薩洲洋康貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

薩洲洋 康貴(さっしゅうなだ やすたか、1957年6月7日 - )は、鹿児島県指宿市出身の元大相撲力士井筒部屋(入門時は君ヶ濱部屋)に所属していた。最高位は西前頭筆頭(1988年3月場所)。本名は吉崎 克幸(よしざき かつゆき)。現役時代の体格は183cm、147kg。得意手は突き、押し、叩き、引き。現在は、年寄立田山

人物[編集]

乾物店の長男で、北指宿中学校では柔道に打ち込んでいた。鹿児島実業高校に進学してからも柔道を継続するつもりであったがレギュラーになれず、困っていたところ相撲部に勧誘されて相撲に転向。高校在学中に君ヶ濱部屋へ入門し、1976年1月場所にて、18歳で初土俵を踏んだ。1978年1月から、師匠(元関脇鶴ヶ嶺)の年寄名跡変更に伴い、所属の部屋名が井筒部屋となった。

当初の四股名は、本名でもある「吉崎」。その後、1982年9月より、故郷の地名(薩摩)にちなんだ「薩州洋」に改名している。1983年1月場所には「薩洲洋」に再改名し、以後、引退までこの名で通した。

高校時代に相撲部で活躍した経験を持ちながら、出世は決して早い方とは言えなかった[1]が、1984年7月場所では同部屋の寺尾改め源氏山[2]と同時に十両へ昇進。そして、1986年9月場所で新入幕を果たした。初土俵から10年8ヵ月を要しての入幕で、この時すでに29歳となっていた。

高校時代は右四つ力士だったが大相撲入り後は突き、押しを得意とし、重い突っ張りの取り口で活躍した。しかし、突っ張りを出すスピードが遅かったため、幕内上位陣には通じなかった[3]。現役終盤期には立合いかわされただけで自滅同然に膝から落ちる相撲が増えていった。序ノ口に付いた1976年3月場所から引退直前まで一度も休まず、「1077回連続出場」という記録を残した。西幕下7枚目の地位で全休した1992年9月場所を最後に、35歳で引退。

現在は年寄・立田山を名乗り、陸奥部屋付きの親方として後進の指導に当たっている。

エピソード[編集]

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:545勝532敗7休 勝率.506
  • 幕内成績:129勝156敗 勝率.453
  • 現役在位:100場所
  • 幕内在位:19場所
  • 連続出場:1077回(序ノ口以来、1976年3月場所-1992年7月場所)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1985年9月場所)
    • 幕下優勝:1回(1984年5月場所)
    • 序ノ口優勝:1回(1976年3月場所)

場所別成績[編集]

薩洲洋 康貴
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1976年
(昭和51年)
(前相撲) 西 序ノ口 #18
優勝
7–0
東 序二段 #36
4–3
 
西 序二段 #14
5–2
 
東 三段目 #72
3–4
 
西 三段目 #87
6–1
 
1977年
(昭和52年)
西 三段目 #40
3–4
 
西 三段目 #5
5–2
 
東 三段目 #14
3–4
 
東 三段目 #26
4–3
 
西 三段目 #14
3–4
 
西 三段目 #24
5–2
 
1978年
(昭和53年)
西 三段目 #2
2–5
 
西 三段目 #23
2–5
 
東 三段目 #47
4–3
 
東 三段目 #30
5–2
 
東 幕下 #59
4–3
 
東 幕下 #50
3–4
 
1979年
(昭和54年)
東 三段目 #2
3–4
 
西 三段目 #15
3–4
 
西 三段目 #27
4–3
 
西 三段目 #16
4–3
 
西 三段目 #7
6–1
 
東 幕下 #39
4–3
 
1980年
(昭和55年)
東 幕下 #30
3–4
 
東 幕下 #41
3–4
 
西 幕下 #51
6–1
 
西 幕下 #22
5–2
 
東 幕下 #12
3–4
 
東 幕下 #20
1–6
 
1981年
(昭和56年)
西 幕下 #43
5–2
 
東 幕下 #27
4–3
 
東 幕下 #16
2–5
 
東 幕下 #32
4–3
 
西 幕下 #24
3–4
 
東 幕下 #31
5–2
 
1982年
(昭和57年)
西 幕下 #16
5–2
 
西 幕下 #6
3–4
 
西 幕下 #12
3–4
 
東 幕下 #9
1–6
 
東 幕下 #34
5–2
 
東 幕下 #18
4–3
 
1983年
(昭和58年)
西 幕下 #10
3–4
 
西 幕下 #18
4–3
 
西 幕下 #12
3–4
 
西 幕下 #18
4–3
 
東 幕下 #13
3–4
 
東 幕下 #20
4–3
 
1984年
(昭和59年)
東 幕下 #12
2–5
 
西 幕下 #28
5–2
 
東 幕下 #12
優勝
7–0
東 十両 #11
8–7
 
東 十両 #8
8–7
 
西 十両 #6
9–6
 
1985年
(昭和60年)
西 十両 #5
9–6
 
西 十両 #1
7–8
 
西 十両 #3
9–6
 
西 十両 #2
7–8
 
東 十両 #4
優勝
10–5
西 十両 #1
6–9
 
1986年
(昭和61年)
東 十両 #6
7–8
 
西 十両 #8
8–7
 
東 十両 #6
10–5
 
西 十両 #1
10–5
 
西 前頭 #11
8–7
 
東 前頭 #6
6–9
 
1987年
(昭和62年)
東 前頭 #11
8–7
 
西 前頭 #7
6–9
 
西 前頭 #11
8–7
 
東 前頭 #6
5–10
 
東 前頭 #13
9–6
 
西 前頭 #5
7–8
 
1988年
(昭和63年)
東 前頭 #6
9–6
 
西 前頭 #1
4–11
 
東 前頭 #10
8–7
 
西 前頭 #5
7–8
 
東 前頭 #6
6–9
 
西 前頭 #9
8–7
 
1989年
(平成元年)
西 前頭 #4
4–11
 
東 前頭 #10
7–8
 
西 前頭 #11
8–7
 
東 前頭 #9
6–9
 
東 前頭 #14
5–10
 
東 十両 #7
8–7
 
1990年
(平成2年)
西 十両 #2
9–6
 
東 十両 #1
5–10
 
東 十両 #6
6–9
 
西 十両 #10
9–6
 
西 十両 #5
7–8
 
西 十両 #6
9–6
 
1991年
(平成3年)
東 十両 #2
6–9
 
西 十両 #6
7–8
 
西 十両 #8
8–7
 
西 十両 #6
5–10
 
東 十両 #10
7–8
 
西 十両 #11
8–7
 
1992年
(平成4年)
西 十両 #7
7–8
 
西 十両 #8
5–10
 
西 幕下 #1
5–2
 
東 十両 #11
4–11
 
西 幕下 #7
引退
0–0–7
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 吉崎 克幸(よしざき かつゆき)1976年3月場所-1982年7月場所
  • 薩州洋 克之(さっしゅうなだ かつゆき)1982年9月場所
  • 薩州洋 克幸(- かつゆき)1982年11月場所
  • 薩洲洋 康貴(- やすたか)1983年1月場所-1992年9月場所

年寄変遷[編集]

  • 錣山 康貴(しころやま やすたか)1992年9月-1992年11月
  • 錣山 克幸(- かつゆき)1992年11月-1993年3月
  • 錣山 仁一(- まさかず)1993年3月-1994年7月
  • 春日山 仁一(かすがやま -)1994年7月-1994年9月
  • 春日山 豪力(- かつよし)1994年9月-1996年9月
  • 熊ヶ谷 豪力(くまがたに -)1996年9月-1996年11月
  • 熊ヶ谷 豪秀(- としひで)1996年11月-1998年1月
  • 立田山 豪秀(たつたやま -)1998年1月-1998年3月
  • 立田山 裕教(- ひろのり)1998年3月-

脚注[編集]

  1. ^ そのため、一時は入門せずに大学進学しようと考えていたという。
  2. ^ 1場所で元の「寺尾」に戻した。
  3. ^ 横綱・大関陣との対戦圏内には2度進んだが、いずれも4勝11敗に終わっている。

関連項目[編集]