八角 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

八角(はっかく)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、1879年(明治12年)に創設され、鬼面山谷五郎が年寄専務を襲名するにあたり鬼面山の名跡が認められず、八角楯右衛門の名を代わりに名跡として襲名させたことに由来する。

八角の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 所属部屋 襲名期間 備考
初代 鬼面山谷五郎 前4 1879年6月-1884年6月(死去)  
2代 大鳴門灘右衛門 大関 小野川-玉垣-梅ヶ谷-雷-八角部屋 1885年12月-1908年1月(死去) 二枚鑑札
3代 大鳴門灘右衛門 関脇 八角-雷-八角部屋 1921年5月-1942年7月(死去)
4代 小嶌川庄吉 前5 立浪部屋 1942年5月-1946年9月(死去)
5代 緑國政雄 前9 立浪部屋 1951年1月-1981年9月(死去)
6代 福ノ海七男 前10 朝日山部屋 1982年9月-1991年5月 11代中川に名跡変更
7代 嶋錦博 前1 芝田山-高田川-高砂部屋 1991年5月-1993年9月(停年(定年)退職)
8代 北勝海信芳 横綱 九重部屋 1993年9月-

関連項目[編集]