追風海英飛人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
追風海 英飛人 相撲力士
基礎情報
四股名 追風海 英飛人
本名 齊藤 直飛人
愛称 サイトー
生年月日 1975年7月5日(38歳)
出身 青森県北津軽郡板柳町
身長 185cm
体重 131kg
BMI 38.27
所属部屋 友綱部屋追手風部屋
得意技 右四つ、寄り、上手投げ
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 281勝223敗130休(48場所)
幕内戦歴 126勝127敗77休(22場所)
優勝 十両優勝1回
技能賞1回
データ
初土俵 1998年3月場所
入幕 2000年3月場所
引退 2006年1月場所
引退後 青森県北津軽郡板柳町議会議員
趣味 読書
備考
2013年4月12日現在

追風海 英飛人(はやてうみ ひでひと、1975年7月5日 - )は、追手風部屋(入門時は友綱部屋)に所属した元大相撲力士。本名は齊藤 直飛人(さいとう なおひと)。現役時代の体格は185cm、131kg。得意手は右四つ、寄り、上手投げ。最高位は西関脇(2000年11月場所)。趣味は読書、愛称はサイトー。血液型はO型。

来歴[編集]

青森県北津軽郡板柳町出身。前廻しを取っての寄りや投げを得意とし、玄人受けする力士だった。地元の板柳中学校から名門の埼玉栄高校相撲部へ進み、3年生の時に国体少年の部で優勝した。高校卒業後は日本大学相撲部へと進み、大学3年生の時には学生横綱の栄位を獲得した。大学の1年後輩である加藤精彦(高見盛)とは退職後も交流があり、高見盛の断髪式へ出席したり高見盛の引退を記念して作成されたムックの証言を務めたりと、何かと縁がある間柄である。[1]

大学卒業後、追手風親方(元前頭2・大翔山)の内弟子として友綱部屋へ入門し、1998年3月場所にて幕下付出初土俵を踏んだ。 大学1年生の時に頸椎を骨折した影響で、頭から当たることができなかったことから、八艘跳びの奇手も見せた。

十両だった1999年1月場所での豊ノ海戦を初めとし、新三役(関脇)に昇進した2000年11月場所での栃乃花戦、2001年11月場所での貴ノ浪戦、2005年5月場所での霜鳥(のち霜鳳)戦など、度重なる怪我に苦しめられた。2005年5月場所で左膝の半月板を損傷して途中休場、十両に転落した翌7月場所も全休して一気に幕下まで落ちた。

2005年9月場所皆勤後、再び休場し、東幕下49枚目で迎えた2006年1月場所初日に引退届を提出した。引退に際して、思い出に残る取組として2000年11月場所で横綱貴乃花と対戦した一番を挙げた。実力者であったが結局、横綱に勝つことはできなかった(不戦敗1を含む11戦全敗)。

三役在位は関脇1場所のみで小結経験はないが、これは戦後では「八百長暴露」で一躍時の人となった高鐵山と並ぶ珍記録である(のちに北勝力も記録)。

関脇経験者ながら引退後は日本相撲協会に残らなかった。2006年10月1日には、両国国技館引退相撲を行っている。

2012年2月19日投開票の板柳町議会議員選挙に「追風海直飛人」の名で出馬して初当選を果たした[2]

略歴[編集]

  • 1998年3月場所 - 友綱部屋から初土俵(幕下60枚目格付出)
  • 1998年11月場所 - 追手風部屋に転属
  • 1999年1月場所 - 新十両
  • 2000年3月場所 - 新入幕
  • 2000年11月場所 - 新三役(関脇)
  • 2006年1月場所 - 引退

主な成績[編集]

  • 通算成績:281勝223敗130休 勝率.558
  • 幕内成績:126勝127敗77休 勝率.498
  • 現役在位:48場所
  • 幕内在位:22場所
  • 三役在位:1場所(関脇1場所)
  • 三賞:1回
    • 技能賞:1回(2000年9月場所)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1999年9月場所)

場所別成績[編集]

追風海 英飛人[3]

一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1998年
(平成10年)
x 幕下付出 #60
6–1
 
東 幕下 #32
5–2
 
東 幕下 #22
6–1
 
西 幕下 #7
4–3
 
西 幕下 #5
6–1
 
1999年
(平成11年)
東 十両 #13
6–2–7
 
東 幕下 #2
休場[4]
0–0–7
東 幕下 #2
5–2
 
東 十両 #13
10–5
 
西 十両 #8
優勝
12–3
西 十両 #1
8–7
 
2000年
(平成12年)
東 十両 #1
12–3
 
西 前頭 #10
7–8
 
東 前頭 #11
9–6
 
東 前頭 #5
8–7
 
西 前頭 #2
9–6
西 関脇
4–5–6[5]
 
2001年
(平成13年)
西 前頭 #2
休場[4]
0–0–15
西 前頭 #2
6–9
 
西 前頭 #4
9–6
 
東 前頭 #1
4–11
 
東 前頭 #7
6–9
 
西 前頭 #10
8–2–5[6]
 
2002年
(平成14年)
西 前頭 #6
休場[4]
0–0–15
西 前頭 #6
0–2–13[7]
 
東 十両 #2
9–6
 
東 前頭 #13
6–9
 
西 十両 #1
3–11–1
 
西 十両 #9
休場[4]
0–0–15
2003年
(平成15年)
西 十両 #9
8–7
 
西 十両 #6
8–7
 
東 十両 #5
9–6
 
西 十両 #3
4–11
 
東 十両 #9
10–5
 
西 十両 #4
9–6
 
2004年
(平成16年)
西 前頭 #17
7–8
 
西 十両 #2
12–3
 
西 前頭 #11
8–7
 
東 前頭 #10
7–8
 
東 前頭 #12
8–7
 
東 前頭 #11
9–6
 
2005年
(平成17年)
東 前頭 #7
8–7
 
西 前頭 #3
休場[8]
0–0–15
西 前頭 #14
3–4–8[9]
 
東 十両 #6
休場
0–0–15
西 幕下 #5
3–4
 
西 幕下 #8
休場
0–0–7
2006年
(平成18年)
東 幕下 #49
引退
0–0–1
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)


改名歴[編集]

  • 齋藤 直飛人(さいとう なおひと)1998年3月場所
  • 齊藤 直飛人(さいとう -)1998年5月場所 - 1998年11月場所
  • 追風海 直飛人(はやてうみ -)1999年1月場所 - 2002年1月場所
  • 追風海 英飛人(- ひでひと)2002年3月場所 - 2006年1月場所

脚注[編集]

  1. ^ 『相撲』2013年11月号
  2. ^ 元関脇・追風海氏が町議選当選 リンゴのブランド化など訴える スポーツニッポン 2012年2月20日閲覧
  3. ^ Rikishi in Juryo and Makunouchi” (English). szumo.hu. 2007年7月30日閲覧。
  4. ^ a b c d 公傷
  5. ^ 右膝前十字靱帯及び右膝内側半月板損傷により9日目から途中休場
  6. ^ 左膝前十字靱帯断裂・左膝内側半月板損傷・左胸鎖関節部骨折により10日目から途中休場
  7. ^ 左膝前十字靱帯及び左膝半月板損傷により2日目から途中休場
  8. ^ 頸部神経根炎により全休
  9. ^ 左膝半月板損傷により7日目から途中休場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]