大輝煌正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大輝煌 正人 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 大輝煌 正人
本名 林 正人
生年月日 1967年9月15日
没年月日 2009年6月6日(満41歳没)
出身 和歌山県御坊市
身長 186cm
体重 171kg
BMI 49.43
所属部屋 武蔵川部屋
得意技 右四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 前頭15枚目
生涯戦歴 100勝87敗33休(20場所)
幕内戦歴 5勝10敗(1場所)
優勝 十両優勝1回
幕下優勝3回
データ
初土俵 1990年3月場所
入幕 1991年1月場所
引退 1993年5月場所
引退後 会社員
趣味 パチンコ
備考
2013年3月17日現在

大輝煌 正人(だいきこう まさと、1967年9月15日 - 2009年6月6日 )は、和歌山県御坊市出身で武蔵川部屋所属の元大相撲力士。本名は林正人(はやし まさと)、身長186cm、体重171kg。得意手は右四つ、寄り。最高位は東前頭15枚目(1991年1月場所)。血液型A型、趣味はパチンコ

年6場所制下では史上初めて十両を1場所で通過して幕内に昇進したが[1][2]、故障に悩まされて現役生活はわずか3年あまりに終わった。

来歴[編集]

中学時代から全国大会で活躍し、3年生の時には中学生横綱となる。近畿大学に進学し、4年生の時には全国学生相撲選手権大会で優勝を果たし学生横綱を獲得した。近大の先輩である元大関朝潮の継承が内定していた若松部屋入りが確実視されていたが、一転し武蔵川部屋に入門。武蔵川部屋を選んだ決め手は、「筋力トレーニングの機材が充実している。」という設備上の理由であったという。他方では、初めから同郷かつ同じ相撲道場出身の5学年後輩である和歌乃山との縁で武蔵川部屋へ進むつもりだったが若松部屋や近畿大学の関係者には直前まで言い出せなかったという説もある。

1990年3月場所に幕下最下位格付出初土俵を踏むと2場所目の同年5月場所で幕下優勝。次いで、西幕下4枚目で迎えた同年9月場所では2度目の幕下優勝を7戦全勝で果たし、場所後に十両に昇進。同時に四股名を本名の林から大輝煌に改めた。前述のような経緯を辿ったことで十両昇進時には近大から化粧廻しを送られることがなかった。

新十両となった11月場所でも勢いは留まることを知らず11勝4敗で優勝。この場所の番付が西9枚目と新十両としては比較的高位にあったことと、翌場所から幕内の定員が2名増員されることなどの運にも恵まれて、翌1991年1月場所で新入幕を果たした。

しかし1月場所の直前に足を痛めて1場所で十両に陥落すると、取組中に極め出しを食らい腕を骨折したり、首を痛めるなど故障に悩まされ、1992年1月場所では幕下に陥落してしまう。その後は2度十両に復帰したが、故障の影響で本来の相撲が全く取れなくなり、自身と同じく学生相撲から鳴り物入りで武蔵川部屋に入門した尾曽(後の大関・武双山)と入れ替わるかのように、1993年5月場所を最後に現役を引退した。現役晩年には四股名をいったん林に戻した後で輝ノ海に再改名している。

引退後は会社員に転身し[3]、晩年は自動車整備士を務めていた。2009年6月6日16時、和歌山県の自宅で脳出血にて急逝。41歳没[4]

主な成績[編集]

  • 通算成績:100勝87敗33休 勝率.535
  • 幕内成績:5勝10敗 勝率.333
  • 現役在位:20場所
  • 幕内在位:1場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1990年11月場所)
    • 幕下優勝:3回(1990年5月場所、1990年9月場所、1992年3月場所)

場所別成績[編集]

大輝煌正人
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1990年
(平成2年)
x 幕下付出 #60
5–2
 
西 幕下 #37
優勝
6–1
東 幕下 #17
6–1
 
西 幕下 #4
優勝
7–0
西 十両 #9
優勝
11–4
1991年
(平成3年)
東 前頭 #15
5–10
 
西 十両 #4
7–8
 
東 十両 #6
9–6
 
東 十両 #1
1–3–11
 
西 十両 #10
休場
0–0–15
西 十両 #10
6–9
 
1992年
(平成4年)
西 幕下 #1
2–5
 
西 幕下 #9
優勝
7–0
西 十両 #10
4–11
 
西 幕下 #2
2–5
 
東 幕下 #13
5–2
 
東 幕下 #4
4–3
 
1993年
(平成5年)
西 十両 #13
8–7
 
西 十両 #10
5–10
 
東 幕下 #2
引退
0–0–7
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 林 正人(はやし まさと)1990年3月場所-9月場所、1992年9月場所-11月場所
  • 大輝煌 正人(だいきこう - )1990年11月場所-1992年7月場所
  • 輝ノ海 正人(てるのうみ - )1993年1月場所-5月場所

脚注[編集]

  1. ^ 隆の山、史上3人目の十両1場所通過
  2. ^ 後に市原孝行隆の山俊太郎遠藤聖大も記録。
  3. ^ 『相撲』2004年3月号
  4. ^ 41歳の若さで 元幕内の大輝煌が死去 Sponichi Annex ニュース 2009年6月7日

関連項目[編集]