栃乃洋泰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栃乃洋泰一 相撲力士
Tochinonada Taiichi 2008.jpg
基礎情報
四股名 栃乃洋 泰一
本名 後藤 泰一
愛称 タイチ
生年月日 1974年2月26日(40歳)
出身 石川県七尾市
身長 187cm
体重 161kg
所属部屋 春日野部屋
得意技 左四つ、寄り、投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 関脇
生涯戦歴 669勝700敗31休(96場所)
幕内戦歴 556勝628敗31休(81場所)
優勝 十両優勝2回
殊勲賞3回
敢闘賞2回
技能賞1回
データ
初土俵 1996年1月場所
入幕 1997年5月場所
引退 2012年1月場所
引退後 年寄:竹縄
趣味 読書
備考
金星12個
3個、若乃花3個、武蔵丸3個、朝青龍3個)
2012年1月22日現在

栃乃洋泰一(とちのなだ たいいち、1974年2月26日 - )は、石川県七尾市出身で春日野部屋に所属した元大相撲力士。本名は後藤 泰一(ごとう たいいち)、愛称はタイチ。現役時代は身長187cm、体重161kg、血液型はO型。趣味は「読書」。得意手は左四つ、寄り、下手投げ掬い投げ突き落とし。最高位は東関脇2001年5月場所)。現在は年寄・竹縄

来歴[編集]

漁師の長男で、小学生の頃から相撲を始める。七尾商業高校(現・七尾東雲高校)を経て、拓殖大学3年生の時には全国学生相撲選手権大会で優勝して学生横綱に輝いた。拓殖大学相撲部監督の兄であり、中学校・高校・大学を通しての先輩である千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)を頼る形で春日野部屋へ入門し、1996年1月場所にて幕下付出初土俵を踏んだ。

1996年11月場所に新十両へ昇進し、その場所で13勝2敗の成績を挙げて初の十両優勝を果たした。1997年5月場所に新入幕を果たすと、翌7月場所・続く9月場所と2場所連続して敢闘賞を受賞する活躍を見せた。そして初土俵から11場所連続となる勝ち越しで同年11月場所には東小結へ昇進した。その後も長らく幕内上位に定着して活躍し、2001年3月場所には東関脇へと昇進、その場所で8勝7敗と勝ち越して初の殊勲賞を獲得した。2005年7月場所に右大腿屈筋腱損傷という重傷を負って途中休場し、東前頭17枚目の位置まで降下した翌9月場所では7勝8敗と負け越し、翌11月場所では西前頭17枚目の位置に留まったもののその場所でも7勝8敗と負け越してしまい、翌2006年1月場所では十両へと陥落した。これにより自身の連続幕内在位記録が52場所で途切れたが、翌3月場所では東十両筆頭の位置で13勝2敗の成績を挙げて2回目の十両優勝を果たし、翌3月場所において幕内へ復帰した。

左四つからの速攻と強力な下手投げを武器とした活躍で、現役時には計12個もの金星を挙げている。同じ石川県出身の大関出島金沢市出身、現・大鳴戸)とは、現役時代は同学年のライバル同士であった。

2004年9月に千賀ノ浦親方が春日野部屋から分家独立するに際しては共に移籍する話もあったものの、本人の意志により春日野部屋に留まった。同年12月27日に年寄名跡竹縄を取得した。

現役後期では以前のような勢いのある相撲は影を潜め、主に幕内中位から下位にかけて在位することが多くなり、十両への陥落も見られるようになったものの、それでも十両では自身の地力の違いを示していた。2011年7月場所途中に魁皇が現役を引退したため、その後は関取における最年長力士となった。東十両8枚目の位置で迎えた2012年1月場所に3勝12敗と大敗して幕下への陥落が濃厚となり、同場所の千秋楽に引退を表明、年寄・竹縄を襲名した。現在は春日野部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たっている。

エピソード[編集]

  • かつて日本相撲協会に本名の読み「ごとう たいいち」を「ごとう たいち」と誤って記録されていた。
  • 不戦勝の数は10回と史上2位の記録を持つ(史上1位は出羽錦の11回)。 1999年3月場所の10日目には横綱若乃花戦、翌11日目には横綱・貴乃花戦と、史上初となる2日連続しての不戦勝を記録した。
  • この「とちのなだ」という四股名の読みは実は非常に発声しにくいらしく、アナウンサーにとっても「とちのなだぜき」と澱みなく読むのはニュース原稿よりも難しいとされている。2004年2月18日に放送されたフジテレビトリビアの泉』のコーナー「トリビアの種」において、「ニュースアナウンサーが一番いいづらい言葉は○○」という種が投稿されたとき、「とちのなだぜき」が第7位に入った。この番組の放送時、本人は巡業のため海外に滞在しており、帰国するまで自身の四股名が話題になっていることは知らなかった。
  • 大阪場所(3月場所)は縁起が良く、初土俵の1996年から2006年まで11年連続で勝ち越しを決めた。2007年は負け越したものの、2008年以降は再び勝ち越しを続けた。

主な成績[編集]

通算成績[編集]

  • 通算成績:669勝700敗31休 勝率.489
  • 幕内成績:556勝628敗31休 勝率.470
  • 現役在位:96場所
  • 幕内在位:81場所
  • 三役在位:8場所(関脇2場所、小結6場所)
  • 不戦勝:10回
    • 不戦勝数は歴代2位(歴代1位は出羽錦の11回)。

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:2回(1996年11月場所、2006年1月場所)

三賞・金星[編集]

  • 三賞:6回
    • 殊勲賞:3回(2001年3月場所、2003年11月場所、2004年9月場所)
    • 敢闘賞:2回(1997年7月場所、1997年9月場所)
    • 技能賞:1回(2001年1月場所)
  • 金星:12個

場所別成績[編集]

                                                                                                   

栃乃洋泰一[1]

一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1996年
(平成8年)
幕下付出 #60
6–1
 
西 幕下 #31
6–1
 
東 幕下 #13
4–3
 
西 幕下 #7
6–1
 
西 幕下 #1
4–3
 
西 十両 #13
優勝
13–2
1997年
(平成9年)
西 十両 #4
10–5
 
東 十両 #1
9–6
 
東 前頭 #16
9–6
 
東 前頭 #11
10–5
東 前頭 #2
9–6
東 小結
6–9
 
1998年
(平成10年)
西 前頭 #2
7–8
東 前頭 #3
9–6
 
東 前頭 #1
7–8
西 前頭 #2
5–10
東 前頭 #6
7–8
西 前頭 #6
6–9
 
1999年
(平成11年)
東 前頭 #9
8–7
 
西 前頭 #5
9–6
 
東 前頭 #2
3–9–3[2]
東 前頭 #8
休場[3]
0–0–15
東 前頭 #8
5–10
 
西 前頭 #12
10–5
 
2000年
(平成12年)
東 前頭 #4
6–9
東 前頭 #6
9–6
 
東 前頭 #1
5–10
 
東 前頭 #3
7–8
 
西 前頭 #3
4–11
 
西 前頭 #7
10–5
 
2001年
(平成13年)
西 小結
9–6
西 関脇
8–7
東 関脇
4–11
 
東 前頭 #3
6–9
 
西 前頭 #5
8–7
西 前頭 #4
7–8
 
2002年
(平成14年)
東 前頭 #6
8–7
 
東 前頭 #3
8–7
 
西 小結
7–8
 
東 前頭 #1
7–8
西 前頭 #1
4–11
 
東 前頭 #6
6–9
 
2003年
(平成15年)
東 前頭 #10
11–4
 
東 前頭 #2
9–6
 
東 前頭 #1
8–7
 
西 小結
7–8
 
西 前頭 #1
8–7
 
東 前頭 #1
8–7
2004年
(平成16年)
東 小結
6–9
 
東 前頭 #3
8–7
 
東 前頭 #1
5–10
 
西 前頭 #6
9–6
 
西 前頭 #3
11–4
西 小結
6–9
 
2005年
(平成17年)
西 前頭 #1
5–10
 
西 前頭 #4
8–7
 
西 前頭 #2
5–10
 
西 前頭 #6
0–2–13[4]
 
東 前頭 #17
7–8
 
西 前頭 #17
7–8
 
2006年
(平成18年)
東 十両 #1
優勝
13–2
西 前頭 #12
8–7
 
西 前頭 #9
6–9
 
東 前頭 #12
10–5
 
東 前頭 #5
7–8
 
西 前頭 #5
7–8
 
2007年
(平成19年)
西 前頭 #6
6–9
 
西 前頭 #9
7–8
 
西 前頭 #11
8–7
 
東 前頭 #9
10–5
 
東 前頭 #2
4–11
 
西 前頭 #7
8–7
 
2008年
(平成20年)
西 前頭 #3
5–10
 
西 前頭 #8
8–7
 
東 前頭 #8
9–6
 
西 前頭 #3
7–8
西 前頭 #4
6–9
 
西 前頭 #7
5–10
 
2009年
(平成21年)
西 前頭 #10
8–7
 
東 前頭 #8
8–7
 
東 前頭 #5
5–10
 
西 前頭 #9
6–9
 
西 前頭 #12
4–11
 
東 十両 #2
8–7
 
2010年
(平成22年)
西 前頭 #15
5–10
 
西 十両 #2
10–5
 
東 前頭 #14
3–12
 
東 十両 #6
9–6
 
東 前頭 #14
8–7
 
西 前頭 #13
6–9
 
2011年
(平成23年)
西 前頭 #16
9–6
 
八百長問題
により中止
西 前頭 #14
6–9
 
西 前頭 #14
6–9
 
東 十両 #1
4–11
 
東 十両 #9
8–7
 
2012年
(平成24年)
東 十両 #8
引退
3–12–0
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

幕内での対戦成績[編集]

力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数
蒼樹山 6 0 安芸乃島 7 5 3 7 朝青龍 6 17
朝赤龍 5 13 朝乃翔 2 1 朝乃若 1 4 旭豊 1 3
安美錦 7 8 阿覧 3 3 岩木山 8 7 潮丸 2 2
皇司 5 1 大日ノ出 1 1 小城錦 4(1) 4 隠岐の海 0 4
魁皇 12(1) 25 魁聖 0 1 海鵬 8 5 臥牙丸 1 2
垣添 9 4 鶴竜 2 5 春日王 6 7 片山 1 0
巌雄 7 1 稀勢の里 2 6 北勝鬨 1 1 北桜 4 0
北太樹 1 4 旭鷲山 10 9 旭天鵬 9 11 旭南海 0 1
金開山 3 1 豪栄道 3 3 光法 1 0 光龍 4 2
五城楼 4 3 黒海 6 10 琴欧洲 2 4 琴春日 2 2
琴奨菊 2 4 琴錦 3 4 琴ノ若 12 10 琴光喜 7 17
琴龍 10 3 小錦 0 2 磋牙司 1 0 里山 2 0
敷島 5 2 霜鳳 6 8 十文字 6 2 駿傑 1 1
翔天狼 3 4 蒼国来 2 1 大至 1 0 大善 2 1
大道 1 0 大真鶴 1 0 貴闘力 11 3 隆の鶴 1 0
貴ノ浪 11 12 貴乃花 2(1) 12 隆乃若 13(1) 2 高見盛 10 18
髙安 0 1 宝富士 0 1 豪風 9 5 玉飛鳥 2 1
玉春日 12 8 玉乃島 13 11 玉鷲 2 2 千代大海 9 20
千代天山 6 4 千代白鵬 1 0 出島 16(2) 24 寺尾 2 2
闘牙 14 4 時津海 10(1) 10 時天空 7 10 土佐ノ海 14 18(1)
土佐豊 2 5 栃東 4 21 豊桜 6 1 豊ノ島 4 4
豊響 6 4 白馬 1 0 白鵬 2 7 白露山 2 3
濵錦 0 1 濱ノ嶋 8 0 追風海 4 0 把瑠都 1 3
春ノ山 1 0 日馬富士 1 3 肥後ノ海 3 5 富士東 0 1
武州山 1 4 普天王 2 11 武雄山 9 1 寶智山 1 0
豊真将 5 3 北勝力 8 10(1) 舞の海 2 0 将司 2 1
水戸泉 2 1 湊富士 6 2 雅山 12(1) 24 武蔵丸 4 17
武双山 10(1) 20 猛虎浪 2 2 大和 1 1 山本山 0 2
嘉風 7 5 力櫻 1 1 龍皇 1 0 露鵬 7 1
若麒麟 1 2 若荒雄 2 2 若兎馬 1 1 若の里 15 18
若ノ城 2 0 若乃花 5(1) 4 若ノ鵬 0 3 和歌乃山 5 4

(カッコ内は勝数、負数の中に占める不戦勝、不戦敗の数)

改名歴[編集]

四股名[編集]

  • 後藤 泰一(ごとう たいいち) 1996年1月場所 - 1996年9月場所
  • 栃乃洋 泰一(とちのなだ -) 1996年11月場所 - 2012年1月場所

年寄名[編集]

  • 竹縄 泰一(たけなわ たいいち) 2012年1月22日 -

脚注[編集]

  1. ^ Rikishi in Juryo and Makunouchi” (English). szumo.hu. 2007年9月24日閲覧。
  2. ^ 左肘内側側副靱帯損傷により12日目から途中休場
  3. ^ 公傷
  4. ^ 右大腿屈筋腱損傷により2日目から途中休場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「栃乃洋泰一」は、相撲に関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPJ相撲)。