光龍忠晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
光龍忠晴 相撲力士
Koryu 08 Sep.jpg
咳き込みながら入場する光龍
基礎情報
四股名 光龍 忠晴
本名 エルデネスフ・ムンフォルギル
愛称 ギル
生年月日 1984年2月4日(30歳)
出身 モンゴル国ウランバートル市
身長 186cm
体重 153kg
BMI 44.41
所属部屋 花籠部屋
得意技 突っ張り
成績
現在の番付 引退
最高位 前頭11枚目
生涯戦歴 331勝292敗4休(62場所)
幕内戦歴 44勝76敗(8場所)
データ
初土俵 2000年11月場所
入幕 2008年7月場所
引退 2011年5月場所
趣味 バスケットボールサイクリング
備考
2011年4月5日現在

光龍 忠晴(こうりゅう ただはる、1984年2月4日 - ) はモンゴル国ウランバートル市出身、花籠部屋に所属した大相撲力士。本名はエルデネスフ・ムンフォルギル、愛称はギル。身長186cm、体重153kg、血液型はA型。得意手は突っ張り。最高位は東前頭11枚目(2011年2月発表順席)。大相撲八百長問題で引退勧告を受け、引退した。

来歴[編集]

モンゴルで開催された花籠部屋の選考会に合格し、2000年の11月場所に初土俵を踏む。2006年11月場所に東幕下3枚目で4勝3敗の成績をあげ、翌2007年1月場所に十両に昇進した。これにより、花籠親方(元関脇太寿山)が花籠部屋を再興してから初の関取誕生となった。その後2007年1、3月場所と勝ち越すが、5月場所は全勝であった把瑠都に唯一土をつけるなど健闘したが、終盤失速し十両で初めて負け越した。翌7月場所は十両12枚目で迎えたものの、序盤4連敗するなど先場所からの連敗が続き、幕下陥落も考えられるような成績であったが、中盤から終盤にかけて挽回し結局9勝6敗と好成績を残し、翌9月場所では自己最高位に昇進したが、7勝8敗と負け越した。

11月場所は10勝5敗の好成績をあげ、東十両6枚目でありながら、引退した時津海の空白の番付や、幕内と十両の入れ替えの人数の考慮により、次の初場所では運が良ければ新入幕という可能性もあったものの、結果は筆頭止まりで惜しくも入幕は叶わなかった。この次の2008年1月場所では、千秋楽で敗れて負け越し、惜しくも入幕を逃したが、5月場所では十両西7枚目で12勝3敗の好成績をあげ、7月場所で新入幕を果たしたが幕内の壁は厚く、3勝12敗と大敗した。その後も幕内での勝ち越しは果たせていなかったが、2010年11月場所14日目で8勝6敗とし、自身幕内7場所目で初めての幕内勝ち越しを果たした。

2011年1月30日、既に前年に結婚していたモンゴル人女性と結婚披露宴を行った。2010年4月には長女が誕生している。

2月2日大相撲八百長問題により開かれた日本相撲協会の理事会において公表されたメール(2010年4月16日、元竹縄親方(元前頭春日錦)が現役時代より清瀬海に送られたもの)に、「光龍に1つ貸しているので後20で利権を譲りますがどうですか?」との文面があったが、光龍本人は関わりを否定しているが、特別調査委員会より八百長に関与していたと認定され[1]、4月1日の相撲協会臨時理事会の結果、引退勧告を受けた[2]。他の処分を受けたモンゴル人力士や白鵬と話し合った結果[3]、引退届を提出し受理された[4]。この引退によりモンゴルに住む家族が中傷されており、同じく八百長問題で引退した徳瀬川白馬猛虎浪保志光とモンゴルで釈明会見を近日中に行うと報道された[5]。奇しくも2月28日発表の順席では東前頭11枚目と自己最高位を記録していた。5月29日、都内のホテルで断髪式が行われた。現在の職業は会社員

退職金の受け取り手続きのため2011年4月18日に両国国技館を訪れた際「顔を見たら殴りたくなるから…。頭にきている」と放駒理事長(元大関・魁傑)らにはあいさつをしなかった様子が報道された。その際に、放駒から引退届を出さない場合は退職金は支給しないと言われたにも拘らず引退届を拒否した元星風らには退職金が支給されたという証言をした。[6]

2012年3月5日、光龍と同じく八百長認定された後に日本相撲協会に対し、力士としての地位確認と慰謝料を要求する訴訟を起こした元十両星風の裁判に証人として出廷し、「星風は真面目で気が強く、土俵態度を見てもそういうことをする力士ではない」と証言した。[7]

主な成績[編集]

2011年1月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:331勝292敗4休(62場所)
  • 幕内成績:44勝76敗
  • 幕内在位:8場所

場所別成績[編集]

光龍忠晴 [8]

一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2000年
(平成12年)
x x x x x (前相撲)
2001年
(平成13年)
東 序ノ口 #35
4–3
 
東 序二段 #122
5–2
 
西 序二段 #78
4–3
 
東 序二段 #50
4–3
 
東 序二段 #28
3–4
 
東 序二段 #49
6–1
 
2002年
(平成14年)
西 三段目 #83
4–3
 
西 三段目 #66
3–4
 
東 三段目 #85
5–2
 
西 三段目 #48
4–3
 
東 三段目 #36
3–4
 
西 三段目 #54
5–2
 
2003年
(平成15年)
東 三段目 #28
3–4
 
東 三段目 #45
5–2
 
西 三段目 #19
3–4
 
東 三段目 #31
5–2
 
西 三段目 #5
5–2
 
西 幕下 #45
6–1
 
2004年
(平成16年)
東 幕下 #16
3–4
 
東 幕下 #24
3–4
 
東 幕下 #35
4–3
 
西 幕下 #30
4–3
 
西 幕下 #24
6–1
 
西 幕下 #9
3–4
 
2005年
(平成17年)
西 幕下 #14
5–2
 
西 幕下 #7
4–3
 
東 幕下 #5
0–3–4
 
西 幕下 #40
5–2
 
西 幕下 #26
6–1
 
東 幕下 #9
3–4
 
2006年
(平成18年)
東 幕下 #12
5–2
 
西 幕下 #4
3–4
 
東 幕下 #9
5–2
 
東 幕下 #4
3–4
 
西 幕下 #7
5–2
 
東 幕下 #3
4–3
 
2007年
(平成19年)
西 十両 #13
8–7
 
東 十両 #11
8–7
 
西 十両 #8
6–9
 
東 十両 #12
9–6
 
東 十両 #6
7–8
 
東 十両 #8
10–5
 
2008年
(平成20年)
西 十両 #1
7–8
 
西 十両 #2
5–10
 
西 十両 #7
12–3
 
西 前頭 #13
3–12
 
東 十両 #5
10–5
 
西 前頭 #11
6–9
 
2009年
(平成21年)
西 前頭 #13
5–10
 
西 十両 #2
6–9
 
東 十両 #6
8–7
 
東 十両 #2
6–9
 
西 十両 #5
7–8
 
東 十両 #6
10–5
 
2010年
(平成22年)
東 前頭 #16
3–12
 
西 十両 #6
11–4
 
東 前頭 #16
5–10
 
東 十両 #4
9–6
 
東 前頭 #12
6–9
 
東 前頭 #15
8–7
 
2011年
(平成23年)
東 前頭 #12
8–7
 
八百長問題
により中止
東 前頭 #11
引退
––
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

引退時の番付は2011年2月28日発表の順席による。

エピソード[編集]

  • 光龍が参加した選考会には、井筒部屋の鶴竜も参加していた。
  • 朝日山部屋鬼嵐とは従兄弟関係にある(鬼嵐の父親と光龍の母親が兄妹)。

脚注[編集]

  1. ^ 光龍も八百長関与認定…大相撲の特別調査委員会 スポーツニッポン 2011年3月28日
  2. ^ 八百長関与23人に厳罰=理事3人も引責辞任-相撲協会 時事ドットコム 2011年4月1日
  3. ^ 処分者が引退・退職届を全員提出へ…八百長問題 スポーツ報知 2011年4月5日
  4. ^ 19人が引退・退職届 谷川親方だけ提出せず MSN産経ニュース 2011年4月5日
  5. ^ 関与認定19力士全員が引退届提出も「納得はしていない」…八百長問題 スポーツ報知 2011年4月6日
  6. ^ 元光龍「殴りたくなるから…」理事長“無視” Sponichi Annex 2011年4月19日 06:00
  7. ^ 元星風の訴訟が結審 判決は5月24日 2012年3月5日 スポーツニッポン
  8. ^ Koryu Tadaharu Rikishi Information” (English). szumo.hu. 2010年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]