闘竜賢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

闘竜 賢二(とうりゅう けんじ、1958年12月19日- )は、兵庫県加古川市出身(出生地は東京都北区)で三保ヶ関部屋に所属した大相撲力士。本名は田中 賢二(たなか けんじ)。最高位は西関脇1984年5月場所)。現役時代の体格は181cm、141kg。得意手は突き、押し、右四つ、寄り。

来歴[編集]

加古川市高砂市組合立宝殿中学校を卒業後、上京し、三保ヶ関部屋(当時、中学校の先輩である大竜川が所属していた)へ入門。1974年3月、15歳で初土俵を踏んだ。

序ノ口に付いた時より「闘竜」を名乗り、引退まで一度も改名する事は無かった。

幕下時代から有望視され、1979年1月場所で新十両昇進、同年11月場所で新入幕を果たした。

丸っこい体型からの押し、右四つの寄りを得意として1984年5月場所では最高位となる関脇に昇進するも、伸び悩み素質を活かし切れなかった。

十両に在った最晩年には昇進してきた貴花田(後の横綱・貴乃花)、若花田(同・3代若乃花)のいずれとも対戦しており、「花田親子」(貴ノ花、貴花田、若花田)の全員と対戦した。[1] 1990年1月場所を以って、31歳で引退。

引退後は年寄二十山(のち中立)を借株で襲名してしばらく日本相撲協会に残ったが、1992年12月に廃業した。

なお「闘竜」の四股名は、出身地にほど近い兵庫県加東市を流れる加古川名勝闘竜灘」に因むものである。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:576勝607敗18休 勝率.487
  • 幕内成績:330勝402敗18休 勝率.451
  • 現役在位:96場所
  • 幕内在位:50場所
  • 三役在位:3場所(関脇1場所、小結2場所)
  • 三賞:1回
    • 敢闘賞:1回(1982年7月場所)
  • 金星:2個(2代若乃花2個) 

場所別成績[編集]

闘竜 賢二
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1974年
(昭和49年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #6
4–3
 
西 序二段 #85
5–2
 
西 序二段 #49
3–4
 
東 序二段 #64
6–1
 
1975年
(昭和50年)
西 序二段 #21
5–2
 
西 三段目 #66
5–2
 
西 三段目 #35
2–5
 
西 三段目 #57
3–4
 
西 三段目 #70
4–3
 
東 三段目 #51
5–2
 
1976年
(昭和51年)
東 三段目 #28
4–3
 
東 三段目 #16
4–3
 
西 三段目 #3
2–5
 
東 三段目 #23
6–1
 
西 幕下 #48
4–3
 
西 幕下 #35
4–3
 
1977年
(昭和52年)
東 幕下 #27
4–3
 
東 幕下 #19
3–4
 
西 幕下 #24
5–2
 
西 幕下 #11
4–3
 
東 幕下 #8
4–3
 
東 幕下 #6
1–6
 
1978年
(昭和53年)
東 幕下 #31
4–3
 
西 幕下 #24
5–2
 
東 幕下 #12
4–3
 
東 幕下 #6
4–3
 
西 幕下 #3
4–3
 
東 幕下 #1
5–2
 
1979年
(昭和54年)
西 十両 #11
7–8
 
東 十両 #13
10–5
 
西 十両 #4
7–8
 
西 十両 #4
8–7
 
東 十両 #2
10–5
 
東 前頭 #11
7–8
 
1980年
(昭和55年)
東 前頭 #14
8–7
 
西 前頭 #11
8–7
 
西 前頭 #8
7–8
 
東 前頭 #10
10–5
 
東 前頭 #3
3–9–3[2]
 
西 前頭 #11
休場[3]
0–0–15
1981年
(昭和56年)
西 前頭 #11
4–11
 
西 十両 #3
11–4
 
東 前頭 #13
10–5
 
西 前頭 #8
7–8
 
西 前頭 #9
4–11
 
西 十両 #2
10–5
 
1982年
(昭和57年)
西 前頭 #12
9–6
 
西 前頭 #4
7–8
 
西 前頭 #6
8–7
 
西 前頭 #2
8–7
西 小結
8–7
 
東 小結
6–9
 
1983年
(昭和58年)
東 前頭 #3
6–9
東 前頭 #7
8–7
 
東 前頭 #1
5–10
 
西 前頭 #5
8–7
 
東 前頭 #1
5–10
 
西 前頭 #6
8–7
 
1984年
(昭和59年)
西 前頭 #2
6–9
 
東 前頭 #4
8–7
 
西 関脇
6–9
 
東 前頭 #2
5–10
 
東 前頭 #9
8–7
 
西 前頭 #4
6–9
 
1985年
(昭和60年)
東 前頭 #8
8–7
 
東 前頭 #5
5–10
 
西 前頭 #11
9–6
 
西 前頭 #5
4–11
 
西 前頭 #12
8–7
 
東 前頭 #8
8–7
 
1986年
(昭和61年)
西 前頭 #2
3–12
 
西 前頭 #11
9–6
 
西 前頭 #3
4–11
 
西 前頭 #10
8–7
 
東 前頭 #5
6–9
 
西 前頭 #8
8–7
 
1987年
(昭和62年)
西 前頭 #2
2–13
 
東 前頭 #12
8–7
 
西 前頭 #9
7–8
 
東 前頭 #12
8–7
 
東 前頭 #8
6–9
 
西 前頭 #11
8–7
 
1988年
(昭和63年)
西 前頭 #10
7–8
 
西 前頭 #12
5–10
 
西 十両 #2
10–5
 
東 前頭 #13
6–9
 
東 十両 #2
5–10
 
西 十両 #7
6–9
 
1989年
(平成元年)
東 十両 #12
8–7
 
西 十両 #11
8–7
 
東 十両 #9
8–7
 
東 十両 #8
6–9
 
東 十両 #11
9–6
 
東 十両 #8
6–9
 
1990年
(平成2年)
西 十両 #12
引退
4–11–0
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 田中 賢二(たなか けんじ)1974年3月場所(※前相撲のみ)
  • 闘竜 賢二(とうりゅう -)1974年5月場所-1990年1月場所

年寄変遷[編集]

  • 二十山 賢二(はたちやま けんじ)1990年1月-同年9月
  • 中立 賢二(なかだち -)1990年9月-1992年12月

脚注[編集]

  1. ^ 親子と対戦の第1号は鳳凰だが、若花田との対戦はないため、全員と対戦したのは闘竜が最初である。
  2. ^ 左足首関節挫傷により12日目から途中休場
  3. ^ 公傷

関連項目[編集]