竹葉山真邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竹葉山真邦 Sumo pictogram.svg
Replace this image JA.svg
基礎情報
四股名 竹葉山 真邦
本名 田崎 誠
生年月日 1957年8月21日(57歳)
出身

福岡県浮羽郡浮羽町

(現・同県うきは市、出生地は同県八幡市
身長 176cm
体重 119kg
BMI 38.42
所属部屋 宮城野部屋
得意技 突き、押し
成績
現在の番付 引退
最高位 前頭13枚目(1986年9月場所)
生涯戦歴 442勝402敗21休(95場所)
幕内戦歴 11勝19敗(2場所)
優勝 十両優勝1回
データ
初土俵 1973年3月場所
入幕 1986年9月場所
引退 1989年1月場所
引退後 年寄・中川宮城野熊ヶ谷→宮城野
備考
宮城野部屋師匠
2013年4月1日現在

竹葉山 真邦(ちくばやま まさくに、1957年8月21日- )は、福岡県浮羽郡浮羽町(現:同県うきは市、出生地は同県八幡市)出身で、宮城野部屋に所属した大相撲力士。本名は田崎 誠(たざき まこと)。現役時代の体格は176cm、119kg。得意手は突き、押し。最高位は東前頭13枚目(1986年9月場所)。

現在は年寄宮城野として、宮城野部屋で後進の指導に当たっている。

来歴・人物[編集]

幼い頃から相撲を始め、浮羽町立黒崎中学校では相撲部がなかったため、野球部に所属した。中学2年時に父親の知人から勧誘され、中学卒業と同時に宮城野部屋へ入門し、1973年3月場所にて初土俵を踏んだ。初土俵の同期には、後の関脇高望山らがいる。

当初の四股名は、本名でもある「田崎」だったが、1974年3月場所前に「筑葉山」と改名。これは、故郷・福岡県の旧称のひとつである「筑後」と、師匠の現役名・吉葉山に因んでいる。

小兵ではあったが、立ち合いから強く当たって押し出す相撲を得意として着実に番付を上げ、1978年11月場所にて21歳で十両へ昇進した。

しかし、四つになると力が発揮できないという弱点から、同場所では6勝9敗と負け越して1場所で幕下へ陥落。その後、1983年1月場所で再十両昇進を果たすまで、4年以上幕下に低迷した。

その間、四股名を「筑葉山」から「竹葉山」に変えたが、これは当時の師匠であった9代宮城野(元小結・廣川)の助言による。

稽古熱心で、連日同じ立浪・伊勢ヶ濱連合の友綱部屋に通い詰め、幕内の魁輝との激しい稽古により力を付けた。1984年1月場所での3回目の十両昇進からは十両に定着し、1986年5月場所では自身初となる各段(十両)優勝を遂げ、同年9月場所で漸く入幕を実現した。初土俵から所要81場所での新入幕は歴代10位タイ、新十両昇進から所要47場所での新入幕は歴代1位のスロー記録となった。

その9月場所では6勝9敗と負け越し、十両へ陥落した翌11月場所では10勝5敗の優勝同点となる好成績を挙げて、翌1987年1月場所で再び入幕した。だが、同場所でも5勝10敗と大きく負け越して、幕内在位は結局2場所のみに終わった。

以降も調子が上がらず、1988年5月場所では幕下へ陥落した。以後、2度と関取の地位には復帰できなかった。

1989年1月場所12日目に現役引退を表明し、年寄・中川を襲名して、宮城野部屋の部屋付き親方に就任。

しかし、同年6月に師匠である宮城野親方(元・廣川)が急逝したため[1]、急遽10代宮城野を襲名して宮城野部屋を継承した。以降、師匠として横綱白鵬や前頭・光法などといった関取を育てた。

2004年7月に北の湖部屋の十両・金親が9代宮城野親方の娘と結婚して娘婿となって、引退し、11代宮城野を襲名して宮城野部屋を継承することとなった。これにより、元・竹葉山の年寄名跡は暫定的な取得であったことが判明し[2]、10代宮城野は同年9月場所前までに年寄・熊ヶ谷を工面して15代熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋の部屋付き親方となった。弟子の光法が引退した際には、部屋付きの親方でありながら断髪式で止め鋏を入れている。

2007年5月場所後に白鵬が横綱昇進した際の横綱審議委員会において、当時の日本相撲協会理事長だった北の湖親方は委員である内館牧子から「白鵬の師匠は誰ですか?」の質問に対して、「今まで熊ヶ谷が(白鵬の指導を)やってきたのだから、今後も熊ヶ谷が指導すべき」と答え、15代熊ヶ谷が白鵬の正式な師匠であることを事実上明らかにした。しかし、白鵬の大関・横綱昇進伝達式の両方に同席することは許されず、陰で見守るしかなかった[3]

横綱・大関の師匠で理事長・勝負審判でない者はNHK大相撲中継で解説を務める例が多いが、宮城野部屋では11代宮城野に幕内経験がないこともあって、15代熊ヶ谷が向正面解説を務めていた(その際には、「白鵬の育ての親の熊ヶ谷親方」と紹介されていた)。

2007年5月に「11代宮城野が知人の女性に対して『(白鵬が初の綱獲りに挑戦した)2006年7月場所で横綱・朝青龍ら4人に計900万円を支払って白鵬に勝たせるよう依頼した』と語った」という内容の記事を講談社週刊現代』が掲載した問題で、名誉棄損として日本相撲協会が『週刊現代』を訴えた裁判自体は日本相撲協会側が勝訴したものの、日本相撲協会は11代宮城野の言動が協会の品位を傷つけたものであるとして、2010年12月24日の理事会において11代宮城野に対して15代熊ヶ谷と年寄名跡を交換することによって部屋の師匠の座を交代することを勧告した。その後、同年12月27日に11代宮城野が勧告を受け入れたことにより、15代熊ヶ谷は11代宮城野と年寄名跡を交換する形で12代宮城野として再び宮城野部屋の師匠に就任し[4]、11代宮城野は16代熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋の部屋付き親方となった。

2012年2月1日に行われた日本相撲協会役員改選に伴う新たなる人事で、審判部副部長に昇格した18代朝日山親方(元大関・大受)に代わって新たに審判委員として選任され、2013年2月4日に行われた職務分掌で審判部を離れるまで勝負審判を務めた。2014年9月場所では同じ伊勢ヶ濱一門の勝負審判であった追手風親方(元前頭2・大翔山)が体調不良で休場したため、5日目から審判経験のある宮城野が代役を務めた[5]

なお、10代宮城野襲名時には9代宮城野の年寄名を、そのまま継承していた。12代宮城野再襲名以降は、下の名を15代熊ヶ谷時代と同じものとして「宮城野 誠志(-せいじ)」と名乗っている。

白鵬と宮城野の間には、大島親方(元大関・旭國)の停年退職に伴う所属力士の移籍問題で衝突があったとされる。白鵬は、自身が引退後に部屋を新設した際に旭天鵬が番頭役として協力することを期待して大島部屋所属力士の宮城野部屋への合流に動いたが、事情を何も説明されていなかった宮城野が「移籍する力士や行司など11人の面倒は見られない」という理由[6]でそれを断ったため両者には深い溝ができ、その後2人はろくに口も聞いていないという[7]。これに関係する話として、2012年4月27日に立浪一門の連合稽古が東京都江東区の朝日山部屋で行われたが、白鵬は宮城野に無断で欠席したという事実が存在しており、宮城野部屋に近い関係者は「コミュニケーションが図れていれば、連合稽古の日にこんなチグハグなことにはなっていません。ろくに口も聞いていないから、こんなことになったのでしょう」と語っている[8]

主な成績・記録[編集]

  • 通算成績:442勝402敗21休 勝率.524
  • 幕内成績:11勝19敗 勝率.367
  • 現役在位:96場所
  • 幕内在位:2場所
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1986年5月場所)

場所別成績[編集]

竹葉山 真邦
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1973年
(昭和48年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #6
5–2
 
西 序二段 #54
5–2
 
西 序二段 #9
3–4
 
西 序二段 #25
3–4
 
1974年
(昭和49年)
東 序二段 #36
6–1
 
東 三段目 #76
5–2
 
東 三段目 #19
3–4
 
西 三段目 #58
3–4
 
東 三段目 #69
5–2
 
西 三段目 #36
3–4
 
1975年
(昭和50年)
東 三段目 #46
3–4
 
東 三段目 #55
1–6
 
東 序二段 #5
4–3
 
東 三段目 #68
3–4
 
西 序二段 #1
4–3
 
西 三段目 #62
3–4
 
1976年
(昭和51年)
西 序二段 #1
4–3
 
西 三段目 #64
4–3
 
西 三段目 #47
6–1
 
西 三段目 #7
2–5
 
東 三段目 #31
4–3
 
西 三段目 #18
6–1
 
1977年
(昭和52年)
西 幕下 #41
2–5
 
西 三段目 #3
4–3
 
東 幕下 #52
4–3
 
東 幕下 #40
3–4
 
東 幕下 #47
5–2
 
西 幕下 #30
4–3
 
1978年
(昭和53年)
西 幕下 #25
3–4
 
東 幕下 #32
4–3
 
西 幕下 #24
5–2
 
西 幕下 #12
6–1
 
西 幕下 #2
4–3
 
東 十両 #13
6–9
 
1979年
(昭和54年)
東 幕下 #4
3–4
 
東 幕下 #10
4–3
 
東 幕下 #6
3–4
 
東 幕下 #12
1–6
 
東 幕下 #38
5–2
 
東 幕下 #23
5–2
 
1980年
(昭和55年)
東 幕下 #12
4–3
 
西 幕下 #9
2–5
 
西 幕下 #24
4–3
 
西 幕下 #16
3–4
 
西 幕下 #25
3–4
 
西 幕下 #37
6–1
 
1981年
(昭和56年)
西 幕下 #14
4–3
 
西 幕下 #10
3–4
 
西 幕下 #17
4–3
 
西 幕下 #9
4–3
 
西 幕下 #7
3–4
 
西 幕下 #11
5–2
 
1982年
(昭和57年)
西 幕下 #4
2–5
 
西 幕下 #17
3–4
 
東 幕下 #28
6–1
 
西 幕下 #8
4–3
 
東 幕下 #6
4–3
 
東 幕下 #4
4–3
 
1983年
(昭和58年)
西 十両 #13
7–8
 
西 幕下 #3
1–6
 
西 幕下 #26
2–5
 
西 幕下 #41
5–2
 
西 幕下 #23
5–2
 
西 幕下 #10
5–2
 
1984年
(昭和59年)
西 幕下 #2
4–3
 
東 十両 #13
8–7
 
西 十両 #9
9–6
 
東 十両 #4
8–7
 
東 十両 #2
7–8
 
東 十両 #4
5–10
 
1985年
(昭和60年)
東 十両 #9
4–5–6
 
東 幕下 #2
休場
0–0–7
東 幕下 #2
5–2
 
西 十両 #10
8–7
 
西 十両 #9
8–7
 
東 十両 #8
9–6
 
1986年
(昭和61年)
東 十両 #3
4–4–7
 
東 十両 #12
9–6
 
西 十両 #8
優勝
11–4
東 十両 #1
8–7
 
東 前頭 #13
6–9
 
西 十両 #4
10–5
 
1987年
(昭和62年)
東 前頭 #14
5–10
 
西 十両 #4
8–7
 
東 十両 #4
8–7
 
東 十両 #2
7–8
 
西 十両 #4
7–8
 
西 十両 #5
6–9
 
1988年
(昭和63年)
西 十両 #10
7–8
 
東 十両 #12
6–9
 
西 幕下 #2
4–3
 
東 幕下 #1
3–4
 
東 幕下 #6
2–5
 
東 幕下 #22
5–2
 
1989年
(平成元年)
東 幕下 #10
引退
2–4–1
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 田崎 誠(たざき まこと)1973年5月場所-1974年1月場所
  • 筑葉山 誠(ちくばやま -)1974年3月場所-1979年9月場所
  • 竹葉山 誠(ちくばやま -)1979年11月場所-1981年1月場所
  • 竹葉山 真邦(- まさくに)1981年3月場所-1989年1月場所

年寄変遷[編集]

  • 中川 清勝(なかがわ きよまさ)1989年1月20日-1989年6月20日
  • 宮城野 泰孝(みやぎの やすたか)1989年6月20日-2004年8月26日
  • 熊ヶ谷 誠志(くまがたに せいじ)2004年8月26日-2010年12月27日
  • 宮城野 誠志(みやぎの せいじ)2010年12月27日-

著書[編集]

  • 『白鵬 「山」を越える男』(主婦と生活社、2010年) ※熊ヶ谷誠志 名義

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 9代宮城野の死去直前に竹葉山の断髪式が行われたが、9代宮城野は病気療養中のために欠席していた。止め鋏は一門の総帥である6代立浪(元関脇・安念山)が入れた。
  2. ^ 10代宮城野襲名時は借株だったという説もあるが、借株では部屋の師匠となることは不可能なので、借株であったとは考え難い。「宮城野」の名跡を暫定的に取得していたと考えられる。
  3. ^ 佐渡ヶ嶽部屋琴欧洲琴光喜が大関へ昇進した際には、現・佐渡ヶ嶽親方(元関脇・琴ノ若)と共に先代の佐渡ヶ嶽親方(元横綱・琴櫻)も伝達式に同席した事例が存在し、決してあり得ないことではなかった。
  4. ^ “宮城野親方が勧告受け入れ 師匠を交代”. 日刊スポーツ. (2010年12月27日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20101227-718205.html 2010年12月27日閲覧。 
  5. ^ 追手風親方が休場 スポーツ報知 2014年9月17日18時5分
  6. ^ 大阪場所優勝も“引退”チラつく白鵬と親方の大ケンカ 週刊実話 2012年04月08日14時00分
  7. ^ ケガだけではない!? 横綱・白鵬 不振の原因は師匠との不仲による心労? リアルライブ 2012年05月15日 15時30分
  8. ^ 横綱・白鵬が連合稽古を無断欠席! 露呈した師匠・宮城野親方とのコミュニケーション不足 リアルライブ 2012年04月28日 17時59分