武雄山喬義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武雄山喬義(ぶゆうざん たけよし、1974年7月29日 - )は、愛知県豊橋市長瀬町出身で武蔵川部屋所属の元大相撲力士。本名は富永丈喜(とみなが たけよし)。現役時代の体格は身長181cm、体重161kg、得意手は突き、押し。最高位は東前頭筆頭(2002年3月場所)。現在は年寄山分

来歴[編集]

愛知県豊橋市の農家の家に生まれた。3人兄弟の末っ子で、次兄は競輪選手の富永益生。小学校時代は体が弱く、水泳をやっていた。地元の豊橋市立北部中学校、その後愛工大名電高校を経て、明治大学出身。同級生には玉力道等がいる。愛称は「トミー」、「タケヨシ」。座右の銘は「前へ前へ」。趣味はEメール。好きな食べ物は焼肉、焼き鳥、コーヒー。スポーツ歴は水泳、相撲、バスケットボール、血液型はA型。非常に体毛が濃く、かつて背中に脱毛クリームを塗って脱毛をしたがすぐに生えてきてしまい、また脱毛クリームを塗ったが効かなくなってしまったというエピソードがある。四股名"武雄山"は、大学時代のある夜の夢の中に出てきた文字に由来。

略歴[編集]

  • 1989年頃 子供の頃より相撲をやっており、この年の大会で2つ年下の田宮(後の琴光喜、解雇)に負け、大いに悔しがって大泣きし、相撲に本腰を入れる。
  • 1997年3月場所 明治大学を卒業し、武蔵川部屋に入門。初土俵を踏む。
  • 2000年5月場所 - 新十両に昇進、しかし初日から7連敗し6勝9敗と負け越し、1場所で幕下に陥落。
  • 2000年10月 - 9月場所で1場所で十両復帰したが6勝9敗と負け越し、しかも秋巡業中に朝青龍との稽古で右膝を負傷し同年11月場所も5勝10敗と大きく負け越してまた幕下に陥落した。
  • 2001年7月場所 - 十両復帰を果たし、史上最も低い成績の9勝6敗で8人の優勝決定戦を勝ち抜き見事十両優勝、そして次の9月場所も11勝4敗と大勝ちし一気に新入幕を決めた。
  • 2001年11月場所 - 新入幕を果たし、いきなり10勝5敗で敢闘賞を受賞。
  • 2002年1月場所 - 11勝4敗で新入幕から2場所連続敢闘賞受賞。ちなみに、この場所では大関を目指した関脇琴光喜にも勝っており、この一番で琴光喜は不運にも大関昇進を見送られた。
  • 2002年3月場所 - 2日目の朝青龍戦(実際は初日の千代大海戦)で右膝内側側副靱帯損傷・右膝関節内障の重傷を負い休場。以後精彩を欠き幕内下位に低迷。
  • 2005年7月場所 - 東前頭15枚目で4勝11敗と大敗し、2003年1月場所以来14場所ぶりに十両に陥落し、翌9月場所(東十両3枚目で6勝9敗)と11月場所(東十両6枚目で7勝8敗)も負け越し。
  • 2006年1月場所 - 西十両6枚目で10勝5敗と6場所ぶりに勝ち越し、4場所ぶり幕内復帰。
  • 2006年9月場所 - 西十両5枚目で初日から14連敗で1勝14敗、幕下陥落。
  • 2006年11月場所 - 西幕下2枚目で十両復帰を目指したが、2勝5敗と負け越しに終わった。
  • 2007年1月場所 - 東幕下12枚目で6勝1敗。復調の兆しを見せるが、その後は5場所連続負け越して結局十両に復帰できなかった。
  • 2007年11月場所 - 西幕下40枚目で3勝4敗。千秋楽に引退を表明、年寄・大鳴戸を襲名。
  • 2009年7月場所 - 出島の引退に伴い、関ノ戸を襲名した。
  • 2010年9月 - 先代山分親方の退職に伴い、山分の株を取得し襲名。

主な成績[編集]

  • 通算成績:353勝370敗12休 勝率.488
  • 幕内成績:167勝196敗12休 勝率.460
  • 現役在位:65場所
  • 幕内在位:25場所
  • 三賞:2回
    • 敢闘賞:2回(2001年11月場所、2002年1月場所)
  • 各段優勝:十両優勝1回(2001年7月場所)

場所別成績[編集]

武雄山喬義
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1997年
(平成9年)
x 幕下付出 #60
4–3
 
東 幕下 #52
3–4
 
東 三段目 #2
5–2
 
東 幕下 #43
5–2
 
東 幕下 #25
5–2
 
1998年
(平成10年)
西 幕下 #13
4–3
 
西 幕下 #7
2–5
 
東 幕下 #20
4–3
 
西 幕下 #16
6–1
 
東 幕下 #3
3–4
 
西 幕下 #7
4–3
 
1999年
(平成11年)
西 幕下 #4
3–4
 
東 幕下 #8
2–5
 
西 幕下 #18
4–3
 
東 幕下 #13
5–2
 
東 幕下 #5
4–3
 
西 幕下 #3
3–4
 
2000年
(平成12年)
西 幕下 #7
5–2
 
東 幕下 #3
5–2
 
西 十両 #12
6–9
 
西 幕下 #3
5–2
 
西 十両 #8
6–9
 
西 十両 #10
5–10
 
2001年
(平成13年)
西 幕下 #2
2–5
 
西 幕下 #10
5–2
 
東 幕下 #4
5–2
 
東 十両 #12
優勝
9–6
東 十両 #8
11–4
 
西 前頭 #15
10–5
2002年
(平成14年)
東 前頭 #8
11–4
東 前頭 #1
0–3–12[1]
 
西 前頭 #12
6–9
 
西 前頭 #14
10–5
 
西 前頭 #5
5–10
 
東 前頭 #11
4–11
 
2003年
(平成15年)
東 十両 #2
11–4
 
西 前頭 #10
7–8
 
東 前頭 #12
9–6
 
西 前頭 #6
7–8
 
東 前頭 #7
7–8
 
東 前頭 #8
4–11
 
2004年
(平成16年)
西 前頭 #14
10–5
 
東 前頭 #9
8–7
 
東 前頭 #6
4–11
 
東 前頭 #12
8–7
 
西 前頭 #11
8–7
 
西 前頭 #8
5–10
 
2005年
(平成17年)
西 前頭 #13
9–6
 
東 前頭 #10
6–9
 
東 前頭 #12
6–9
 
東 前頭 #15
4–11
 
東 十両 #3
6–9
 
東 十両 #6
7–8
 
2006年
(平成18年)
西 十両 #6
10–5
 
東 前頭 #17
8–7
 
東 前頭 #15
7–8
 
西 前頭 #15
4–11
 
西 十両 #5
1–14
 
西 幕下 #2
2–5
 
2007年
(平成19年)
東 幕下 #12
6–1
 
東 幕下 #3
3–4
 
東 幕下 #7
3–4
 
東 幕下 #12
2–5
 
西 幕下 #26
2–5
 
西 幕下 #40
引退
3–4–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 富永山 丈喜(とみながやま たけよし、1997年3月場所 - 1999年3月場所)
  • 武雄山 喬義(ぶゆうざん たけよし、1999年5月場所 - 2007年11月場所)

年寄歴[編集]

  • 大鳴戸 矯嘉(おおなると たけよし、2007年11月場所-2009年7月場所)
  • 関ノ戸 矯嘉(せきのと たけよし、2009年7月場所)
  • 関ノ戸 丈義(せきのと たけよし、2009年9月場所-2010年9月場所)
  • 山分 喬喜(やまわけ たけよし、2010年9月場所-)

脚注[編集]

  1. ^ 右膝内側側副靱帯損傷・右膝関節内障により3日目から途中休場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]