武蔵川部屋藤島部屋
得意技 突き、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 小結
生涯戦歴 388勝430敗15休(63場所)
幕内戦歴 299勝343敗3休(43場所)
優勝 十両優勝1回
技能賞1回
データ
初土俵 2001年9月場所
入幕 2003年9月場所
引退 2012年3月場所
引退後 年寄:押尾川
趣味 音楽鑑賞、サウナ入浴
備考
2012年10月19日現在

垣添 徹(かきぞえ とおる、1978年8月12日 - )は、大分県宇佐市出身で藤島部屋(入門時は武蔵川部屋)所属の元大相撲力士。本名は垣添徹(かきぞえ とおる)。愛称はトオル、カッキー。身長177cm、体重136kg、血液型はA型。最高位は東小結2004年3月場所)。得意手は突き、押し。現在は年寄・。趣味は音楽鑑賞とサウナ入浴。

来歴[編集]

小学校時代にはわんぱく相撲全国大会に出場し、中学時代には全国中学校相撲選手権大会で優勝して中学生横綱となり、地元ではその強さが知れ渡っていた。中学時代には相撲部でありながら陸上競技の地区大会にも出場して活躍し、100メートル走で優勝している。また、大分の同郷である横綱双葉山の生涯がNHKにてドラマ化された際には、少年時代の垣添が少年時代の双葉山役として出演を果たしている。宇佐市立北部中学校を卒業後、大分県立宇佐産業科学高等学校へ進学し、そこでも相撲部に所属して活躍した。

高校時代から相撲部屋や各大学からの勧誘を受けていたが、将来は指導者になりたいとの思いから教員養成系の日本体育大学体育学部武道学科へ進学した。自伝によると大学時代にはホームシックに悩まされていたという。[1]大学4年生の時に学生横綱となり、インカレ団体戦においても活躍した。

2001年3月に角界入りして同年3月場所で初土俵を踏む予定だったが、前年の世界相撲選手権大会で左膝前十字靱帯を断裂して手術したために初土俵が遅れた。同年9月場所で幕下15枚目格付出で番付に載ったものの、その9月場所では全休した。腰と膝の慢性的な怪我の影響でやや昇進が遅れたものの、2003年3月場所に新十両へ昇進した。同年7月場所では11勝4敗の成績を挙げて初の十両優勝を果たし、翌9月場所において新入幕を果たした。

2004年1月場所では11勝4敗の好成績を挙げて自身初となる技能賞を受賞し、翌3月場所において新三役となる東小結へと昇進した。その3月場所では6勝9敗と負け越し、結果的に三役在位はこの1場所のみとなった。2007年2月7日には日本大学出身で元・全日本新相撲王者である浅井栄美との入籍を発表した。

岩木山を大の苦手としており、2003年9月場所における初顔合わせ以来16連敗していた。2009年11月場所3日目に、17回目の対戦にして初めて岩木山に勝利した。2010年1月場所では千秋楽に大関・魁皇と対戦が組まれて自身初となるこれより三役を経験した。

新入幕の場所から全く十両へ陥落することなく、長らく幕内中位から下位に定着していたものの、2010年には1場所も勝ち越しを果たせず、同年11月場所において43場所連続で務めた幕内から十両へ陥落した。2011年1月場所において西十両9枚目の位置で4勝11敗と大きく負け越してしまい幕下への陥落が濃厚となったため、同場所限りで引退する意向を一度は固めたものの、大学の同級生で長く付け人を務めてきた剣武の説得を受け翻意し、現役続行を決意した[2]

幕下へ陥落した同年5月技量審査場所でも3勝4敗と負け越したが、大相撲八百長問題で多くの力士が引退した影響により、負け越しの成績ながらも1場所での十両復帰を果たした。しかし、再十両となった翌7月場所では西十両11枚目の位置で1勝14敗と大敗を喫して、翌9月場所には再び幕下へ陥落した。さらに2012年3月場所では幕下で7戦全敗を喫してしまい、三役経験者の幕下以下での7戦全敗は史上初のこととなった。4番相撲で負け越しを確定させた際に夫人から「まだ3番残っているじゃない」と励まされ、全盛期を知らない長男のためにせめて1番でも白星を挙げようと奮戦したが結果としてはそれもかなわなかった。[1]

2012年4月25日に現役引退を表明し、幕内・豪風から年寄名跡を借りて年寄・押尾川を襲名して藤島部屋の部屋付き親方となった。大学の同級生である剣武と同時の引退表明であった[3]。同年10月16日には16代雷(元幕内・春日富士)の退職に伴い空き名跡となっていた雷の年寄名跡を正式に取得して年寄・17代雷を襲名した[4]

2013年5月には本名である垣添徹の名義で、自伝となる『美しい黒星』(日刊スポーツ出版社)という著書を発表した。この著書には親友である剣武のインタビューも掲載されている。 同年6月1日には両国国技館において断髪式が行われた。

2013年8月29日にそれまで在籍していた藤島部屋から、同年4月に15代武蔵川(元横綱・武蔵丸)が再興した武蔵川部屋へ移籍した。

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 通算成績:388勝430敗15休 勝率.474
  • 幕内成績:299勝343敗3休 勝率.466
  • 現役在位:63場所
  • 幕内在位:43場所
  • 三役在位:1場所(小結1場所)

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:1回(2003年7月場所)

三賞:金星[編集]

  • 三賞:1回
    • 技能賞:1回(2004年1月場所)
  • 金星:なし

場所別成績[編集]

                                        

垣添徹[5]
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2001年
(平成13年)
x x x x 幕下付出 #15
休場
0–0–7
東 幕下 #55
6–1
 
2002年
(平成14年)
西 幕下 #26
4–3
 
東 幕下 #23
6–1
 
西 幕下 #8
1–1–5
 
西 幕下 #28
4–3
 
西 幕下 #20
4–3
 
東 幕下 #14
6–1
 
2003年
(平成15年)
東 幕下 #3
5–2
 
東 十両 #11
9–6
 
東 十両 #6
10–5
 
東 十両 #2
優勝
11–4
東 前頭 #11
8–7
 
西 前頭 #8
8–7
 
2004年
(平成16年)
東 前頭 #5
11–4
東 小結
6–9
 
西 前頭 #2
6–9
 
西 前頭 #5
7–8
 
西 前頭 #6
10–5
 
東 前頭 #2
6–9
 
2005年
(平成17年)
西 前頭 #4
8–7
 
西 前頭 #2
6–9
 
西 前頭 #5
9–6
 
東 前頭 #1
7–8
 
東 前頭 #2
7–8
 
西 前頭 #2
4–11
 
2006年
(平成18年)
西 前頭 #7
8–7
 
東 前頭 #6
9–6
 
西 前頭 #1
6–9
 
西 前頭 #3
4–11
 
西 前頭 #8
9–6
 
西 前頭 #4
6–9
 
2007年
(平成19年)
東 前頭 #9
8–7
 
西 前頭 #6
8–7
 
東 前頭 #3
0–12–3[6]
 
東 前頭 #16
6–9
 
西 前頭 #16
9–6
 
東 前頭 #14
9–6
 
2008年
(平成20年)
東 前頭 #11
6–9
 
西 前頭 #14
8–7
 
東 前頭 #13
6–9
 
西 前頭 #15
7–8
 
西 前頭 #16
10–5
 
東 前頭 #8
5–10
 
2009年
(平成21年)
西 前頭 #12
8–7
 
東 前頭 #12
7–8
 
西 前頭 #14
8–7
 
西 前頭 #8
6–9
 
東 前頭 #11
9–6
 
西 前頭 #5
8–7
 
2010年
(平成22年)
東 前頭 #4
6–9
 
西 前頭 #7
7–8
 
東 前頭 #8
7–8
 
西 前頭 #9
3–12
 
西 前頭 #15
3–12
 
東 十両 #7
7–8
 
2011年
(平成23年)
西 十両 #9
4–11
 
八百長問題
により中止
西 幕下 #1
3–4
 
西 十両 #11
1–14
 
東 幕下 #9
4–3
 
西 幕下 #6
1–6
 
2012年
(平成24年)
西 幕下 #16
3–4
 
西 幕下 #22
0–7
 
西 幕下 #56
引退
0–0–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)
  1. ^ a b 『美しい黒星』(日刊スポーツ出版社)
  2. ^ 大相撲】熱き友情から生まれた“奇跡”~男たちの十両物語(2)”. スポルティーバ. 2011年6月6日閲覧。
  3. ^ 垣添と剣武が引退 日刊スポーツ 2012年4月25日閲覧
  4. ^ 元小結垣添が「雷」取得 押尾川から名跡変更 MSN産経ニュース 2012年10月19日閲覧
  5. ^ Rikishi in Juryo and Makunouchi” (English). szumo.hu. 2007年7月24日閲覧。
  6. ^ 右膝半月板断裂により12日目から途中休場

改名歴[編集]

  • 垣添 徹(かきぞえ とおる)2001年9月場所 - 2012年5月場所

年寄変遷[編集]

  • 押尾川 徹(おしおがわ とおる)2012年4月25日 - 2012年10月16日
  • 雷 徹 (いかずち とおる) 2012年10月16日 -

著書[編集]

  • 『美しい黒星』(日刊スポーツ出版社、2013年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]